テーマ:人生

何が起こったのか? <第一運 0歳~14歳>

何が起こったのか? <第一運 0歳~14歳> 私の幼少期を振り返ってみると、多動で落ち着きがない子供でした。もちろん当時の私に、そのような自覚は有りませんでした。自分としては、自分が普通と思っていましたから。このような多動傾向は発達障害の「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」の特徴が現れていたものでした。ということは、60歳代になって紫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿命を意識する年齢になって

寿命を意識する年齢になって 私も若い頃には、死というものはなかなか受け入れられない恐ろしいものでした。死というものは、その先は何もない【無】と感じていました。【無】というものは得体の知れない恐ろしいものです。 親鸞聖人は幼少期(九歳)から死への深い疑問を抱いて、その疑問に囚われ、どうにも成らない程悩み抜いたそうです。きっと親鸞聖人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度あることは三度ある(これ本当です)

二度あることは三度ある(これ本当です) 日本の諺にはいろいろ有りますが、次のようなものに聞き覚えがありますよね。 《二度あることは三度ある》⇒ 同じようなことが二度続けてあったときは、続けてもう一度起こるものである。物事は、往々にして繰り返されるものである 《泣き面に蜂》⇒ 泣いている顔を蜂が刺すということで、不幸・不運の上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運を 良くする相手・悪くする相手

運を 良くする相手・悪くする相手 本日のテーマは 運を良くしてくれる相手と、悪くしてしまう相手について述べてみます。 もちろん占い的な理論の考察も入っていますが、直感で良い相手、悪い相手の感じ方をお伝えしたいと思います。 -- 第一印象で観る場合 人相的な考察ですが、美人とかイケメンってまったく関係ないので、ここはし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《もう少し詳しく解説していただけないでしょうか?》

《もう少し詳しく解説していただけないでしょうか?》 いつも、ブログを拝読させていただいています。 前回のブログ記事の最後の方の https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12459997558.html <あいつは本当に怠け者になった、大したもんだ、素晴らしい」って、本当は言いたいのですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怠け者と云われ続けて

怠け者と云われ続けて 私は幼少期からダメ人間でありました。 いや、自分ではそう思っていませんでしたけどね。 「ダメ人間」というのは私のことを良く知らない人が言う言葉です。 あるいは、ダメ人間という人にとって、私の価値観がまったく理解できない連中の言う事なのです。 みなさんの中に「ダメ人間」とか「怠けもの」ってレッテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の運命

家族の運命 ここずっと忙しく鑑定に追われていましたが、お家族関係のご相談が何件も有りまして、私自身も良い体験をさせて頂きました。 家族関係の人間関係から始まり、離婚、相続、家族の健康、結婚、恋愛と複数の人間関係の関わりあいから生ずる問題や悩みのご相談が何故か何件もまとまって参りました。しかし、それら多数の相談は皆、それぞれ別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫微斗数 鑑定のご案内

紫微斗数 鑑定のご案内 紫微斗数による鑑定料金は、初回鑑定(初めての方)は一律、以下の料金です。 鑑定=8.000円 (Skype、電話、メール、LINE電話なども含む) 一度鑑定されている方は、2回目以降なら別件の鑑定でも、以下の料金で鑑定できます。 鑑定=5.000円 (Skype、電話、メール、LINE電話など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相性を診る

相性を診る (2014年08月18日)記事 以前に、彼と交際を長く続けている女性が相談に訪れました。 「交際が長くなり、私も家族も心配している、彼はいつになったら結婚してくれるのか?」と、迫ってはみるが、結婚を嫌がる訳では無いが、具体的に「じゃあ、いつ結婚しようか?」という嬉しい言葉が出てこないという。 彼は、結婚に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どちらの味方をする?

どちらの味方をする? (2014年08月13日過去記事から) ここの所、続けてあるのが訴訟問題。 祖父(おじいちゃん)を誰が診るか? といった問題。 祖父が亡くなり、その祖父が遺してくれた負の遺産を誰が処理するのか? と、子供たち兄弟でゴタゴタするケース。 女を作って家を出て行ってしまい、話し合いに応じない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(16)

神様の遣い(16) 早苗さんは離婚して幼子を抱えて一人、新しい人生の門出となりました。 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12419416839.html ----- 終末 ----- 早苗は離婚後に生活を支えるために会社に勤めだしたが、それも長くは続かなかった。 実家の父親の認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本人には理解出来ないこと

本人には理解出来ないこと (過去記事 2014年08月08日(金) 18時25分07秒) 先日、親子揃って鑑定に来られたお母さんと娘さん。 娘さんは社会人。お母さんはもう現役引退の方でした。 ご相談は、娘さんの世渡りが苦手なこと。 鑑定してみると、命盤の「人事」に関する宮の状態が良くありません。 「兄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(15)

神様の遣い(15) 早苗さんは社会に出て初めての職場で、出会った彼に恋をして付き合いましたが。結局はその彼は早苗さんの知らない内に、別の女性と結婚するという事を打ち明けられ、何もかも手に付かない状態になりました。 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12416863488.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明されていないだけ

説明されていないだけ 先日、近所の書店に立ち寄ったついでに、占い書コーナーで立ち読みをしました。 そこで何となく手にしたのが「九星気学」の書物でした。 パラパラと流し見していると次のような文章が目に入りました。 「四柱推命は人生の吉凶を鋭く鑑定できる命術だが、残念ながら凶運に関しては避けることが出来ない」の一節でした。そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鑑定結果が現実となってしまった。

2014年07月30日(水) 22時31分50秒 テーマ:年、月、日の運勢 一ヶ月程前に、あるご夫婦お二人の鑑定を行いました。 相談に訪れたのは奥様一人でしたが、旦那様の命盤も作製し、ご夫婦二人の命盤を並べての鑑定でした。 その時の相談内容は、旦那様の収入と奥様の収入との差の問題でした。 奥様はもっと旦那様に稼いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相性って面白い

相性って面白い 人の相性には様々な組み合わせがあるが、そんな中でも化権(以降Bタイプとする)と化科(以降Cタイプとする)の組み合わせだ。 紫微斗数という命術では「生年四化」という星を四種類使う。 生年四化には、化禄(かろく=A)、化権(かけん=B)、化科(かか=C)、化忌(かき=D)の四種類がある。これらの四つの生年四化は誰で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(14)

神様の遣い(14) 早苗さんは神様のことをもっと学ぼうと入った、カトリック系の高等学校では意外なことになってしまいました。辛い気持ちが救われるどころか、益々犠牲的な精神と忍耐を募らせることになって行きました。 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12415748393.html -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(13)

神様の遣い(13) 早苗さんは、高校生に成り少しでも小遣い稼ぎをしたいと、いろいろな所でアルバイトをやりましたが、バイト先でも嫌なことが多かったです。 ご本人は、自分は器量が良くないので何かと差別をされたと申しておりましたが、決して器量が悪いと云えません。むしろ年齢よりも遥かに、お若い感じで、可愛いという表現がピタリかも知れませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ちゃんが生まれたら

赤ちゃんが生まれたら 2014年06月27日 (過去記事再投稿) 先日、台湾の方のブログを見ていたら、日本と違う慣習があるんだなあって感心しました。 台湾では赤ちゃんが生まれたら、先ずは占い師の所に行って、その子の人生を鑑定してもらうのが普通なんだそうです。台湾には占い師がたくさんいて、占いは日常生活に溶け込んでいるそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(12)

神様の遣い(12) 早苗さんは幼稚園で貰った「花さき山」の絵本にたいへん共鳴し、以降ずっと左右の銘のようにし、辛い我慢できないことがあると、「花さき山」を広げてはジッと耐える日々が続きました。 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12414604372.html ----- 差別 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(10)

神様の遣い(10) 早苗さんの姉さんは生まれつき特異な個性(発達障害)を持っていたと思われます。そのために、そのような個性が生まれつき有るということに、気付いていない両親からも、「どうしようもない」と思われていました。 その姉に早苗さんは、成人してからも常に辛い思いをさせられていきます。 前回までの記事 https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(9)

神様の遣い(9) 早苗さんは、小学校に上がってからも、家庭とは別の辛いことが続きました。それは、先生に事情を分かって貰えず、何か有れば殴られたりとか、ただただ周囲の人間が恐ろしいという感情が増していったのです。 そんな中にあって、唯一仲良しにしてくれた同級生の母親が、いつも早苗さんには優しくしてくれ、本当のお母さんだったらと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(8)

神様の遣い(8) 幼少期から親からの虐待や、小学校での先生からの暴力で涙の日々が多い早苗さんですが、同級生の中で唯一親切にしてくれた友達が居たことは救いでした。 前回までの記事 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12412284612.html ----- 小学校の友達のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分はまとも人間で常に正しい?

自分はまとも人間で常に正しい? 「自分はまとも人間で常に正しい」と思っているようなことは有りませんか? もし、こんな風に思っている人が居たら、ちょっと考えてみてください。 あなたの周囲に、大人しくて、自己主張もせず、要領は悪いが生真面目で仕事は一生懸命している。だけど、その人に腹が立つようなことは有りませんか? そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(6)

神様の遣い(6) 早苗さんは幼少期からお父さんには怖い思いをして育ちました。 そんな怖いお父さんですが、大人になってから同級生のお母さんから聞いたお父さんの話があります。 前回までの記事 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12410871653.html ----- お父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い(5)

神様の遣い(5) これまでに多くの鑑定に来られた中でも、特に印象的な早苗さん(仮名)をご本人の了解を得て紹介させて頂いています。この方のように、踏んだり蹴ったりの人生を歩まれている方に、「こんな大変な人生は私だけでは無かったんだぁ」と、少しでも励みになればと思っています。 前回までの記事 https://ameblo.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早苗さんの命盤

早苗さんの命盤 今から何十年も前の小学校時代の記憶を手繰り寄せている早苗さんの紫微斗数の命盤はどんな風になっているのでしょう。 前回までの記事 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12409801572.html 本日は少し筆休めのつもりで、早苗さんの命盤の分析をやってみたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い (4)

神様の遣い (4) 前回の記事は、小学生の早苗さんがお友達の誕生会に招待され、楽しみにしていたけれど、お母さんに「絶対に行ってはダメ」と云われ落ち込んでしまいました。お誕生会にはクラスの全員が参加したのに、早苗さんは一人参加しなかった訳です。その結果、早苗さんはクラスでみんなの話題に加わることが出来なくなっていって、次第に孤立して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い (3)

神様の遣い (3)  前回は、学校で先生に殴られたり蹴られたりのお話でした。 https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12406921261.html ---- 小学校の友達 ---- 早苗は小学三年生になり、初めて仲の良い友達が出来ました。 ある日、その友達が早苗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の遣い 【2】

神様の遣い 【2】  早苗が物心ついた頃の記憶を彼女は話し始めてくれました。 前回は、お母さんと姉さんと三人でデパートに買い物に行った時の記憶でした。 https://ameblo.jp/miya-ritumei/page-2.html 早苗の両親はいつも喧嘩ばかりしていました。 父親は常に酒を呑んで暴れる、いわゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more