テーマ:悟り

寿命を意識する年齢になって

寿命を意識する年齢になって 私も若い頃には、死というものはなかなか受け入れられない恐ろしいものでした。死というものは、その先は何もない【無】と感じていました。【無】というものは得体の知れない恐ろしいものです。 親鸞聖人は幼少期(九歳)から死への深い疑問を抱いて、その疑問に囚われ、どうにも成らない程悩み抜いたそうです。きっと親鸞聖人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more