父親の人生

父親の人生

画像



私の父親(戸籍上の?)の命盤です。
紫微斗数でも欽天派と新しい飛星派の鑑定法を学んだ方に分析して、検証して学びに役立てて頂けたらと思い、これから暫くの期間、私の幼少期の記憶を元に記事を連載します。

この記事の冒頭に「戸籍上の?」としたのは、私の本当の父親は家族の中の別の人が父親だったからです。このことは連載する記事の中で明かしますので、ここでは記述しません。

父親は姉一人と妹二人、三姉妹の中の長男として生まれました。つまり4人の中の男一人という訳です。三姉妹は嫁いだ後も苦労が多く、長男の父の所に年中愚痴を言いに来ていました。

ここで私のことを先に少し述べます。
私の一番幼少期の記憶は多分3~4歳頃と思います。或いはもっと小さかった頃かも知れません。
その根拠は母親の母乳を吸って呑んでいた記憶が有るからです。もう還暦も6年も過ぎたのに、母親の腕に抱かれて母乳を吸っていた時の乳房の記憶を鮮明に覚えているから不思議です。

母親の背中に背負われて、母親の実家の街にある銭湯に行った時に湯の深さが、私の首までの深さがあったことを覚えています。湯の中で母親に身体を支えて貰いながら湯の中に立っていたのです。それが銭湯だったと判るのは小学校に上がる頃だったと思います。母親は実家に私を背負い2時間ほども歩いて時々行っていました。当時は乗り合いバスも無かったようです。その度に実家の跡取りの弟の嫁さんと私の従兄弟を連れて四人で銭湯に行っていたのです。私はその銭湯をお風呂とは知らずに「海」と思っていたのです。
温かい湯気の立ち上る海です。水平線は湯けむりで見えなかった記憶があります。大勢の人たちが裸で湯けむりの中に居ました。まるで海水浴場のような記憶です。小学校に上がる頃に母親に、その光景を問うたら、それは銭湯だったという訳です。

そんな小さな頃の家庭の記憶を今でも鮮明に覚えています。
その当時の父親の印象は、「お父さん」という印象では有りませんでした。
率直な印象を言えば「大嫌いな知らないおじさん」という印象でした。他人という印象です。

その嫌なおじさんは、いつも短気を起こし母親を怒鳴っては味噌汁やご飯の入った茶碗を投げつけ、朝ごはんやおかずが載った卓袱台をひっくり返していた記憶が日常と覚えています。
いつも朝ごはんの時に短気を起こしては卓袱台をひっくり返していたのです。
そんな時に私はワンワン泣いていたのも覚えています。

何故、そのおじさんが短気を起こすのか、幼子の私には理由が判りませんでした。母親はじっと黙って耐えていたという印象です。

物心着いた時には、そんな日常でしたので、その短気を起こす叔父さんは嫌いになって行ったのです。その叔父さんは私に話しかける事は皆無でした。

その叔父さんの仕事は大工さんでしたので、家の庭でたくさんの材木をノコギリやノミで加工している姿を目にしていました。
好奇心旺盛の私はヨチヨチ歩きながら、叔父さんが仕事している所に近づくと、よく怒鳴られた記憶があります。近づくと怖い叔父さんでした。
ですから自然と、その叔父さんと距離を取っていました。私の実家は農業をしながら父親は大工でした。

当時の私の家族構成はお爺さんと母親、そして父親(戸籍上の)、兄が三人と姉が一人でした。でも直ぐ上の兄も私より遥かに年上で、私の記憶の中では一人っ子という感じでした。
兄たちの遊んでいる姿が記憶に無いのです。いつも兄たちは留守という印象です。唯一姉が私の子守をしてくれた記憶が有ります。

普段の私はお爺さんと過ごしていました。お爺さんは、もう隠居の身の上だったようで、のんびりと縁側や居間でキセルを吹かしていて、私はお爺さんの胡座(あぐら)をかいた膝の中に入っていた記憶が有ります。お爺さんに怒られた記憶は全く無く、可愛がられていたようです。私はお爺さんを大好きでした。

母親は多分、畑仕事が忙しかったのでしょう。日中はあまり姿を見なかったです。母親に叱られた記憶は一度もなく可愛がられていたと思います。最悪の家庭環境でもお爺さんと母親の愛情が、私の波乱の生涯にも大きな支えになっていたと今になっては思います。

父親は家ではもの凄く短気でしたが、他人からは穏やかで優しく生真面目で冗談なんて全く言わない大人しい人のようでした。面倒見も良いと評判だったそうです。

そんな父は母親には早くに死なれたようです。また父の先妻も十二指腸潰瘍で若くて亡くなったと聞いています。先妻はおとなしく控えめな女性のようでした。息子と娘を残して亡くなったのです。父の母親は非常に険しい性格だったと聞いています。父の父親は婿入りでどっしりとしたタイプで「武曲・天府」の男性と思われます。つまり私のお爺さんです。
お爺さんと父はあまり親しくなかったようです。

実家は父が青年期に隣家の火災で消失し、貧しかったので何とか家を自前で建てようと大工になったと聞いています。大工になって最初の仕事が自宅の建築だったようで、寄せ集めの材木で急ごしらえの感じの家でした。そのため、私が中学校の頃には家の土台は沈み家が歪んで傾いていました。

父は短気なのに、ひどく神経質で小度胸でした。部落の集会などに行っても黙って大人しくしている人だったということです。意見を求められれば言うけれど、自分からは発言することは少なかったようです。ただ頼まれると断ることは出来ずに何でも引き受けていたようです。そしてそのストレスが家庭内で発散していたのかも知れません。
神経質で何でも気にするタイプだったので、些細な事でも心配で居られなかったようです。一方で母親は「貪狼」の女性で、父とは真逆のタイプで気に病むということは無かったようです。それがまた父の気に障っていたのでしょう。父は日常的に母に「剛の牛」と言って馬鹿にしていました。確かに母は「丑年生まれ」でした。また母に対して先妻のことをよく褒めては、「お前は駄目な女だ」というのを小さな私も耳にしていました。母にしてみれば気分の悪くなる事だったでしょう。しかし、そんな事に言い返す訳でもなく黙って耐えていたという印象です。

父は本当に苦労性で気の毒な人だったと思います。私の印象では楽しいことは嫌いな人、という印象です。長男がラジオで落語や歌番組を鳴らしていると、父は「聴きたくもない!」といってラジオをのスイッチを切っていました。
私が今、占いをするように成って父の人相や父の母親の人相を診ると、大変に寂しい険しい人相をしていました。やはり人生は人相に現れるのです。一方でお爺さんや母親の人相は穏やかで幸せそうな人相です。

父は年中、一生涯「自分は癌に成るかもしれない、もう癌になっているかも知れない」と常に気にしていました。しかし、82歳で亡くなるまでに癌などには一度も成りませんでした。もっとも神経性の胃腸炎には年中なっていたようです。
冷え性でもあって、真夏でも腰が冷えると口癖でした。超低血圧で上が60程度で下は計測不能ということもしばしばでした。その一方でコレステロールは高く、これは遺伝的なものでしょう。
70歳には認知症が始まり、75歳には日常生活は出来なくなっていました。
50歳ぐらいで不眠は有り、悪夢もよく観ていたようです。夜中に大声で叫んで寝ぼけていました。
外では極めて大人しい人ですが、喧嘩をしている夢をよく観ていたようです。深夜に怒鳴り声を上げていましたから。外では対人関係で、もの凄く我慢していたのでしょう。
幼少期の私には父が、そんなに悩み多い人生と露とも知りませんでした。

私は父を嫌って避けて居ましたが、結局は末っ子の私が実家に残り両親を診るようになってからは、父も私に話し掛けるようになり、私の自営業の仕事も手伝ってくれるようになりました。
その頃には私も父の事を何かと気遣い病院に連れて行ったり、話し相手になっていました。
最終的には戸籍上の父親でも仲良しに成れていました。

幼少期からずっと他所の嫌なおじさんでしたが、最後には父親として受け入れることが出来た私も幸せでした。父もきっと嬉しかったと思います。私の出生も父は許せたのでしょう。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★



隠れ「必定」?

隠れ「必定」?

紫微斗数といっても「欽天四化紫微斗数」という命術は、紫微斗数の中でも独特で、三合派や飛星派と同じ紫微斗数の命盤を使いますが、欽天では命盤をひと目見て、その人の人生に大きな出来事や確定的な事が起こることが分かるので便利です。そんな便利な命術ですが、「絶対論の必定」が命盤に無い場合でも、廻る太限(10年運)や年運、月運の象意が強く重なる場合にも「必ず事象発生」が有りますから、このような出来事は命盤から発見しなければ成りません。

しかし、「絶対論の必定」は命盤をひと目見て判りますが、太限、年運、月運を全て飛星して調べる「必定」はなかなか見付けられない場合も有ります。

廻る年月の運勢は、基本的には太限を先ず調べて、その太限に特に凶意が強い場合には、さらにその太限10年間の1年毎の年運の吉凶を調べます。さらに一番凶意の強い年運を、月ごと12ヶ月を全て調べて、最終的には西暦何年何月と特定します。


こんな例があります。
ある男性の仕事運を鑑定した時に、太限の仕事運は悪いが、その年の年運は悪くは無く、翌年が悪い事がありました。
私はその年は悪くないので、悪い翌年の月運を全て調べだしていましたが、悪い事象発生は、その前の年に起こりました。
それは、月運の悪い時に発生しました。
つまり、太限は悪いが年運は普通、しかし月運の悪い月に出来事は起こりました。
普通は「天地人が揃う」といって太限も年運も悪い時に出来事は起こることがほとんどですが、そうとも限らないと感じました。
太限が悪かったら、年運が普通でも月運で悪ければ出来事が起こるとも言えます。
これを探し出すのは容易では有りません。


目次の無い、分厚い本の中の特定の文章を1ページずつ探してゆくような作業です。
これが、目次が有ればいきなりその文章の有る所に近いページを開くことが出来ます。

紫微斗数の鑑定では、多分ほとんどの鑑定士は太限と年運ぐらいしか観ないと思います。その場合にも基本は悪い太限を探し出すことが優先です。悪い太限が見つかれば、その太限中の年運を10年分調べれば良いのです。
悪い太限を探しても、その中の年運が普通なら、その年は気にしないと思います。まさか普通の運勢の年の月運が悪い時に発生は予想もしないでしょう。

このように太限と月運だけで凶意が重なっも事象発生は有るということです。これを「隠れ必定」と言ってよいかも知れません。


このように、一生涯の年と月の運勢を調べだす事は容易ではないのです。

詳しく年毎の運勢を知りたい場合は、毎年直近の年運と月運を1~2年毎に調べる方法が良いです。



★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

鑑定ご依頼以外の発見もしてしまう

鑑定ご依頼以外の発見もしてしまう

紫微斗数の鑑定のご依頼の内容は、ある特定の事についてのご相談もあれば、全体運を観て欲しい、という内容で有ったり、家族関係の問題で有ったりと様々です。そのようにご相談の目的に合わせて紫微斗数の命盤を鑑定しますが、欽天派の鑑定法を使っていますと、ご相談内容とは全く違う問題も観えてしまうことが多々あります。

例えば、今後の財運を観て欲しい、或いは仕事運が良くなるのか? という内容などもよく有ります。そんな時、もちろん財運や仕事運を優先して観ますが、しかし命盤をひと目見て「おや?」と思うことも、これまたよく有ります。

それは命盤に「必定」の条件が見られる時がよくあるからです。そんな時、自然と「何が起こるの?」と頼まれてもいないのに、つい調べてしまいます。

そして、それが重大な出来事だったりする場合は、ご相談内容も調べますが、重大な出来事に関しても調べてアドバイスをさせて頂くことが多くあります。

私にはどうしても、これから訪れるであろう重大な出来事を放って置けないのです。余計なお節介かも知れませんが、気を付けて欲しいことを洗いざらい告げてしまいます。

そんなことをしていると、鑑定時間はアッという間に2時間は過ぎてしまい焦りますが。

本当は何回にも分けて鑑定に来て頂ければ良いのでしょうけど、これも私が持って生まれた財帛宮の貧しさなので仕方が有りません。



一般に財帛宮に「主星の無い」方はお金に執着しない傾向が強いです。このような方は金儲けが下手ですから、商売にはあまり向きません。このような方は金儲けよりも、夢中に成れる仕事を探す方が良いでしょう。そうすれば自然とお金は就いて来てくれます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

四化星の本当の意味

四化星の本当の意味

紫微斗数には独特の「四化星」という星があります。
日本の書籍では、この四化星について表面的な象意しか触れていません。

例えば

「化禄星」
福徳・財・物質・享楽の意味を持ち、「人との良い縁や財縁をもたらす」とされ、命宮に入れば人生は素晴らしい、などと書かれています。
しかし、多くの人々を鑑定してみて命宮に「化禄星」を持っていても幸せでない人もたくさん居ます。書籍が間違っているとは言いませんが、本当の意味が書かれていないからです。
化禄星は対人関係が旨く出来ている人には冒頭に述べたような吉祥の作用がもたらされると言って良いでしょう。しかし、命宮に化禄星を持っていても育った環境などから対人関係に問題の有る人の場合は化禄星の作用はあまり現れません。台湾では「化禄星は絵に書いた餅」と云われる所以がある訳です。
本当の化禄星の意味は「人縁を持って助力の得られる星」ということです。それを裏付けるように命宮に化禄星の人は一般的に印象の良い傾向を持っています。女性ならば愛嬌が有って可愛い系になります。男性も好感度の高い傾向になります。


「化権星」
日本では権威・自己の権力の欲望・立場を主張し良い働きをする。ただし強引では苦労する。とされています。これはこの通りですが、これだけの解釈では命盤を読み解く上で足りない事だらけです。
本当の意味は次のような象意も持っています。
人に対しては意見を遠慮なく言える・権力・立場を主張し地位を欲する、このために指図したりして、これが行き過ぎると対人関係で摩擦を生じ挙句は口論、喧嘩、不仲ということが起こりやすく、怪我という意味も持っています。喧嘩をすれば怪我もするという訳で「怪我」という象意もあります。さらには手術という意味もあります。
また別の意味も持っています。自分の思いを遠慮なく言えるという結果から、仕事や行動において「頑張る」という意味も持ちます。
仕事という意味も有り、さらには「専門技術」という意味もあります。
深い意味では「カルマ」の星でもあり「絶対」という意味も含んでいます。


「化科星」
この星ほど勘違いして伝わっている星はないでしょう。「凶意を除く」などと最高の吉星扱いになっていますが、本当の意味合いは凶星でもあります。
次のような象意が有ります。
まずは「趣き」という意味が有るので日本で定説の学問・知識・名声・文章力という意味も有りますが、これは一部の宮に入った場合のみです。
深い意味は、桃花・色情・病気・鬱の意味合いも持っています。


「化忌星」
この星も勘違いして伝わっていると思います。日本では「大凶星」以外の何物でも無いでしょう。
「すべてに災いする」というのが定説で、相談者さんの中にも「生年化忌星」が有るといって悲観して訪れる方もいます。
本当の意味は「粘着・囚われ」と解釈する方が現実的です。ですから一概に「大凶星」などと解釈したら大外れになってしまいます。
粘着するが故に囚われて苦労するということになりますが、逆にこの粘着が「獲得や収蔵」につながり吉作用をもたらすことも多いのです。したがって吉星にも成りうるのです。
生年化忌星が他の自化や向心力と作用しないで単独で宮に存在するならば、その宮で粘着の作用を及ぼし、宮に寄っては吉作用になります。例えば官禄宮に生年化忌星ならば、仕事に囚われやすいともいえ、成果をあげられる可能性は強くなりますが、周囲との軋轢は生じやすくなる可能性も大きいです。このような人は組織での仕事より単独の仕事の方が良いと感じます。
官禄宮の生年化忌星は、仕事に拘りが出やすいために、天職に出会うまでは例え仕事の成果が出ても、何か満たされないなんていうこともあります。そのために転職もしやすいとも云えます。

命宮の生年化忌星は、性格的な部分で粘着の傾向が出やすく、これがあまり出過ぎると「変わり者」になって周囲との人間関係で苦しむ可能性も有ります。しかし、ほどよく作用すれば誰でも考えないような事に思いを巡らす傾向が出て、天才に成りうる可能性もある訳です。
こんなことを言っては語弊が有りますが、何かを極めたり天才と云われる人たちには凡人と違う思考、言動傾向が有り、特殊な成果は上げても普通の人と同じことが出来なかったりする。なんていう場合は、このケースになるでしょう。
化忌星は吉作用ももたらしますが、一つ間違えば辛い凶星にも成るのです。これを「紙一重」なんていう訳です。
そして、生年化忌星のある宮に意識が向きやすく、対宮は疎かになり「化忌星は対宮を尅する」という所以です。

以上の判断は命盤の基本的な解釈の時に有効です。

廻る年月の運勢を診る場合には、さらに深い判断で「四化星」を読んで行く必要があります。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

低運気の苦労は無駄ではない

低運気の苦労は無駄ではない

前の記事では、「成功は運が味方してくれないと成就し難い」と書きました。
Ameba Blog

では、低運気の努力は無駄なのか、というと、そんなことは有りません。

たとえ成功しなくても、様々な体験、特に失敗や苦い体験は大切なものです。自分自身を振り返っても、60年の辛苦は、今、紫微斗数で見れば、まさにシナリオ通りであり、成功するのは至難の技のような時期でしたが、でも、成功できないからといって何もしないでブラブラしていたら、今の私は無かったと思います。

当時はシナリオなんて知らなかったから、いつかは成果が出るのではと必死で生きて来ました。でも途中で試練の期間が長すぎて嫌になって挫折もしました。散々の思いもしました。でも今、大吉が巡り始めて、あらためて60年の苦労の有り難さをヒシヒシと感じます。
当時は人の何十倍も苦労して、なんて損な人生なんだろうと神様や仏様や運命を恨みました。

しかし、今は、その苦労につくづく感謝しています。
また、幸運期って、なんて便利なものなんだろうと思います。大して努力しなくても良い結果に恵まれます。

まあ、どんな苦労も決して無駄には成りません。
金を払っても買えない苦労は山ほど有ります。それを無料で山ほど体験させて貰って、感謝、感謝です。

今、まさに苦労のどん底に居ても、絶対に無駄には成りません。
ダダ一つアドバイスするならば、恨み、憎しみ、短気などは持たない方が得策です。これらを持つと、もっと苦労の体験をさせて貰えますから、それはそれは大変です。

どうぞ、参考になさってください。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


自己成就予言

自己成就予言

「自己成就予言」って?
心理学の書籍によれば、アメリカの社会学者「ロバート・K・マートン」によって提唱された概念だそうです。
それはどういうことかといえば、ある人が何か自分に起こるのではと思って行動することによって、本来は起こり得なかった筈の事になってしまった。というような事だそうです。

ここで重要なのが「起こるのではと思って行動すること」というところが重要です。

これって、スポーツ選手がよくやっているイメージトレーニングでも云えるのではないでしょうか。「自分は成功できる」とプラスの思考で体操の演技などを頭の中でイメージしながら、本当に演技が旨くいっている様子(動画風に)をイメージしながら演技のシュミレーションをすることと同じではと思います。

実際に多くの人を鑑定しても、プラス思考の人は人生も割合に旨く行っています。では大変な事や辛いことは無かったのか。といえば、そんな事はなく辛い体験もされています。でも立ち直りが早いのです。
マイナス思考の人は、一つの失敗をいつまでも引きずり、遠く過ぎ去った過去のことを延々と考えています。自動車の運転に例えれば、道路上の障害物にタイヤが乗り上げてしまって、大きなショックが有ったならば、運転しながら後ろを振り向いて、障害物を「何であの石ころが落ちているんだ!」といつまでも眺めている状態に似ています。障害物を眺めている間にも自動車はどんどん前に進んでいます。いつまでも後ろを振り向いていると、やがて自動車はセンターラインを越えたり、路肩に寄っていって、ついには対向車と正面衝突、あるいは路肩から転落。

こんなことも人生でもいっぱい起こりうるのです。
過ぎた失敗にいつまでもクヨクヨしていると、新しい問題を見過ごしてしまい、些細な問題でも大きな失敗につながってしまいます。そうすると、新しい失敗で更に大きな失敗を誘発するという循環が始まってしまいます。
このタイプの人は、一つの失敗が次々と失敗の連鎖を起こしやすいです。

こんなことを小さい頃からやっていると、そのうちに「私は何をやっても駄目、私はダメ人間なんだ」と思い込んでしまいます。
そうなると「自己成就予言」の法則で「私はどうせ失敗するんだ」、「私は何しても成功は出来ない」と思い込むようになり、自分が予想したように失敗を繰り返して行きます。

つまり、「自分は必ず失敗する」と思い込めば、必ず失敗するようになる訳です。



これってスピリチュアルの世界で言う「引き寄せ効果」と同じなのかも知れませんね。

実際に鑑定していて、このタイプの人は失敗が多く苦労しています。このタイプの人は「苦労が多い」、「運が悪い」と思い込んでいます。実際に命盤も自化が多く悪いです。

しかし、ここで朗報です。
このタイプの人に自化が多いという事は、「自化は後天的な現象」ですから、生まれ持ったものが悪いのでは有りません。自化や「必定」を一旦無視して宮を観て問題が無かったら、持って生まれたものは良好と判断して良いと思います。良いものを持って生まれているけれど、後天的な思考や行動で宮を悪くしていると解釈した方が、運命を改善するヒントに成ります。

先ずは、自分はマイナス思考に成っていないかをチェックして、もしマイナス思考ならば、プラス思考に成るための哲学を学ぶと良いです。哲学というと難しく聞こえますが、簡単なことです。

もし、こんな事で悩まれているなら、ご相談に載ります。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


生まれ持った運命のシナリオは有るけれど

生まれ持った運命のシナリオは有るけれど

私が生業にしているものは「紫微斗数」という生年月日と生まれた時刻の基本データーから、人の一生涯のシナリオを読み解く(分析)仕事です。これを一般には「命術」と云います。
占いのジャンルに入ります。ネットでは「エンターティメント」の分野に入ってしまうようですね。
エンターティメントって芸能人やアーティストと一緒なんでしょうかね? じゃあ娯楽産業?
私としては全く違う捉え方をしていて「命術」が娯楽だなんて「ふざけてる」と思っています。

もっとも私は占いと命術は分けて考えています。占いを正確に二分するならば「卜占」と「命術」に、さらには「相術」と分けてもいいかも知れません。

「卜占」は昔から馴染みのある「易」とか「タロット」他にもいっぱい有りますね。
これは、占う対象の基本データーは必要なく、何を知りたいのか念じて占うだけで良いのです。でも「断易」などは占う日のデーターは必要ですが。この「卜占」は難しいです。何が難しいかと言えば、スピリチュアルな感性が必須だからです。
昔から「当たるも八卦、外れも八卦」(違う言い方もされます)つまり、あまり正確でないという比喩ですよね。でもちゃんと正確に当てる人は正確に当てます。中には年中外してしまう人も居るようですが。

いっぽう、「命術」は、運勢を調べたい人の生年月日と生まれた時刻の基本データーを元に、一定の理論法則に則り一生涯の運命のシナリオを解析する方法です。これは、正しく理論法則を学んでいれば、誰が分析しても同じ結果が得られる(筈)です。
しかし、同じ命術でも理論法則が真逆の命術も、日本には存在しているようで困った事になってしまっているようですが。

とまあ、ここまではプロローグです。
正しい命術は、私の知っている範囲では、紫微斗数、インド占星術、西洋占星術、それと正しい四柱推命です。他の命術は学んで居ませんから、正しいのかどうかは判りません。

これらの命術を「占い」ということに私は少なからず抵抗が有ります。私の「占い」という概念は、小さい頃に草履を放り上げて、地面に落ちた草履が「裏なら明日は雨」、「表なら晴れ」、こういうのを占いと思っています。つまり当たりも外れも五分五分だからです。もっとも霊感の強い人がやったら100%的中かも知れません。

話を命術に戻しますが、命術では一生涯の運命の傾向を知ることが出来ます。

先日、複数のプロの占い師さんに、私を鑑定して頂く機会が有りました。
それは四柱推命と西洋占星術、さらにインド占星術の3つの命術で私の生年月日(1951年6月23日、午前10時、山梨県生まれ [戸籍とは違います] )で鑑定結果を頂きました。
※何故、戸籍と違うのか? それは複雑な家庭の事情が有り親父が届け出たのがイイカゲンだったから。

さて、この3つの命術の鑑定結果はと言いますと、凄いです。3つとも正確に私を言い当てています。性格や様々な家庭事情、その他の事情もです。もちろん、私も紫微斗数で自分自身を鑑定しています。その結果とピタリと一致しています。素晴らしいかな命術。

唯一、違う所を言うならば、私が占いを生業にした頃からのシナリオは外れています。
もちろん、私が自分自身を鑑定した紫微斗数のシナリオとも違っています。
どの命術も晩年のシナリオは良いことは的中しています。しかし悪いことは、シナリオとは違っています。ならば、良いことは的中で悪いことが外れているのならラッキーですけど。

実は、この晩年の悪いことが外れて居るのには訳があります。
私はすでに紫微斗数の鑑定で自身の晩年の悪いシナリオを変えなければ成らないと強く思っていました。私の一番の悪いシナリオの原因は、自らの性格、思考傾向に有るからです。その悪い思考を真逆に変えたのです。といっても変えるのは容易では有りません。

変えるに十分な最悪な体験が有ったからこそ、問題の性格を変えることが出来たのだなあと思います。
これは誰にでも出来ることです。真剣にその気になれば。

『生まれ持った運命のシナリオは有るけれど』、それを、指を咥えて見ているだけでは駄目です。
変えることは可能なのです。超マイナス思考から、プラス思考へ。

このことから人生は好転し始めました。シナリオとは真逆にです。
命術では「こうなる」という鑑定結果が出ますが、それをアドバイスと捉えれば良いと思います。

ただし、簡単には変えにくいシナリオが有ります。それは「健康運と外出時の意外」です。
これは日頃から気を付けることと、これらの運勢の悪い時期には不調になりますから、いつも以上に健康管理や事故に遭わないよう周囲に気配りが必要です。



★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★



災難を避けられない人

災難を避けられない人

的中率では抜群に抜きんでているのは欽天四化紫微斗数と新・飛星派の紫微斗数と思います。
「えっ! 新・飛星派って何? 紫微斗数に新旧が有るの?」
はい、有ると言ってもよいでしょう。
私は何年も前に3~4年かけて紫微斗数を学びました。しかし、いざプロに成って悩みました。命盤の解釈はまあまあ出来ても、今年は何に注意したらよいの? とか、人生で最高に仕事運や財運が廻る時はいつ? という問にはハッキリ言ってあやふやでした。もちろん星しか観ない三合派では、そういったことは判りません。仮に大吉なんていう判断が出来ても、そんなことは無かったりでした。
飛星という技術も有りましたが、それは宮の状態の善し悪しを判断する程度でした。そんな飛星法でも三合派より格段に優れていました。
三合派で「財帛宮は大吉ですねえ」なんて言われても飛星してみれば大凶だったりして、これはよくある話です。

問題なのは巡ってくる10年運(太限)や1年毎や月ごとの様々な吉凶が判らないことでした。
しかし、それは今では解決されています。飛星をして鑑定することには変わりは無いのですが、何処の宮から飛星して、何処の宮に四化星が入ったら、この太限は吉なのか、あるいは今年は凶なのか、果ては西暦何年の健康が悪いのかが判断できる飛星法です。

この飛星法にハッキリした名称が無いので「新・飛星派」とでも勝手に名付けています。
この方法を伝授戴いたのは、2013年芦屋の田中宏明先生からでした。この方法は日本には有りませんでした。2017年の今でも昔から紫微斗数を生業にしている方々は知らない方が多いのではと思っています。この方法に欽天四化の鑑定法を付け加えたら鬼に金棒と思います。

それでは、ここから本題に入ります。
こんなに的中させてアドバイスを得ても、行動に移せない、あるいは移さない。
来るべき時に開運、あるいは災難を避けることが出来ない。そんな人たちも居るということです。

それはどんな人達でしょう。

例えば病気の場合では、今が何も自覚症状が無いから行かない、占いなんて出鱈目と思っている。

あるいは、信じてもよいけど医者が怖いから、注射が怖いから。なんて、鬼も怖がる大男の男性もいらっしゃいます。
そして、頑として絶対に医者には行かない、といって運命の年月が訪れて発症。
具合が悪くて仕方ないので渋々と病院に行ったら「末期がんでステージⅣ」、もう残念でした・・・。

でも、こういう人に限って死ぬと成ったらパニックで泣き叫ぶ訳です。頑として医者にも行かなかったのだから勇ましく死を受け入れればよいのに泣き叫んでしまうのは残念です。

病気以外にも、惚れてしまえば悪魔であっても言いなりになってしまう女の性も有りますね。
アドバイスなんて「馬耳東風」。いや違うかな…、判っちゃいるけど辞められない。悪いこと、止めなきゃいけないと思うけれど、ついつい情事を重ねてしまう。最後には、どんでもないことに成ってしまった。なんていう事もあります。

更に言えば、こんな例も、一生涯掛けて食べる量の食べ物をせっせと食べ尽しメタボを含む肥満や成人病になってしまう人たち。そして短命と成り。
短命ならまだマシで、半身不随、寝たきりで、まだまだ残っている永い永い寿命を消化して行かなければならない、辛い長い余生。

私は老人介護の仕事も何年も就労させて戴いて多くの学びを頂きました。
まだ、60代、70歳代なのに暴飲暴食、不摂生が祟り寝たきり、半身不随に成られてしまった方々を多く見てきました。自由が効かない、骨まで観える寝だこ(褥瘡)で激しい痛みとの戦い、余命長いのに食べたいものは一切食べられない、ただただ生命をつなぐだけの食事。こんなで、後何十年生きなければ成らないのでしょう。

私は占いを知らなくても、こんな人生は送りたくないので、必要以上のことは欲しがりません。

今は先の事が分かる技を知り得たので、自然の摂理に則り生きて行こうと思っています。

自然に逆らわずという事と思います。とかく欲が突っ張ると自然に逆らうようなことに成ります。要注意ですね。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★





精解 吉象万年暦—気学、紫微斗数、推命、断易活用 大正元年(1912)‐平成80年(2068)
東洋書院
東洋書院

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精解 吉象万年暦—気学、紫微斗数、推命、断易活用 大正元年(1912)‐平成80年(2068) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

福徳宮にご注意!

福徳宮にご注意!

紫微斗数では「福徳宮」は深層心理、あるいは奥深い精神性を診る宮です。その他にも健康面や先祖、非物質な側面を診る宮で重要な宮です。
この福徳宮の状態を数タイプの傾向に分類出来ます。

1) 標準的なタイプは生年四化も無く、主星が1~2個入り凶星の副星も無く、自化も無く、宮全体で星が2~4個程度の人。
2) 滅茶苦茶に星の多い人(5~8個)、生年四化も1~3個、自化も無く、副星の凶星は無い人。
3) 滅茶苦茶に星が多く、2)のように生年四化も有ったり、副星の凶星も有り、自化も多い人。
4) 主星は無しで、副星も無しか、吉の副星のみで、自化も無し、宮全体で星は0~4個程度の人。
5) 4)同様だけれど自化も多く、副星の凶星が有る人。

「天巫・陰殺」が同宮したり特定の宮にある場合も霊的感性は特別に成るようです。

以上ざっくり4タイプに分類してみますと、一概には言えませんが、2)、3)と4)と5)のタイプは精神性が強い傾向と云えます。
2)と3)は趣味や好きな事が多いか、シッカリしている傾向があると感じます。ただし、3)は精神面で問題が出やすいです。
4)は霊的感度が強いと感じますが、同時に問題も有ることが多いです。
2)と3)はスピリチュアルなものに興味を惹かれる傾向ですが、ノイズが多いというのでしょうか、そのままでは駄目ですが、精神性を研ぎ澄ませるようになれば感じやすいと思います。
4)と5)は星が無い(少ない)分、静か(ノイズが少ない)で僅かな霊的なものも感じやすい傾向があると気付きました。宗教家や霊的な事に関わっている人に多いようです。
この場合、副星の凶星が無しなら、優れた宗教家とか霊的に研ぎ澄まされている人でしょう。いわゆる悪霊の類には強い耐性が有るようです。
この逆で凶星の多い人は、悪霊が憑依しやすいと思ってもよいでしょう。大概、凶星の多い人は「短気、恨み、妬み、不満、悲観」などを持ちやすいようですので、そのような人は努めて心を前向きにして、マイナスな事に目を向けずに、少しでも良いもの、プラスになる思考を持つようにしたいです。誰かから些細なことを言われても非常に気にかかり、腹が立ったり、恨んだり、憎しんだりしやすいです。悪霊は短気、恨み、妬み、不満、悲観の心を好むそうです。つまり同類を求めているのでしょうね。

福徳宮が「破格」のように成っている人は、普通は鬱病になったり、引き篭もりや、自殺、または攻撃的になったり、時には人格が変わったように振る舞うこともあります。人生も奈落に落ちやすいですが、精神性を強めて悟りの境地に至るようになれば、破格を超越して雲の上の人ようになり、凡人は気付かない様々なものの見方が出来るようになります。こうなればもう悲観的な思考はしなくなり、浮世のゴタゴタの影響は受けなくなります。

鑑定に来られる人の中にも時々、このような方がいらっしゃいます。

実は私も福徳宮が破格で「来因宮」でもあります。人生の2/3は変な感じでして、マイナス思考の塊でした。しかし、この歳になり目が覚めたというか、一皮むけた? あるいは生まれ変わった、そんな心境になり、様々な浮世のことに影響されなく成り、短気、恨み、妬み、不満、悲観などのマイナス的な感情は消え失せてしまい、至福千年の境地に至りました。だからといって富豪になった訳でも有りません。日々清貧な生活ですが常に満足感が有り、不足を感じなくなりました。

是非、福徳宮に問題の有る方は「自力更生」をお薦めします。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

川越美和さん

川越美和さん

■川越美和さん

画像


『1988年10月26日に「Looking at You」で歌手デビュー。一正蒲鉾のCMソングのタイアップとなり、キャッチフレーズは「天然的美少女」だった。
翌1989年、テレビドラマ『時間ですよ・平成元年』にレギュラー出演。4枚目のシングルで同ドラマの挿入歌となった「夢だけ見てる」で、同年暮れの第31回日本レコード大賞新人賞を獲得した。
同期歌手デビューに田村英里子、島崎和歌子、中山忍、深津絵里、マルシア、千葉美加、細川直美などがいる。
1996年頃から初瀬かおる名義で活動していた。「理想の結婚」出演当時の『TVガイド』によるところでは、芸能活動休止後の事務所移籍を機にした心機一転の意味を込めての改名で、名前自体には特別な意味はなかったという。
その後本名に戻してからも、ドラマ・舞台・映画などで活躍を続けた。
2007年に所属事務所を辞め、芸能界から引退した。
2017年5月30日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)2017年6月13日号が報じた情報では、引退後の2008年4月に東京都大田区内の自宅アパートで死亡しているのが発見された。発見時点で死後数日経過していたという』
----------------------------------
かわごえ みわ
川越 美和
本名 川越美和
別名義 初瀬かおる
生年月日 1973年1月3日
没年月日 2008年4月22日(満35歳没)
出生地 日本 鹿児島県肝属郡大根占町(現・錦江町)
死没地 日本 東京都大田区
国籍 日本
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優、歌手
活動期間 1988年 - 2007年
----------------------------------
ここまで<ウィキペディアより引用>

先日、知人から川越美和さんの話を聴き、大変に辛い人生を送られたことを知りました。
私はあまり芸能界に関心が無いので、テレビから姿を消しても気にしないのですが、川越美和さんに限らず、芸能界では輝く彗星の如く突然にトップスター・アイドルに成っても、その後にいつしか人知れずに姿を消してしまう人は多いと感じます。
そして、その後の人生は奈落に落ちてしまうような事も少なくないと感じています。

今回、川越美和さんの話を聴いて、どんな命盤だったのだろうと気になりました。
しかし、生まれた時刻は全く判りません。人相を観ても命宮の星を特定できませんでした。

そこで、亡くなった時の警察の鑑識の発表した死亡推定日から命盤を探し出しました。
※死後、数日経過して発見されたので正確な死亡の日は判りません。

川越美和さんの人生は様々な壮絶な出来事に見舞われた人ですので特徴的な命盤になる筈です。
案の定、川越美和さんの誕生日の一日の中で滅茶苦茶に悪い命盤が一つ有りました。

そして、この滅茶苦茶にシンドイ命盤を調べると死亡するであろう年月日は「2008年4月21日」です。鑑識の死亡推定の日は「22日」でしたが、この日はそれほど凶ではなく、前日の「21日」は非常に厳しい凶意の日でした。多分のこの日に亡くなったと思います。
死因もハッキリ発表されませんでしたが、命盤では「衰弱に依る心臓発作」それと精神面での疾患、酷いうつ状態に成っていたと云えます。
死亡するかなり前から「引き篭もり」になる運勢ですし、その原因は25~34歳の太限での奴僕から受けた損害が原因ではとも思います。
両親との縁も薄かったと思います。親友も居なかった、あるいは少なかった、居ても交流は無かった可能性が有ります。孤独の人生になってしまったのですね。

非常に悪い宮は、遷移宮が破格、しかも来因宮でも有ります。これだけでも大変な人生に成るでしょう。奴僕宮も破格、夫妻宮も破格です。

川越美和さんの、この人生での業報因果を調べて観ました。

■結婚したら辛い人生に成るでしょう。
夫から様々な苦労、損害、試練を与えられる運命です。
離婚・死別するような運勢です。

■様々な試練・トラブルに関わって行く運命で、そのような仕事に縁のある人と観ました。

■仕事を通して社会に貢献しなければ成らない人と感じます。

■その結果、社会から認められ、社会で活躍出来て、人生が実りあるものに成る筈でした。

■適職は、世の中の人々の問題、悩み、トラブルを解決に導くお仕事が適職と観ました。

晩年まで厳しい運命の人でしたが、精神面で満たされることが何よりもの救いに成ったでしょう。

画像

シナリオ通りに着々と

シナリオ通りに着々と

様々な問題が噴出している第二次安倍政権。

今のところ人生の運命のシナリオ通りに着々と物事が進行しているようです。
東京都の都議会選も安倍さんの仕事運の年運と月運が大凶の期間に入っていますし、しっかりとシナリオが遂行されるように様々な悪条件、問題が起こっています。

本当の結果が出るのは、2018年2月15日以降になります。
この日を境目に安倍さんの10年運が変わります。同時に年運も月運も一斉に変わります。
ですから、本当の結果は2月15日以降に出ます。

でも、年内にも現象は現れる筈です。それは2017年11月18日~2018年2月14日の期間にも現れそうです。決定打は2018年2月15日以降ですが。
この時の状況で来年の明暗が分かれるでしょう。

来年は仕事だけでなく健康も辛くなりそうです。第一次安倍内閣の状況に成りやすい傾向が観えます。唯一、救われるのは大凶でも吉が引っ付いているので、この吉を活かせられるかですね。
活かせられなければ厳しい状況に成りそうです。

もうしばらく観察します。





★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

紫微斗数鑑定の難しさ

紫微斗数鑑定の難しさ

紫微斗数で鑑定されて皆様が驚かれるのは、様々な出来事の的中率です。
廻る10年毎の出来事の吉凶、これを専門用語で「太限(たいげん)」といいます。
そして、1年毎、月ごとの吉凶をそれぞれに診ることが出来ます。
過去の出来事についても、辛かったこと良かったことが年月までも的中していることです。
もっとも、この年月の運勢の吉凶を正確に鑑定する方法は近年に田中宏明先生によって日本に伝わりました。しかし、この鑑定法はまだ日本の隅々にまで広がっている訳ではありません。
まだまだ都市圏を中心に紫微斗数の鑑定に用いられている鑑定法は昔から有る方法です。
私の個人的感想ですが、関西方面の方々がこの新しい鑑定法を多く知っているのではと思います。
同じ紫微斗数でも古い体系の紫微斗数ではイマイチと感じます。

この廻る10年毎、1年毎、月ごとの吉凶を鑑定する方法は実はそんなに難しくないのです。
ある一定の鑑定の法則(四化飛星)を覚えれば良いのです。

本当に難しいのは、命盤そのものを解読することです。
その人の生涯の財運の傾向、適職や結婚運、健康状態など命盤の12宮の持っている傾向を鑑定することです。三合派の宮の星曜(様々な星)を診るだけでは表面的な部分しか観えません。
もっと深い意味を知るのには、欽天四化の法則が必須です。
この命盤そのものを正確に鑑定出来れば、人生をどのように生きれば良いのかも観えてきます。
まさに人生の青写真、設計図としての命盤の活用が出来るようになります。
命盤12宮の詳細な分析で人生の方向性がハッキリします。
そして、廻る時期の吉凶で、示された方向性のチャンスの時期が判るのです。

この命盤の分析は奥が深いです。机上の理論を踏まえて実占で多くのことも学べます。これで終わりということは無いと感じます。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01K7B0PGK/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=miyazaki07c-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B01K7B0PGK&linkId=a8164e6650948d72e06c98a855125852

あらためて

あらためて

昨日は、アメーバに接続出来ない障害が長時間続きました。
小林麻央さん逝去にともない、麻央さんのアメーバブログにアクセス数が急増したせいでと思います。
麻央さんが世の多くの老弱男女、特に女性に伝えたものは多かったと感じました。
麻央さんは短い人生でしたが、その短い生涯の生き様から大きなものを伝えられたと感じます。

麻央さん自身も云っていたように「病気になったから気付いた大きなものが有った、不治の病になったから人生をどう活きなければ成らないか気付いた」と。

これまでの鑑定を通して思ったことは、辛苦の人生を生きる多くの人々が大切なものに気付かず、目の前の辛さだけに目を奪われて、本当の意味に気付かなく、大切なものを見失っていると感じます。

私も麻央さんの人生を拝見して一つの気付きを得ることが出来ました。

これからの鑑定を通して診るのは、「この人は何の目的のために生まれて来たのか」ということを重要視して鑑定しようと思います。
辛いシナリオを持った人ほど人生の目的に重要なものが有ると思います。
人は快楽を貪るためにこの世に生を受けるのではないと感じます。
もし快楽が有るとするならば、辛苦続きでは挫折してしまうので、一休みの意味で楽しいことも設定されているのでしょう。言い換えれば精神性が高い人ほど大きな試練を設定しているのではとも思うのです。

そういう意味では、私の人生は2/3まで辛苦でしたが、65歳以後は目標がハッキリ示され生き甲斐の有る人生が送られる設定ですので、まだまだ修行のレベルが低いと云えます。
次回の今世に輪廻する時にはもっと厳しいシナリオを設定するのではと思います。

紫微斗数の「業報因果」に耳を傾けましょう。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

天職に出会う


史上初の最年少棋士が、今 最年長の棋士として引退されました。
それは加藤一二三九段、プロ棋士ですが、ご自身のTwitterに次のようにツイートされていました。
『10歳のとき新聞の観戦記に触れ将棋の本質を悟ったわたくしが、天職である将棋に、最善の環境の中、生涯を懸け全身全霊を傾け打ち込むことができましたのは、御支援賜りましたスポンサー、将棋ファンすべての皆様おひとりおひとりのおかげに他なりません。幸せな棋士人生をありがとうございました』

好きな事に早くに出会い、そしてただ一心にその道を突き進み、今 史上最年長というような年齢までトップで来られたことは本当に幸せなこととお祝い申し上げたいと思います。

加藤九段はとても個性的な方です。命盤を調べては居ませんが命宮に「生年化忌星」が有っても不思議ではないと思います。生年月日は、1940年1月1日と有りますが、んん? 昔は年末に生まれたら縁起を担いで元旦生まれにした場合も少なくないので、果たして如何なものか、真偽の程は判りません。

まぁいずれにしても命盤も個性的と思います。そもそも占い師に成る人の命盤も変わっている人が多いですから。

話を戻しまして、天職に早くに出会えるというのは改めて幸せと思います。
鑑定を通して思うことは、天職が有っても、その天職に出会えていない人も多いですし、天職がいったい何で有るのかも気付いていない人も多いと思います。

私自身のことを考えても、自分の天職なんて知りませんでした。中学生の頃まで不思議な事が大好きでしたので、いつ知らずにラジオや電波に興味を持ち、高等学校は電子科に行きたいと思うようになりました。しかし、好きな事以外は見向きもしない変わり者でしたから、学校の成績は後ろから数えた方が早いし、近くの工業高校に電子科は有りませんでしたし、電子科が有るのは少し遠い、工業高校では名門の高等学校でしたから、最下位の成績の私には叶わない夢でした。
したがって大変な思いで、近くの工業高校の電気科に何とか這って入った次第です。

もちろん高校に入ってからも好きな事にしか目が向きませんから、期末の単位が取れずに進級も無理などと担任の先生に、年中呼び出されていました。

卒業もやっとの思いで這い出し、近くの家電販売会社のサービス課に入社して、その後は転職を繰り返し、電気、電子、コンピューター畑を26歳まで努めました。

26歳から脱サラし家電品の修理や販売の仕事、しかし事業は一向に業績良くならず、ついには家庭電気製品の組み立てなどの下請けをして40代まで達して、とうとう倒産。そして離婚。

その後は流転の生活が続き、生涯貧困の日々は親の代から私まで引き継ぎ、家族にも辛い思いをさせました。

流れ流れて、還暦に達してさらに奈落に落ち、もうこれまで、という時に人生の大転換に遭遇、本当に命の恩人という人に出会い、人生が180度の大転換に成りました。

今思えば、その時に「天職」に出会えたのだなあと思います。
天職に出会えてからは一気に生活も急上昇し、運気にも恵まれ幸せな日々が送られるように成りました。若い頃に天職と思っていたことは、本当は天職では無かったのです。好きな筈の電子関係の仕事は時代の技術革新に追いつきて行けず、いつしか取り残されるようになって居ました。
でも、60代に出会った占いも天職などとは最初は思いもよりません。

天職と思うように成ったのは、一応プロとして再スタートして、紫微斗数の「業報因果」に気付かされ、多くの方々の鑑定の機会に恵まれた事と、不思議なご縁で仕事の量にも恵まれるように成りました。大して経験が無いのに、何故かスムーズに自分の中に入って消化されていく様を不思議に思いました。
天職とはいくら苦労しても辛いとは感じません。時には寝食を忘れて時間を過ごしてしまうことも有ります。官禄宮に「生年化忌星」のせいでしょう。仕事をやり過ぎるときがあり、これは結婚したら夫妻宮を尅します。

ずっと若い頃から仕事には夢中になる傾向が有りました。思い起こせば個人プレイの仕事は良いけれどチームワークで行う仕事には他の人達と問題が起こりやすかったです。
こんな人間は会社勤めには向きません。自分でやるのが良いです。

もし、仕事で何が向いているのか判らなかったら、じっくり考えて観るのも良いと思います。
向いていると思っていた事が、実はそうでも無かったりするのです。自分の魂の囁きに耳を傾けてみましょう。

紫微斗数の「業報因果」に耳を傾けましょう。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

本格的な紫微斗数を学ぶのには覚悟が必要!

本格的な紫微斗数を学ぶのには覚悟が必要!

私のところでは基本的に紫微斗数の教室はやりませんが、どうしても習いたいという方に、これまでに数人のレッスンを行いました。
現在はレッスンを受けたいという方には事前に鑑定をさせて戴いています。
それは、紫微斗数を学んでいく内に、自分の人生も、家族、子供などの人生も全て詳しく知ってしまうことになるからです。そうした場合にどうなるのかと言えば、一部の方々は酷い落胆の精神状態になってしまい、紫微斗数を学ばなければ良かった、という状態になるからです。

それ故に、本格的な紫微斗数を学ぶ場合には、自分の事、家族、子供など、どんな人生であるのか全てを知ってしまっても、動じることのない強い精神が必要と思います。

どのようにしたら、これから訪れる避けがたい試練を越えられるのか、どう受け止めたら良いのかを学ぶのも紫微斗数なのです。
ここの所が曖昧な状態で本格的な紫微斗数を学ぶと、強い悲観的な状態に陥ってしまいます。
もっともこのような方々が、たとえ紫微斗数を学んで、占い師になっても「ミイラ取りがミイラに成る」ということに成ってしまいます。占いの仕事を永くは続けられないと思います。

実際にこれまでも途中で挫折する人々がいました。本当は、その先の「どうしたら避けがたい試練を越えられるのか」ということを学ぶ筈でしたが、その前に途中挫折してしまい、悪いものだけを持ち帰った状態になってしまいました。つまり、手術をして悪い患部を取り出すハズが、切開したら痛いからと、治療途中で縫合もせずに切り開いたまま(治療の途中で)家に帰ってしまった状況と一緒です。
その後の切り開いたままの患部は、どうなるのでしょう? 
細菌が入って化膿するかもしれません。一番に最悪な状態ですね。このような事を避けたいので、本格的な紫微斗数を学ぼうとする人は覚悟が必要なので鑑定をさせて戴いています。
さらには哲学的なことも学ぼうとする人が適していると思います。それは、人生には様々な試練が有りますが、「運が悪い」の一言で片付けてしまわないで、何故に、そのような試練が設定されているのかを知り、本当の意味での正しい人生の送り方を学ぶのも紫微斗数の目的と私は思っています。
参考になさってください。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

対人関係のトラブルが起こる時期は、その相手にも同じ象意が出ています

対人関係のトラブルが起こる時期は、その相手にも同じ象意が出ています

過去記事にも度々投稿していますが、夫婦や家族、親子、同僚など対人関係で悩む時には、自分ばかりでなく、対象の相手にも同じ象意が出ています。

たとえば、同僚との間に問題が起こる時は、同じ職場の全員と問題が起こることは滅多に有りません。多くの同僚が居ても、その中の特定の人との間で問題が起こります。

その問題が起こる相手は誰か? というと、自分と同じように、この時期に「同僚運」が凶になっている同僚と問題が起こるのです。過去の多くの問題を検証して観ましたら100%に近く、そのようになっていました。不思議ですね。やはり同じシナリオを持った人と問題が起こると云えます。

出会い結婚を観ても、双方とも「出会い吉」の時に出会う確立は高いです。逆に片方の人は吉でも別の人が凶になっていたら、交際にまで発展しません。別れも同じことが云えます。
離婚や別れた夫婦やカップルを検証しましたら、双方ともに凶の時でした。彼が凶でも彼女の方が吉だったりした場合は疎遠の時期は起こりますが完全に別れにまで成らない事も多いと感じました。
このことから結婚相談所などから紹介された場合も、交際が出来て結婚まで至るのか、どうかは予測が出来ます。双方の命盤を作成出来ればハッキリ結果を診ることが出来ます。
男性がいくら惚れても彼女の命盤も男性と同じシナリオになっていないと一回ぐらいは食事をしても交際までは発展しないと云えます。残念ながら、そういうことのようです。

不特定多数の人との問題が起こる時は、先の同僚との関係で説明したとおりに、大勢の同僚の中でも「同僚運」が凶に成っている人同士が同じ職場に居たら、その同僚と問題が起こる事が多いです。これは実際に同じ職場の全員の命盤から検証した結果です。

教室や同好会の場合も同じことが云えます。
参考になさってください。



★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

輪廻から出られるの?

輪廻から出られるの?

『死ぬ前に知っておきたい あの世の話』
坂本政道(著)ハート出版 2016年
ISBN978-4-8024-0018-3 ¥1400E+税

この著書についての記事は、これで最終回です。

―――――――――――――――――
今回は「Q45 輪廻から出られるの?」161ページ
坂本さんによると、学ぶべきことを学び終えれば、地球での輪廻から出られるそうです。

紫微斗数では、この辺りのことは判りませんので、そうなのかも知れません。
学びと修行のために輪廻を繰り返しているのなら、魂のレベルが高次元に達すれば、さらに別の次元に行くのかも知れません。
このように考えれば、死は全ての終焉ではなく、無でもなく、次なる世界への旅立ちへの一課程と考えていれば、死は恐ろしいものでは無くなります。また何故、今世での様々な艱難辛苦も意味が理解出来るようになりました。
人間がこの世の物質世界に居る期間(人生)は輪廻の「光あふれる世界」を含む「円運動」の繰り返しの世界の一周期の期間からみれば一瞬の出来事のように短いものだそうです。
この「円運動の世界」というのは、自由宗教の一神会発行の「ふしぎな記録」にも度々説かれています。
すべては元をたどれば、すべて同じ所に行き着くようです。きっとこれが本当の事なのでしょう。
すべての人類がこのように考えられれば、宗教の違い、肌の色の違い、文化の違いなどによる争いは無くなるのではないでしょうか。

<終わり>

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

中国占星術 紫微斗数 win95
株式会社レイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国占星術 紫微斗数 win95 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


輪廻転生

輪廻転生

『死ぬ前に知っておきたい あの世の話』
坂本政道(著)ハート出版 2016年
ISBN978-4-8024-0018-3 ¥1400E+税

画像


先日、この本を読みました。そう致しましたら、私が紫微斗数という命術で鑑定していて、感じていたことが、この本にも同じ事が書かれており、やはり紫微斗数は「あの世に起源があるのでは…」のと改めて思いました。

―――――――――――――――――
今回は「Q44 人はなぜ苦しみや悲しみを体験する必要がある?」159ページ

紫微斗数で多くの方々を鑑定して、よく思うことが有ります。
それは、どうして、この人はこんなに苦労のシナリオを持たされて生まれて来たの? と感じることが有ります。時には、これでもか、というほどに徹底的に、人生に隙間が無いほどに苦労、困難、挫折を味あわさせられるシナリオに成っている人も居るのです。その人は、まだ若い純粋な女の子だったりもするのです。
「あちらの世界」で今世の課題とシナリオをガイド(ハイヤーセルフ)と共に計画して来るそうですが、それって本当? って思ってしまいます。

※ハイヤーセルフとは= http://serendipity-japan.com/what-is-higher-self-1567.html

坂本さんに依ると、人はネガティブな体験をすると、考えや思いがネガティブになってしまうそうです。確かにそう思います。嫌なことが続いたりすると、陽気には成りませんよね。気分は沈み、やる気を無くしたり、逆にイライラ腹立たしくなってみたりします。
でも、ネガティブな体験をして思考がネガティブになれば、益々言動はネガティブになり、その結果からネガティブな事が起こりやすくなるとも云えます。

このように、自分の思いが出来事に反映するという原理が有るようです。

仏教的には「受発色」と書き、「じゅっはっしき」というそうですが、「受」は自分が受ける出来事を表し、「発」は受によって自分が発する行動を表し、「色」は発によって再び自分の身に起こる出来事を表しています。
もっと解りやすく言いますと、悪いことが起これば、気分や気持ちも悪くなり、その結果ますます悪い事が起こってくることです。一旦悪い循環が始まるとどんどん悪いことが起こってくるとも云えます。

以上のことから、輪廻も「受発色」の原理からネガティブな出来事が繰り返されるとも、坂本さんは云っておられます。
輪廻転生で徹底的に苦難のシナリオだったならば、この「受発色」を断ち切らなければ成りません。
そのためには、どんな苦難のシナリオでも、それを断ち切るために、強い意志で受け止め、マイナス思考に成らないように出来ると良いのでしょう。
マイナス面にばかり目を向けるのではなく、そんな苦難の中にも自分がやらなければ成らない物を見付けて、たとえ短い人生でも希望を持ち有意義に生きること、また徹底的に痛めつけられる人生のシナリオで有っても、それを乗り越えるようにプラス思考になることを、自分が計画して来たのだろうと思います。
是非とも大変な人生でも挫折することなく、与えられた人生を全うして貰いたいと思います。

<続く>
次回のテーマ「輪廻から出られるの?」161ページ


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

人の運命は決まっているの ?

『死ぬ前に知っておきたい あの世の話』
坂本政道(著)ハート出版 2016年
ISBN978-4-8024-0018-3 ¥1400E+税

画像


先日、この本を読みました。そうしましたら、私が紫微斗数という命術で鑑定して感じていたことが、この本にも同じ事が書かれていて、やはり紫微斗数は「あの世に起源があるのでは…」のと改めて思いました。

著者の坂本政道さんを少し紹介しておきます。
東大の物理学科を卒業しカナダトロント大学電子工学科を専攻して、SONYで半導体の開発に従事したバリバリの物理学の専門家ですが、今はスピリチュアルの専門家に成ったという訳です。
現在は、モンロー研究所公認レジデンシャル・ファシリテーターでもあり、㈱アクアビジョン・アカデミー代表取締役を努めています。
―――――――――――――――――
今回は「Q22 人の運命は決まっているの ?
       決まった運命を変えることは出来るの?」
95ページ

本日は、このテーマで考えてみます。
紫微斗数でこれまでに何人もの方々を鑑定して気付いた事は、やはり人の運命は「大筋は決まっている」と強く感じました。もっと言えば、鑑定に来られるまでの人生は、ほぼ命盤のシナリオ通り、と断言できます。
多分、巡る10年運や1年運などが鑑定出来る紫微斗数の占い師なら、このような事を多く体験していると思います。命盤で過去の出来事を鑑定した場合に、10年運や1年運で事象、時期が一致している筈です。
ということは、未来も事象、時期が決まっている可能性が有ります。

この事について、著者の坂本さんは次のように述べています。
1, 生まれる環境(国、時代、両親、家族構成、性別)
2, 身体的な条件(体格、容姿、健康状態、障害の有無)
3, 能力(身体的、精神的な能力)

坂本さんによると、1~3の条件は「光あふれる世界」で決めてきた今世の目的を達成するための基本的な条件であり、人生のシナリオを達成しやすいように設定されていると云うことです。

ここで注意したいことは、達成の為の条件の「達成」とは、身体障害の身体で如何に人生を生きるかとか、超貧困の家庭に生まれ、その貧困を如何に克服し財に恵まれなくても精神的に満足が得られる人生を送るのか、といった「達成」ではないかとおっしゃっています。私もそう思います。

苦労の末に人生を逞しく生き抜く体験や、四面楚歌の状況でも如何に生き抜けるかなど、その人によって様々なレベルの課題を設定してきているそうです。

今現在に四面楚歌の状況に落ちいっている人にしてみれば、「まさか、そんな辛辣な状況を俺は望んで生まれて来る訳は無い!」と文句も言いたく成るかも知れません。

でも、生まれ出ると過去世(光あふれる世界)の記憶は消えてしまうようですので、カッカしても仕方ないのかも知れません。

もし決めて来ていたのなら、愚痴を言っている暇は無さそうです。
決めてきた課題を何とか克服しなければ成りません。

トライアスロンのレースは厳しいスポーツです。まさに人生物語のようなスポーツです。
誰でも「途中で挫折するだろう」なんて思って参加している人はいないでしょう。
それでも、途中で「こりゃもう駄目かも…」なんて思ってしまう場面も時として有るかも知れません。そんな時に、そのレースを走り抜けるヒントが有るとするならば、それは紫微斗数で有ったり、何かのお告げで有ったりするかも知れません。

坂本さんによれば、人生の繰り返し(輪廻)は何百回も誰でも体験している筈だそうです。
つまり、この人生の試練の課題は初めてではない訳です。相当に経験を積んで居るはずですが、残念なことに何百回、何千回と輪廻しようが、過去の経験の記憶は消去されているようです。唯一プラスに成るのは、多くの試練の体験から自分のものに成った「精神力」あるいは「陰徳の心」なのかも知れません。
これを得るための「輪廻」なのだろうと思うのです。


「運命は変えられないの?」という問題は、坂本さんによると、大きな交通事故に遭って大怪我をした場合の、その後の人生をどのように歩んで行くのかの自由は有るそうです。
そうですよね。試練の事象発生は設定して有っても、結果まで決められていたのでは修行に成らないですからね。

これって、運動会の「障害物レース」なんですね。
如何様な障害物を設定しようかと決めるのは、自分とガイドとで決めて来ていて、実際にレースを走るのは自分なのですね。何か「偉い存在」が居て一方的に押し付けられるものでは無いそうです。
「ガイド」という存在が居て、一緒に決めるそうです。

紫微斗数でシナリオを鑑定する場合に、事象発生を見付けることで、その時、あなたがどうするのかはハッキリ解らない場合も有ります。人生のゴールまでの状況は観えても、どのように走り切るのかは貴方次第ですね。
どんな障害物が設定されているのかを、こっそりカンニングしてしまうのが紫微斗数なのです。

<続く>


幼くして死ぬ子供は何のために生まれてきたの?

幼くして死ぬ子供は何のために生まれてきたの?
 
『死ぬ前に知っておきたい あの世の話』
坂本政道(著)ハート出版 2016年
ISBN978-4-8024-0018-3 ¥1400E+税

画像


先日、この本を読みました。そうしましたら、私が紫微斗数という命術で鑑定して感じていたことが、この本にも同じ事が書かれていて、やはり紫微斗数は「あの世に起源があるのでは…」のと改めて思いました。
 
著者の坂本政道さんを少し紹介しておきます。
東大の物理学科を卒業しカナダトロント大学電子工学科を専攻して、SONYで半導体の開発に従事したバリバリの物理学の専門家ですが、今はスピリチュアルの専門家に成ったという訳です。
現在は、モンロー研究所公認レジデンシャル・ファシリテーターでもあり、㈱アクアビジョン・アカデミー代表取締役を努めています。
―――――――――――――――――
今回は「Q13 幼くして死ぬ子供は何のために生まれてきたの?」66ページ
坂本さんによると、以下の3つの事が考えられるそうです。
 
1,       親に気付きをもたらすため
2,       因果応報のため
3,       ちょっとだけ人間を体験したかった生命体
 
1)       の親に気付きをもたらすため。と言うのは、私も多くの家族全員を鑑定して気付いていました。坂本さんも一番多いのは、これだろうと言っています。
生まれる前から赤ちゃんとして、この世に生を受ける計画をたてる時に、お母さんに(恩返しとして)気付いて欲しいことが有って生まれて来たのだと、私も思います。それはお母さんの本当の意味で人間的に成長して欲しいと思ったからではないでしょうか。
赤ちゃんとして生まれて来ますが、本当は赤ちゃんの方がお母さんより精神的には成長していたと思います。親だから人間として、先輩とは限りません。生命は輪廻転生を繰り返すと云われていますから、親だから、子供だから、と上下関係が生まれる前から決まってはいないようです。霊的には「赤ちゃん役」の人の方が上級だったりするのかも知れません。
最近は、子供の方が先に逝ってしまう場合も多くなりました。戦後の日本は親の価値が堕落しました。親としてシッカリ躾も出来ない親も増えました。日本伝統の家族的な思想も失われ「個人自由主義」が大手を振って歩く時代になりました。
そんな時代だからこそ、親に「親として」気付いて欲しいと思ったのでしょう。
そう考えると、何かの事件やトラブルで赤ちゃんや子供が先立ってしまった時、ただただ嘆き悲しむだけでなく、「この子は、私に何を伝えたかったのだろう」と自問自答することは大切ではないかと思うのです。赤ちゃんが僅か2ヶ月の命だったとしても、その生まれて来た意義を考えてあげることが何よりもの供養になるでしょう。そして親は生まれて来た赤ちゃんに恥じないように人として正しく生きることが、赤ちゃんへのまた恩返しになると思います。いつまでも泣いて居ないで、赤ちゃんの思いを考えてあげましょう。
 
(業報因果)のためという理由もあります。
赤ちゃん自身が過去世での行いの結果が自分に帰ってきて、それを今世で果たす事になった場合。
これも坂本さんのお考えと私も同感です。このような理由の場合は「父母・福徳・田宅」などの宮の状態が悪い場合が多いと気付きました。
紫微斗数では「父母・福徳・田宅」3つの宮は先祖三代の因果を診るともされています。
鑑定に訪れる方で人生そのものが辛い傾向をお持ちの方は、この3つの宮の状態が悪い場合も多いです。
そもそも幾ら「あちらの世界」で計画を立てて来ても、生まれてから過去世の記憶はどんどん消えていく仕組みだそうですから、物心付いてから何故自分はこんなにも苦しまなければならないだろう? 私は何か悪いことした? 真面目に生きているのに、こんな仕打ちを受けるなんて?
と思ってしまいます。私も50年間そう思って運命を恨んでいました。
アメリカの有名な大学では「過去世の記憶を持つ子供たち」ということを研究している所が有るのですね。それによると世界中で「裏付け」が確認されただけでも千人単位の子供たちが居るそうですから、私としては信じてしまいます。
 
最後に 「3)ちょっとだけ人間を体験したかった生命体」の場合ですが、私は、これも有りではと思います。自由宗教一神会の書物の「ふしぎな記録」に人は輪廻転生を繰り返すが、次回生まれて来る時に人間に成るとは限らない、と記述されています。
もしかした、別の生命が人間に成ってみたいと「ちょっとだけ体験」で生まれて来たのかも知れません。その場合は親子の縁は薄いのでしょう。
 
<続く>

人の寿命は何で決まるの?

人の寿命は何で決まるの?
 
『死ぬ前に知っておきたい あの世の話』
坂本政道(著)ハート出版 2016年
ISBN978-4-8024-0018-3 ¥1400E+税

画像


先日、この本を読みました。そうしましたら、私が紫微斗数という命術で鑑定して感じていたことが、この本にも同じ事が書かれていて、やはり紫微斗数は「あの世に起源があるのでは…」のと改めて思いました。紫微斗数という名称には謂れが有りますが、あの世に起源が有るとすれば「死人数」でも良いのかな、なんて思ったりもしました。
 
著者の坂本政道さんを少し紹介しておきます。
東大の物理学科を卒業しカナダトロント大学電子工学科を専攻して、SONYで半導体の開発に従事したバリバリの物理学の専門家ですが、今はスピリチュアルの専門家に成ったという訳です。
現在は、モンロー研究所公認レジデンシャル・ファシリテーターでもあり、㈱アクアビジョン・アカデミー代表取締役を努めています。
 
この本で解説されている内容で、私が紫微斗数でも感じた一致点を数回に分けて紹介します。
 
今回は「Q12 人の寿命は何で決まるの?」60ページ
をテーマにします。
坂本さんによると「仮説」と断りながらも以下の2つで決まるのではと紹介しています。
A,生まれる前に「光あふれる世界」で設定する寿命。
B,「自分が発したものを自分が受け取る」という宇宙の原理によって決まる寿命。
 
この2つの内、私が紫微斗数で何人も鑑定して感じたのは、Aの「光あふれる世界」で設定されて生まれて来る。ということです。
 
何故かと言いますと命盤というものは、其の人が母親の子宮から外に出て最初の肺呼吸を開始した時刻で命盤は決まるからです。生まれた瞬間の年月日と時刻で一生の大筋のシナリオが決まってしまうと言うことですから。逆に言い換えますと、「光あふれる世界」で設定した人生のシナリオを遂行できるための生まれるタイミングに出生するということと思います。
ところで「光あふれる世界」とは、非物質世界の生まれる前の世界です。もっと解りやすく言えば、この世以外の「あの世」の事です。
生年月日と時刻の数字に暗号のように、人の一生の出来事と時期、出会いなどが圧縮ファイルのように秘められているということになります。紫微斗数の命盤は、その圧縮ファイルを解凍して解りやすく展開するための方法となるのです。
 
生年月日、時刻には誰でも、そういう情報が圧縮されている訳で、命術と云われる鑑定法には、精度の差は有れど、生年月日、時刻から解読する方法です。
ここで、次のような疑問を持たれる方も居るでしょう。
 
生まれて来る時刻など偶然に成るのではないか?
 
確かに、そう思えるかも知れません。しかし、結婚する相手のシナリオは夫婦では互いに同じですから、偶然とは言えなくなります。つまり結婚する相手のシナリオと同じに成るのには偶然では、結婚した後の出来事の辻褄が合わなくなります。逆に同じシナリオを持った相手と結婚しないと一緒に生活し子育てをしていくのに理屈の合わない事になってしまいます。
遠くに別居しているならともかくです。毎日同じ家に暮らし、家族揃って行動する事も多いのに、シナリオが違っては奇妙な事になります。
したがって、結婚する相手も決められて来ると云えます。
紫微斗数の命盤では「夫妻宮」という宮で結婚相手の事が判ります。
この「夫妻宮」で結婚相手、結婚の状態が判ります。
 
坂本さんも、著書の中の95ページで「人の運命は決まっているの?」で解説しています。
<詳しくは著書をお読み下さい>
 
坂本さんによると、大筋の人生のシナリオは決まっている。とおっしゃっています。
私も鑑定歴を通して、そう感じます。ある程度のアドリブは可能になっているようですが、大筋は決まっていると感じます。
そのアドリブで変化した結果は、先に述べた「B, 自分が発したものを自分が受け取る」の原理にに従い、自分に帰ってくると云えます。良くも悪くもです。
それでも大きなシナリオの変更は難しいと感じます。
 
<続く>

趣味を仕事にしてはいけないの?

趣味を仕事にしてはいけないの?

今回の記事は「死ぬ前に知っておきたい、あの世の話し」を一回お休みにして別の話題を投稿します。

今回のテーマは「趣味を仕事にしてはいけないの?」というテーマです。
私は昭和20年代の人間です。私の時代は仕事とは稼げる事、それが一番の重要な目的だったと思います。仕事の内容よりも稼げるかが重要と感じました。

私は県立工業高校の卒業生でした。私の時代は、実業高校の生徒の大学進学率は大変に低かったです。地域の傾向も有るのでしょうが、私の地域(山梨)の実業高校では40人クラスで大学進学は3人程度でした。大学進学率は10%以下です。大学進学を目指す学生は高校を選ぶ際に普通科高校を選ばなければなりません。普通科高校なら大学進学を目標に授業を進めてくれるからです。実業高校から大学を目指す場合は個人の努力が重要でした。
私の工業高校でも「大学に進むなら勝手にやれ」といった雰囲気を感じました。
数少ない、大学進学した同級生が社会に出て成功したかと言えば、社会に出てからは「ただの人」でした。
あまり大学に行っても意味が無いのでは、なんて思ってしまいました。

しかし、現在は猫も杓子も大学に進学しないと「普通でない」という時代です。
もっとも、私の時代も学校でも社会でも「普通」が大変に重要な時代でした。「個性」などと言うものは厄介な代物でした。普通、平凡、が尊重されました。

戦後の教育方針も「普通」が大変に重要だったのでしょう。
「会社」に入って「普通に雇用される」ことは素晴らしいことでした。
ある意味で学校教育は「良い会社員を育てる」、もっと言い換えると「素直に雇用される普通の人」を育てるのが目的と云っても良いのでしょう。
そんな時代でした。

そんな時代に育った私には住み難い社会でした。
今、思えば大人しそうな私でしたが、内面は個性的な厄介な人間だったと思います。
普通の事が嫌いでしたから。何しろ変わったことの好きな人間でした。

社会に出てやりたい仕事というものは有りました。何故か「電子工学の技術者」でした。
小学生、中学生の頃に「不思議なもの」に大変興味を持っていましたので、電子という働きに自然と興味を持ったと思います。しかし、頭が悪く勉強は大嫌いでしたから希望の道に進むのは大変なことでした。勉学も好き嫌いが激しく好きな事には寝食を忘れ、嫌いなことには見向きもしない。
高得点の学科と零点を取る学科に分かれたのです。

高校進学は、どの学科も平均して点数が取れないとダメだと、担任の先生に嫌というほど言われましたが、言うことを聴かない困った学生だったのです。
専門学科の成績だけでは専門学校に進学が出来ないのです。
つまり、好きなことだけやっていては通用しないのです。「普通が最高」なのです。

今となれば「好きな事を極めて飯が喰える」のです。もっと言い換えれば「専門バカ」が最高なのです。でも、こういう「専門バカ」は普通の事は苦手に成りやすいので注意が必要です。
しかしですね、ノーベル賞を採るような研究者や博士も「専門バカ」ではと思います。こういう人たちが居るからこそ社会も成り立っていくんですよね。
普通の人達の寄せ集めでは進化が停まってしまうのでは。

私は高校卒業後に「普通の会社に普通に勤め」ましたが、どの会社も長続きしませんでした。
気に入ってやる気満々の会社は倒産し、安定成長の会社は面白くなく辛かったです。
やはり変わったことが好きな人間だったのです。今、欽天四化紫微斗数で私の適職を診れば「B/D-C」タイプです。変わったことが向いていると云えます。
「普通が一番」の時代に普通でない事が向いている人はアウトローです。生き難い時代です。
でも、この世の中、みんな普通だったら困るのではと思うのです。普通の人がやるのが苦手な事を「普通でない人」には出来たりするのですから。
社会は様々な個性の人が居てこそ成り立つと思います。そこが戦後教育の間違ったところなのでしょう。

鑑定相談に訪れる人の傾向は「普通の人でない」というと語弊が有りますが、普通な事が苦手の人が多いのも傾向と思います。運命も普通でないから苦労が多いですし、波乱の人生を歩んでくれば平凡が何より良いと感じるものです。

仕事を選ぶ時も「普通」をあまり意識しなくて、自分は何に没頭出来るか考えてみるのも良いと思います。でも、自分は何が好きか判らないという人も最近多く相談に訪れます。
好きな事が判らない、言い換えれば好きな事は無い、こういうのは、本当は成功し難いかも知れません。好きな事になら夢中にも成れますし、少々の困難も乗り越えてもやろうとする気持ちになります。
好きでも無いことには夢中に成らないでしょうし、困難を乗り越えてまでやろうとはしないのではと思います。
もっとも仕事は好きでなくても、金になるなら夢中に成れる人も居ますから。
仕事の内容はともかく、一円でも多く稼げる仕事に魅力を感じる、そんな人も居るのです。
それはそれで大いに結構と思います。

私の時代は一円でも多く稼げる事に価値観が有ったような気もします。
戦後の復興の時代だったのですから。

私の身内も仕事を選択する時、そういう傾向に価値観を持っていました。ですから、私が好きな事、趣味などを仕事にしようとすれば「ふざけてる、不真面目」そんな風に思われたものです。
そんな周囲の思いに振り回され「普通の仕事」に励んで来たのですが大変でした。

今は、好きな事を仕事にしているので、辛いということは無く成りました。それで生活が出来るなんて幸せです。好きなことですから、人様が「大変なことをよくやるよ」と思われても本人は嬉しいのです。
自分の価値観を人に押し付けないのも大切と思います。人は様々、その人に合っていることが最高と思います。

ちなみに周囲に振り回される人の命盤は、遷移宮と命宮が特徴的です。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

事故に遭いやすい人、遭いにくい人の検証

事故に遭いやすい人、遭いにくい人の検証…

本文に入る前にお知らせです。

■ 宮 立命 (静岡市)のSkype の変更について
これまで二種類のIDでSkypeを使用していましたが、それは不都合が多かった為の二種類の運用でした。この度はアプリのアップデードが成されて不具合が解消されました。そのため一度ログアウトする必要が有り、二種類のSkypeでログアウトしました。そして再びログインしましたが、当初より使用していましたSkypeのみ運用されることになりました。
今後使用する Skype IDは以下のIDになります。

kaya19511

このIDに友達登録されている方は以前のまま会話、メッセージの送受信が出来ます。
上記以外のIDに登録されて居る方は、申し訳有りませんが、メッセージなどは受信出来なくなりました。お手数ですが「kaya19511」へ再登録申請をお願いします。

多くの方々には「LINE」に登録頂いてたいへん便利に交流をさせて戴いています。
LINEは便利な手段で今後も大いに利用して行きたいと思っています。
その一方、SkypeはLINEより安定した通信が確立しています。鑑定やレッスンにはSkypeを推奨します。
なお、お願いですが、LINEもSkypeも登録時にニックネームでは誰なのかが判りませんので、本文にお名前を添えて戴けると幸いです。


◎ 事故に遭いやすい人、遭いにくい人の検証
さて、本題に入ります。
私は命術の仕事が専業になる前には、デイサービス(高齢者通所介護サービス)の送迎車の運転手をしていました。その前には様々な高齢者介護施設で介護士の仕事をしていました。

この話は、介護士を引退して送迎の運転手を専門にしている時のお話です。

私のディサービス事業所には、私を含め三人の送迎ドライバーが居ました。
皆さん三人共それぞれに個性の有る方でした。私は、内面はせっかちですが、外面はおっとり型に観え優しい人でした!? 星曜は「太陰(旺)太陽(生)」

Aさんは物静かで余計なことは言わない人でしたが、芯はしっかりした真面目なタイプです。星曜は「天相タイプ」

Bさんは、・・・? あまり詳しいことは書きにくいので星曜で記述します。
Bさんは、「廉貞・天府タイプ」としておきます。

それで、今回のテーマは「事故に遭いやすい人、遭いにくい人の検証」ということですので、この三人の遷移宮に着目しました。

まず私は、命宮にも遷移宮にも凶星と云われるものは有りません。遷移宮は無星曜です。ただし、遷移宮から命宮に「流出忌」が有ります。命宮には「生年化権星」も有ります。本質は気の強いものが有るのですね。

Aさんは、命宮が「天相」、遷移宮は「紫微・破軍」です。遷移宮には「陀羅」が同宮です。

Bさんは、命宮は「廉貞・天府」で遷移宮は「七殺」で「生年化禄星」同宮です。

これだけの判断でも遷移宮が優位なのはBさんです。


Aさんの容姿はおっとりした風貌で口数は少ないですが、言う時はしっかり意見を言う人です。徹底してマナーを守る人でもあります。基本的に人に優しい人でもあります。

Bさんの容姿は如何にも廉貞と七殺を連想させるお顔です。見た目は怖そうですが性格は一見穏やかそうですが、内面は簡単には人に従わない強い自我を持った方と云えます。遷移宮に生年化禄星ですから人には好かれる人です。付き合いやすいという面を持ち合わせているのは徳だと思います。
人には好かれますが、プライドも高く人に対しては好き嫌いがハッキリしています。


では本題に入りましょう。
私の勤務していたディサービスでは、時に職員の人員が不足する場面も有り、送迎時に送迎ドライバーの数だけ送迎車を出せない時もあります。
そんな時は、送迎車を2台に減らし送迎ドライバーの1人を添乗員として乗車させて送迎に向かいます。送迎ドライバーが添乗員になるのは交代制とドライバー間で取り決めていました。
三人のドライバーはそれぞれに交代で組み合わさるようになっています。

私もAさん、Bさんそれぞれに運転する送迎車の添乗員に成る機会は頻繁に訪れました。
其の時には、私は紫微斗数の仕事をしていましたから、外出運を検証するのには絶好のチャンスと捉えしっかり観察をしていました。


私の運転は急発進、急ブレーキ、急ハンドルはやらない穏やかな運転に心がけています。当然安全運転に徹しています。それは過去に相手からぶつけられる事を多く体験していたからです。
私からぶつけたことは皆無ですが、よくぶつけられる側になります。しかし、命術を仕事にするように成ってからの事故は皆無です。免許証もゴールドです。それは紫微斗数のお陰です。

Aさんの運転も私同然に穏やかな運転です。安全運転の見本と言っても良いでしょう。性格は運転に現れると云えます。

Bさんの運転は大変に個性的です。
急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキは日常ですから、添乗員といえどもシッカリ両手で掴まっていないと振り回されるような状態になります。利用者さんは文句を言いませんが黙って乗っています。
裏路地の狭い道路でも「ぶっ飛ばす」という表現がピッタリの走行をします。運転中に他の車への文句がBさんの口から漏れます。正直言ってBさんの運転は怖いというのが、私も含めて他の職員の統一した意見です。しかしメリットも有ります。それは送迎時間が誰よりも抜群に早いと云うことです!?(これ良いのかな?・・・)
やはり性格が運転に現れると云えます。


しかし、ですね。送迎時の事故などの問題がゼロなのは「Bさん」です。
逆に模範的な「Aさん」は、急な飛び出しや、マナー違反の相手との事故が時々有る傾向に有ります。

私はもちろん事故は無しですが、送迎時の運転でヒヤヒヤは日常です。でもシッカリ安全運転(過剰な注意)のお陰で事故には至っていません。

約三年に渡って検証をしました。
其の結果から次のようなことが云えます。


Aさんの場合、Aさんは飛ばさないなど安全運転に注意していますが、「運悪く」交通規則を守らない相手と遭遇する機会が多く事故に成りやすい、それ故に常に相手が違反をするという想定の元に運転をするのが良いでしょう。

私もAさん同様に100%相手の違反でぶつけられています。そのため今では、常に相手は交通規則を守らないという前提で運転しています。こちらが優先道路でも相手は一時停止を無視してノンストップで交差点を通過するという前提で居ますから、常に徐行や時には必要以上の安全確認をしています。

ではBさんはといいますと、添乗員で同乗して感じたのは、まず100%に近く裏路地でも飛び出す相手が居ないということです。
私などは、常に誰かが一時停止しないで目の前を通り過ぎるから、裏路地はヒヤヒヤしながら走ります。Bさんにはこうした相手が皆無といえるほど無しです。
過去にも事故に有った経験は無しだそうですから、運の良いと言うのはラッキーですね。
これほどに運が良ければ、自然とぶっ飛ばしても安全と思ってしまうでしょうね。

ですから、Bさんが私やAさんの送迎車に添乗するとイライラするそうです。結果的にBさんは添乗員に成らなくなりました。添乗員に成るのは、私とAさんでした。まあ仕方のない結果です。

ただし、ここで注意しないといけないのは、運の良いBさんでも、この先の遷移宮の悪い時期が巡る時にはヤバイことに成る可能性は有ります。これまでの人生ではラッキー続きだっただけに一旦事故が起きれば大事故も想定出来ます。

残念ながらBさんの将来の流年運は鑑定していません。幸運を祈るばかりです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

出生時刻が不明の場合

出生時刻が不明の場合

紫微斗数は「出生時刻」で運命を分析しますから、生まれ時刻が判らないと手も足も出ないという事になっています。
そして、以下のようなご質問をご相談者様から寄せられました。この手のご質問はよく有ることです。出生時刻の解らないご相談者様は、私の所に依頼される方では30%程は生まれ時刻不明です。特に50歳以上の方に多いです。しかし、50歳以上の方は人生経験が豊富ですので逆に生まれ時刻の特定は容易になります。厄介なのは平凡な人生の方の時刻は探し出すのが大変です。波乱の人生で有れば有るほど時刻は容易に探せます。


『宮立命さま  おはようございます。ご質問ですが教えてください。

①命盤作成時、生まれた時間がわからない場合は、どうしてますか?
例:曖昧に朝方や夜中とわかっている場合

お答え:生まれ時刻が解らない場合は、紫微斗数の特徴として命宮や遷移宮の星曜(主星などの種類や副星の吉凶)で人相の傾向が出ますので、対面ならば顔を観れば参考になります。また話をしながら性格の傾向を推測することも可能です。ただし、これらにはある程度の鑑定経験が必要です。次に「新飛星派の紫微斗数」は流年(巡る運勢)が正確に現れる特徴を活かして、過去の出来事で辛かった事、超嬉しかった事、大変だった事などの年月を思い出して貰って、それらが符合する命盤を探す事でも正確に時刻を推定出来ます。特に、朝方とかお昼頃など、時間帯が特定出来る場合は楽に時刻を探すことが可能です。
そうやって探し出した時刻で命盤を作成し、向心力や自化を書き込んで、性格や物事の傾向を照合したり、今現在の悩みがこの年月に命盤に出ているかも観ることが重要になります。

およその時間帯が全く解らない場合は厄介です。何故ならば生年月日によっては、同一傾向の命盤が同じ生年月日の日に時間帯によって複数現れる場合が有り、これは特定するのが面倒なります。その場合には、例えば三種類の命盤が出来たとすれば、それぞれについて流年の出来事や人生傾向を照合する必要が有るからです。
メール鑑定や電話鑑定では、お顔が見えない、或いはご相談者さんの雰囲気が観えないなど、時刻の推定は面倒になります。それでも数多くの過去の出来事と時期を教えて貰えれば手間は掛かりますが時刻は推定可能です。



②生まれた場所が他市や他県の場合の時差を細かくみる場合はどうしたらよいですか?
例:沼津市

お答え:生活している場所と生まれた場所が違う場合は、すべて生まれた場所の時差を用います。つまり今住んでいる場所は命盤には関係ないということです。
生まれた場所の時差で命盤を作成します。
これはインターネットに簡単に日本中の時差を検索できるサイトが有ります。
URLは下記の通りです。
http://www.gero3p.sakura.ne.jp/files/jisa/maesetu.html

重要なのは時差を考慮した場合に「刻限の変わり目」に成る場合は、刻限の前後で二種類の命盤を作成し、実際に対面しながら性格や容姿、これまでの出来事などの話を聴きながら、正しい命盤を特定することが重要です。

同じ生年月日の場合、人生傾向は似てきますので注意が必要です。
プロの占い師でも案外にこれを気にしない占い師が多いですが、出来事の的中率は低くなります。』


LINEのご利用のお薦め

LINEのご利用のお薦め

宮立命(静岡市)のLINEには2つのIDが有ります。
どちらのIDへコメント戴いても連絡が出来ますが、IDによって以下のように使い分けて居ます。

■タブレット専用のID miyasan1951 です。
こちらは、在宅専用です。

■スマホとパソコンのID miya19511 です。
こちらは、外出時の連絡が出来ます。
私のスマホの電話番号:080-5121-4209 を貴方様のLINEをお使いのスマホのアドレス帳に登録頂くと自動的に私のLINEにも登録されますので直ぐにLINEでのご連絡が出来ます。

LINEの便利さは、メールと違っていちいちアドレス帳から宛先を探して入力する手間が掛からない、用件を入力する必要がない、添付ファイルや写真、図面などを、いちいち添付ファイルする手間を掛けずに送信することが出来ます。
どうぞ、宮立命(静岡市)の LINE ID を登録なさってお気軽にお問い合わせ下さい。

※ お願い
LINEにニックネームで登録されて居る方が一般的ですが、登録の際に一言 氏名を送信して戴けると光栄です。よろしくお願いします。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

ストーカーに遭う人、遭う時

ストーカーに遭う人、遭う時

これまでにも幾度か女性から、ストーカーされる悩み相談を受けることがありました。
女性なら誰でも皆、ストーカーされる恐れは有るのか?

これは命盤を観るとある程度は予測が出来ます。それはストーカーされる女性の命盤には一定の傾向が観られるからです。ストーカーの程度にもレベルが有りまして、いつも何処に行っても、様々な男性からの視線を感じる程度から、電車やバスでいつしかいつも同じ男性の視線を感じるとか、あるいはホームで電車を待つ場所を変えても知らないうちに、いつもの男性が見える所に来ていて視線を感じるなど。

電車やバスを降りて歩いて家に向かう時、距離を取りながらも家まで従いて来るとか。
何気なく窓のカーテンの隙間から外を観ると、いつも同じ男性が家の近くに居るのが見えるとか。
夜帰宅し一階のアパートの部屋に戻って部屋の灯りを付ける前にベランダ側の窓のカーテン越しに窓の側を通り過ぎる男性らしき影が映るとか。

アパートの部屋に戻ってドアの鍵を施錠した後に、しばらくして外から誰かがドアノブを静かに廻してドアを開けようとするのが分かった、など。ゾットしますね。

休みの日に部屋でのんびりしていたら、アパートの鉄のドアの所で何か小さな物音がするので、そっとドアの所を観てみると、ドアノブがゆっくり回るのが観えた、でも鍵が掛かっているからドアは開かないけどヒヤヒヤ! 忍び足でドアスコープ(覗き窓)の所に行ってドアの外の様子を観るが誰もいない。不気味・・・。
でも、もし知らない男性が居たら? それは駅でいつも視線を感じる、あの男性!
ひゃー、ですね!

こんな経験は有りませんか。

いずれにしても怖いですねえ。

ストーカーから重大事件に発展する例はニュース報道でもよく聴きます。
一方的に好きになられて、後を付けられ、家まで特定されて監視される。本当に怖いことです。
このような加害者は、最悪は部屋に忍び込んだり、ベランダの洗濯物を盗んだり、ドアの外のゴミ入れを漁ったりする場合も有ります。究極は殺人にまで及ぶ場合も有る訳です。

一方的な恋愛感情から、女性を独り占めにしようと思いこむのです。仮に恋人が居た場合には、その男性の恋人を邪魔者と感じて、自分の恋人を奪われるような妄想を抱く場合もあります。

結論的に言いますと、ストーカーされる女性には、それなりの原因が女性の側にも有ります。これは命盤に現れています。女性なら誰でもストーカーに遭うわけでは無いのです。

心配の方は一度、鑑定されてみるのも良いかも知れません。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

自分のことは自分で

自分のことは自分で

紫微斗数は巡る10年、1年、月ごとの運勢が正確に判る優れた命術です。
それをもっと気軽に活用出来たら有り難いですね。

一生の傾向や人生で何に気を付けたら良いのか、自分の長所や適職は、といった基本的な事や命盤の詳しい分析には紫微斗数の詳しい知識と経験が必要になりますが、巡る運勢の吉凶は比較的に難しい理論を学ばなくても鑑定出来るようになります。一定の法則を学べば良いのです。

プロの紫微斗数の鑑定師の方に鑑定して貰えば、一生涯の人生を俯瞰して知ることが出来ます。
自分はどんな方向を目指せば良いのか、人生の早い時期から何に気を付けていれば有意義な人生が送れるのか、といった事は専門的な知識と紫微斗数の様々な理論を知らなければ成りません。しかし、人様の鑑定をするのではなく、自分の巡ってくる様々な運勢の吉凶を知るだけでも対策は出来るものです。

プロの鑑定を受けても毎年、毎月の様々な吉凶の傾向を教えて貰うことは容易では有りません。それは鑑定が難しいのではなく、手間が掛かるのでお客様の要望通りの年毎、月ごとの運勢を詳しく調べだすのが大変だからです。いわゆる「運勢表」を作成して貰うのには基本的に高額に成らざるを得ません。
でも、この「運勢表」をご自分で算出が出来たら、これは幾らでも詳しく自分で作成出来るので便利です。

占い師へリピーターで通う人もいらっしゃいますが、費用も馬鹿になりません。これまでにも鑑定に来られた方の中には月々に何万円も注ぎ込んでいる方もいらっしゃいます。
そういう方は、ご自分で紫微斗数の「巡る運勢鑑定法」を学ばれると良いでしょう。
「自分のことは自分で!」ということですね。一度この鑑定法を学べば人様のことを占う事は出来なくても、ご自分の巡る年月の様々な吉凶は判るようになります。
例えば、この先の財運の良い時期は? 仕事のチャンスが巡るのは何年何月? 健康が悪化しやすいのは何歳? などと自分で調べることが出来るようになる訳です。
こんな話をすると占い師は儲からなくなってしまいますが。
占いを勉強始めた頃に教室で聴いた話は、占いで儲けるのにはより多くのリピータ(占い依存症)を作ることだ、と聞きました。
私はそれには馴染めませんでした。困っている人から搾取することになってしまいます。
最近は詐欺に騙された人を救済すると言いながら更に騙す詐欺師も多いので困ります。

昨夜見た民放の「占いは当たるのか?」というバラェティ番組で多くのコメンティターが占いに対する誤ったコメントをされていて残念に思いました。コメンティターの占いに対する感想は「単なる統計学と言葉の巧みさ、どちらに転んでも当たったと思わせる話術」というものです。
これでは詐欺みたいなものじゃないですか。
そのコメンティターの方々は余程にデタラメの占い師に遭遇したようです。悲しいことです。

運命の波動

運命の波動

紫微斗数の得意とするものに、人生で訪れる運命の波を詳しく分析出来ることであります。
下記の表は、ある人の太限(10年運)と直近の年毎の良し悪しを、12の宮で示される出来事ごとにまとめたものです。太限は70歳代まで観てあります。

画像


この方の場合は、常に良し悪し(吉凶)が同時に巡ることが特徴になっています。
このように吉凶がタイミングよく同時に巡る人は時々いらっしゃいます。
現象としては、良いことだけが起こることが少ない割には、悪い時期でもラッキーな事があったり、という感じになります。幼少期から、このようなパターンで出来事が起こっているので、ご本人は人生とはそういうものだなあ、と感じて居るのではと思います。
私の場合は逆に幼少期、中年期、壮年期まで低運気でしたので、他の人達を見て自分は、どうしてこんなに運が悪いのだろうと羨ましく思いました。しかし、晩年になって幸運期が巡りだしたので、改めて自分は幸せだなあと強く感じる訳であります。

吉凶が同時に巡らない場合は、良い時期には幸せと感じます。しかし、先に幸運期が巡る人は、その幸せを当たり前として感じているので幸せなどとは思わないようです。そして後半の人生に成って真逆の人生に「まさか、この歳になってこんな事になるとは思ってもいなかった」と嘆く人に時々お会いします。
苦労が先に巡った人は、たとえ残った年数は少なくても「私は幸せだった」と思えるようです。
よくいわれる「終わりよければ全て良し」が最高ですね。

一生の運命の波動が先に分かっていれば、ある程度備えることは可能と感じます。
実際に私自身も現在は備えるように行動はしています。ただ難しいのは、例えば◯年◯月は奴僕と財帛で大凶なので気を付けなければと思っていても、その凶の出来事が発生する時期が命盤に現れているのであって、つまりその凶の出来事が発生するのは、青天の霹靂のような状態で発生することも有るということです。つまり凶の出来事の原因は、それ以前に起こっているということです。◯年◯月に奴僕と財帛が凶だったのならば、それ以前の半年前、あるいは1年前に原因が有るということを常に念頭に置かなければなりません。
また、奴僕と財帛の凶は何を示しているのかという分析も出来ていないと対策も取れません。
同僚や、ちょっとした知り合いなど、誰かに誘われて投資話やお金を貸してあげたりして、それが時期到来の時に相手が破綻、あるいは騙すつもりで行方知れずという事もあります。

命盤の元の財帛宮や奴僕宮に問題が有る場合は、その人の一生の財運において、金銭の貸し借りで問題が起きやすいという傾向が判ることも有ります。そういう方は、このように奴僕、財帛の運勢が巡る時には、誰かから「直ぐに返すから少しお金を貸して欲しい」と言われても止めておいた方が良いのです。しかし言葉を信じて貸してしまうと運勢通りになってしまうようです。

財の損失という「必定」が財帛宮に有る場合は、人生の何処かで必ずや大きな財の損失が起こる訳ですが、その時期を紫微斗数で知った場合に避けれるか、というと「必定」の場合には、金の無心をしてくる相手が親しい人で断ることが出来ない場合とか、簡単には止めることが出来ない事情の上に起こる事が多いと感じます。

出会いなどの場合には、結婚式の時期や入籍の時期が現れることは有りません。出会う時期が現れます。ただ出会って1年以内に結婚した場合には出会いと入籍は一緒と思えてしまうでしょう。この出会いの時期は夫妻運の吉ということで現れますが、吉凶が同時に巡る人の場合には、出会い=良くない相手、という場合が多いです。その結果は出会いが多い(桃花性が強い)のに交際が長続きしない、あるいは結婚しても苦労させられ、離婚、再婚を繰り返すなどになります。
夫妻で吉凶が同時に巡る人は、悪い相手と出会いやすいので、よくよく相手を確かめる必要があります。このような命盤の人は衝動的に結婚すると必ず失敗するようです。
では、どうすれば相手を確かめられるか、というご質問もよくお受けします。出会って少しばかり付き合っても、相手の良し悪しは分からない場合も多いです。外面の良い相手ならなおさらです。それを解決する究極の方法は、相手の生年月日、出生時刻を聞き出せれば紫微斗数で相手を調べてしまう方法です。これなら相手の人生を丸裸に出来ます。隠れた性格や個性、問題も見抜くことが出来ます。更には相性も判ります。神様は相性の悪い人を好きになるように、シナリオを考えて居られるようですので、結婚運の悪い人は自然のままでは、命盤通りの悪い相手と出会う確率が高くなる訳です。

以上のように、命盤からその人の一生の出来事の吉凶を分析する能力が高い紫微斗数を、人生航路のツールにしたいものです。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

トップは孤独

トップは孤独

先日鑑定に来られた女性のご相談で気付いたことです。

その方は命宮に様々な星が集中しています。生年四化の「化禄星・化科星」が有り、多くの人からの助力も得られる方でした。兄弟宮に生年「化権星」と「自化権」入り、結果的には対人関係の問題も出ていました。

この方は、もう50歳ほどに成りますが、過去を振り返って頂くと多くの人の助力に恵まれてきたと、感想を述べられておりました。しかし、同時にこれまでの悩みも対人関係でした。

画像


現在は、会社の事業所を任されるほどのトップの座に就いています。武曲の女性は基本的に負けず嫌いで頑張り屋さんです。同僚などとも群れるのは好まないのも武曲の特性ですが、しかし、この女性は「貪狼同宮」です。貪狼は社交の星でも有る故に、武曲の女性と云えども皆とワイワイするのが大好きでした。
特に親しくなった友人とは何でも話せて盛り上がる傾向です。しかし、そこに落とし穴が有りました。命宮と兄弟宮が「自化権」で串聯しています。職場の同じ管理者同志で盛り上がるのは良いのですが、必ずや人間関係で問題が起こって来ました。特にプライベートなお付合いが始まると亀裂が生じていました。そこが人生の悩みでもありました。

親には問題も有りましたが、職場の上司には引き立てられることが多かったとご本人も実感されていました。兄弟宮の対人関係に起こる問題の根源は、「妬み・競争心」が原因と私は気付きました。つまり、この女性の場合人縁は良好ですが、兄弟宮の関係では問題が起こるのです。
容姿も個性的で命宮の「紅鸞」の長所が現れていました。来因宮も「兄弟宮」ですので、桃花傾向も強いです。つまり「可愛い容姿」です。しかし、やはり基本は「武曲の女性」ですから気性は相当に強いのです。日常は親しい同僚とワイワイ盛り上がりますが、そこに落とし穴がある訳ですから、妬む相手は、この女性の人縁に嫉妬感を持ちやすく、また無意識な言動に相手は「ムッ」となるのです。まったく悪気が有っての言動では無いのですが、相手にして観れば面白くないのです。親しい友人故に「兄弟宮の自化権と生年化権星」は「上から目線」を相手に感じさせてしまうようです。兄弟宮と命宮が「自化権」で串聯しているので、同じ職場の同僚と親しくしたいようですが問題も常に起こるといえます。

過去の対人関係の状況を「流年の鑑定」で調べますと、特に「兄弟宮」が大凶に成ることが多かったと云えます。奴僕には問題は有りません。
職場の対人関係の問題で精神的に疲弊しきってしまい健康面でも常に問題が起こっています。
一見、「兄弟宮」ですから職場の対人関係には問題は起こらないと観えますが、実は職場の同じ管理者同志で何でも話せる関係になると、必ず問題発生「必定」で亀裂が生じ永遠に関係が壊れてしまいます。親友のように成っているが故に落胆も大きいと云えます。

私はアドバイスとして「職場の管理者同志とは親友に成らないこと」とお伝えしました。ワイワイしたい気持ちは判りますが、今後は仲良くしても心の中を打ち明けるようなことはしない、何気ない一言が「上から目線」の印象を相手に与えるので、親しい相手にも「一目置く」ことを心掛けるようにとお伝えしました。しかし、この女性の本質は社交性が強く、親しくなるのは早いので、いっその事 職場の同じレベルの管理者とは仕事上の付き合いだけにした方が良いとも、お伝えしました。
寂しいかも知れませんが「トップは孤独」を肝に命じること、ともお伝えしました。

命宮が「武曲独主」なら、それほど寂しさは感じないようですが、やはり「貪狼」が同宮すると違うようです。
しかし「武曲・貪狼」は頑張り屋さんですから、過去の仕事が大凶の時期でも辛いと思ったことは皆無だそうです。むしろ暇になると鬱になってしまうようです。常に追われるような忙しさが快感のようです。うらやましいですね。

私は命宮「太陽・太陰」で福徳宮「生年化禄星」ですから趣のある人生を楽しみたい方ですから、メッチャ忙しいのは閉口します。暇が欲しい方です。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

幼少期の田舎で観た光景

今から60年ほど前の事です。
私の実家は山梨の田舎でした。家業は貧しい農家でした。
山間の少し開けた所に50戸ほどの家が有りますが、私の家は田んぼの中にポツンとある、そんな所でした。周囲に他の家も有りますが、一番近い家でも数百メートルは離れています。
農家ですから庭は様々な農作業が出来るほど広さがあります。その庭の片隅に鶏を放し飼いにしていた網の囲いの小屋が有りました。その小屋は畳12畳ほどの土間で、その中に卵を産める鶏たちが20羽ほど放し飼いにされ、自由に飛び回っています。昔の事ですから、今のようにケージと言われる鶏の個室のような飼育方法ではありません。まさに共同生活です。

ある日の昼間、私は一人遊びも飽きて鶏小屋の中を覗き込んでいました。
元々、卵を採るために鶏を飼っていますので全部雌鳥でした。卵は勝手に地面に産み落とす仕組みでしたので産卵された卵は早く採取しないと他の鶏が突いて食べてしまいます。
私は土間の何処かに卵が産卵されていないかジッと観察していました。

そんな風に鶏たちの行動を眺めていると、時々群れがワッと騒がしくなり何羽かの鶏が激しく飛び交うので、どうしたのうだろうと私は鶏たちの行動を観察し始めました。
観察をしていると、一羽の鶏を巡って騒ぎが起こっていました。
その騒ぎの中心の鶏は他の鶏よりも小ぶりです。しかし立派に成鶏ですが体が少し小さく、性格も何処と無く大人しそうです。他の鶏たちは積極的に餌を喋み水を飲んでいます。
その小さな鶏は餌も遠慮がちに喋んでいます。他の鶏が餌箱に居る時は遠くで見ています。
他の鶏たちは数羽で一緒に餌箱の餌を喋んでいますが、小さな鶏は誰も居なく成った隙きに餌箱の餌を喋みにやってきます。何で遠慮するのだろうと、私は不思議な思いで観察していました。

遠慮はしていてもお腹は空いて居るのでしょう、小さな鶏は我慢が出来なくなったのか、他の鶏が餌を喋んでいる最中に、そっと餌箱に近づき餌箱の餌を喋み始めました。2~3回餌を喋んだかと思ったら、一緒に餌を喋んでいる鶏が突然に小さな鶏の頭をクチバシで突きました。
小さな鶏は慌てて餌箱から逃げ去りました。
それでも、しばらくするとまた餌箱に近づき餌を突き始めました。するとまた、一緒に居る鶏が小さな鶏の頭を数回突きました。羽ばき飛び退いた小さな鶏に、今度は他の鶏が突っ突きかかり、小さな鶏は「ケッケ、コッコッ」っと悲鳴を上げて小屋の隅に逃げて行きます。

そんなことをしばらく続けて居た後、徐々に小さな鶏の周囲の他の鶏たちが集団で追い回すようになって来ました。走って逃げ回る小さな鶏に更に他の鶏たちは連鎖反応もみたいに襲いかかり始めます。まるでイジメのように観えます。

私は母親に呼ばれて鶏小屋をしばらく離れましたが、30分ぐらいして鶏小屋に戻ってみました。
そこには凄惨な光景が有りました。あの小さな鶏は頭や顔が血だらけになっています。そして先程より激しく集団で何羽もの鶏に襲われていたのです。私は鶏小屋の中に入り小さな鶏を抱いて外に連れ出し、個室の網の中に入れました。

何日かして小さな鶏の傷は治りましたが、集団の小屋に戻すと再び激しくイジメに遭いました。
仕方ないので母親に話して個室で飼うことにしました。当時は何故その小さな鶏が執拗にイジメに遭うのか不思議でなりませんでした。

あれから60年、紫微斗数の仕事をするようになって、あの小さな鶏が何故イジメに遭うのかが、人間のイジメのご相談を多く受けるようになって理解出来るようになりました。

小学生のイジメ。大人になっても社会で活躍出来なくなる人。

その原因に、ある共通点が有ると感じました。

人間も動物なのだなぁと思います。


その理由の一つが、他の鶏と違うことが有ること。それは身体が平均的に大きくなかった事、性格が弱かったこと、であると思いました。

動物の世界では、基本的に強いものが生き残るという鉄則が有るのでしょう。これは生物学的に当然の事と思います。強い個体の遺伝子を残すのが動物世界の原則なのでしょう。
動物の交尾もそうです。強い雄が雌を射止めるのはテレビでも観る光景です。たとえ弱い雄が雌と交尾しそうに成っても強い雄が現れると、雌をめぐって奪い合いの争いをして、弱い雄は立ち去る光景を観ます。しかし、人間には動物に無い高等の脳が備わっていて、弱肉強食の動物的思考は無い筈です。むしろ強い者は弱い者を助けるという事が人間に備わった素晴らしい性格と思うのですが、最近の人間は動物化し始めているのかも知れません。

何故に子供がイジメに遭うのか?
鶏の行動から観えたことから思うのに、最近の人間社会では弱い者、大人しい者、何か他と違う者に対して動物的な行動に出るようになってきたと感じます。

Blogの過去の記事にも何回も書いてきていますが、幼少期の親により心に傷を受けた子供は普通の子供のように振る舞えなくなっていて、何処か皆と違う傾向が有る。そういう子供が虐められ始める。あるいは容姿が普通でない、何か欠点が有る、そういったことに成っているのではないのでしょうか。

幼少期は心も傷付きやすく、イジメに遭えば更に薄皮の心は傷付いてしまいます。
その傷は大人になってからも様々な心の問題となり、人生を狂わせていると強く実感しました。

人は進化どころか、心は動物に成っていっているのかも知れません。
「不思議な記録」に生まれ変われば動物に成る、というお話が何度も登場しますが、そういう事が既に現実に起こっていると実感しています。
画像

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

逮捕された・・・

朴槿恵 元大統領が逮捕されたと今朝のニュースで知りました。
昨年(2016年11月24日)に朴槿恵 元大統領が逮捕される重大な状況は彼女の命盤に現れていましたが、それでも万に一つ逮捕は無いのではという期待もあった。
彼女が政権から退くと日韓関係や米韓関係に悪い影響が想定され、北朝鮮の暴走、さらには中国を巻き込んで東アジアの情勢は一気に不安定になることが懸念される。

日本は安倍さんの問題で内輪揉めし、お隣で起きている深刻な事態はそっちのけ、我利我欲の籠池森友学園理事長のことで躍起に成っている。安倍さんの今年の運勢は悪く、政局が乱れ仮に野党が政権を取ったとしても、過去の民主党のように日本を運営していく実力に乏しく、第二の韓国になりそうだ。まさに今のヨーロッパやアメリカのように日本も落ちぶれるのは困ったものだ。

過去記事:”韓国の朴槿恵大統領の命盤” 今後の推移は?

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

何かの祟かな?

<何かの祟かな?>

「何かの祟かなあ?」と思われて居る方が時々いらっしゃいます。
様々な体調不良などの健康問題、それに合わせるように次から次へと関係のない試練や艱難辛苦の出来事が発生することって有りますよね。

実は私も30歳代の10年間、本当に何かの「祟なのかなあ?」と思う事が次から次へと起こり、大変な時期でした。先ずは私の健康問題、それを追うように母親が倒れ、両親の健康問題が起こり、大工の父親に事業の店舗を建築して貰っていたので、それも中断。自営をしていた時期ですから有給休暇も無く、仕事を休業にしなくては成らなかったです。半年間も休業を下敷きも有ります。さらに泣き面に蜂という言葉がピタリのように、仕事のことでブラック顧客に詐欺に遭い大きな資金を失いました。この時期は「やること成すこと」すべて裏目に出ていました。何故、こんなに苦しめられなければ成らないの? と思いました。
「私は何か悪いことでもしたの?」と自問自答しました。何かの祟なのかなあと本気で思いました。
心配する両親は新聞広告で見た「T易断出張鑑定」を勧めてくれました。父親と一緒に期間限定の「T易断出張鑑定」を受けに会場のホテルまで行きました。

鑑定費用は30分で2万円でした。さらに鑑定結果は「先祖の祟りなのでお祓いを大至急しないと貴方は直ぐに死にます」という結果だった。驚きましたが、少し違和感を覚えた父と私は1週間以内にお祓いに来ますと、その場を取り敢えず後にしました。
そのお祓いの費用というのが、何と『100万円』でした。結果的に私は、そんなお金の余裕が無かったので「死んでも構わない」と諦めました。父親も「死んでは困るけど、大丈夫か?」と心配してくれました。
あれから36年、私は一度も死んでいません。50代の太限の非常に悪い時期に死にたく成ったことは有りましたが、その後はいわゆる貴人の出現で救われました。
そして、占いの世界に入り、改めて自分の過去を分析すれば、その「泣き面に蜂」の30歳代の運勢は「健康・仕事・家庭・父母・財運・奴僕」と大凶とも云える時期でした。元々生まれ持った運勢の艱難辛苦の時期の真っ只中で有ったのです。何かの祟でもなく元々に定まったシナリオの中に居ただけなのです。
あの時に「T易断」に高額の金銭を騙されるところでした。その「T易断」の静岡の拠点の人間は、詐欺で近年に逮捕されましたが、奴僕(人に)金銭を騙される運勢の時でも有ったのです。幸いに100万円を騙されずに済んだのは幸いです。

ご相談に訪れる方々の中には「何かの祟ですか?」と云われる方がいますが、命盤に出来事が現れているのなら、祟でも何でも無いのです。ただ、シナリオ通りに出来事が起こっている時期なのです。元々この時期に起こるべくして出来事が起こっているだけです。こんな時には「祟りです」なんて言われたら、大概の人は心配になるでしょうねえ。このような人は「飛んで火に入る夏の虫」です。気を付けましょう。

しかし、人生のシナリオとは人によって、同じ時期に次から次へと試練がどっと押し寄せるように成っている事があります。こんな場合には、「そういうシナリオに成っているんだ」と知るだけでも、少しは気が休まります。原因不明になるからこそ不安は募るばかりということに成るのだと思います。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

安倍晋三さん

安倍晋三さん

画像


安倍首相の初めての内閣「第一次安倍内閣」は、2006(戌)年10月、54歳。

太限54歳、太限官禄は「化禄星・化忌星・頑張る化権星」が入り「大吉+中吉」ではあるが「大凶」でもあった、こういう時に始めたことは「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」ということと思う。
年運では「化禄星、化科星」入り吉祥であったので2006年は良かったと云える。
だが、この太限および年運は「福徳宮」は悪く暗雲は垂れ込めていたと云える。

2007年(子)では太限、年運ともに「子女宮」は凶で松岡利勝農水大臣が議員宿舎内で、首を吊って自殺、早くもケチが付いた。

実はこの太限の安倍さんの疾厄宮も悪く、2007年の疾疫も凶であった。
『元々の本疾厄宮が消化器系・過労に弱い傾向で、そして幼少期5~24歳までの太限でも凶意の強い時期であった』

2007年8月5日、広島平和記念式典に行く前日に胃と腸に痛みを感じ、食欲の衰えを感じるようになる。
この頃から月運でも精神面、健康面悪化が始まる。

8月19日から8月25日のインドネシア・インド・マレーシア3ヶ国訪問後は下痢が止まらなくなり、症状は次第に悪化し始めた。しかし、慶應義塾大学病院の主治医によると、(17歳のときに発症したという)潰瘍性大腸炎の血液反応はなく、機能性胃腸障害という検査結果であったという。

9月10日からの臨時国会で自衛隊へ給油が継続できなくなった場合は、内閣総辞職することを公約した。この間も安倍さんの健康状態は好転せず、体調不良により APEC の諸行事に出席できない状況となり、晩餐会前の演奏会を欠席した。

9月12日、内閣総理大臣、自由民主党総裁を辞任し急遽記者会見も行った。
この月は健康運も大凶であった。

そして
2012年(辰)58歳、太限は変わりD55、疾厄宮も吉祥に変わった、だが太限福徳宮は吉祥になったが大凶も引っ付いている状況なので油断は出来ない。
この太限は子女宮が比較的良好なので、党内の助力は多いとみえる。
この年の官禄宮は多少は難は有るが吉祥とみて良いだろう。
また、年運の夫妻宮も良好なので婦人の助力もOK、だが2016年の夫妻宮は気掛かりに成り、2017年には年運で大凶に成るので、婦人のことで何か問題も起こりそう。

2017酉年、年運の奴僕宮は凶、子女宮も心配な状況、官禄宮も凶であり、福徳宮も悪い、まさに正念場の1年に成るだろう。

2018戌年には太限が変わる。
この太限は「丑の宮」に入り、辛苦の太限に成ると感じる。
健康面も心配だし、精神面でもしっかりしないと成らない、第一次安倍内閣のようなことは避けたいと云える。太限官禄宮は「吉凶」の混濁なので波乱の10年と成りそう、まさにこの太限も「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」と云える。

2018戌年の官禄も「吉凶」混濁で波乱は避けがたいと感じる。しかし子女宮、奴僕宮は良好に成るので、この追い風を上手く利用できれば難関を切り抜けるだろう。

問題は2019亥年だろう、精神面でも辛くなりそうだ。
しばらくは大変な時期が続き、乱気流の中の飛行は余儀なくされそうだ。
精神力で乗り切れるかが重要な時と云える。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

未来が変えられる仕組み

未来が変えられる仕組み

Blogの過去記事で繰り返しているかも知れませんが再度、投稿します。

鑑定の時にはご相談内容に応じて、今現在なぜ辛いのか、その原因も命盤をお見せしながらご説明します。
一通りのご説明が終わりましたら、ご質問以外にも10年運(太限)で診る人生傾向をご説明します。
まだ20歳、30歳の方でも40代、50代、60代と何に気を付けなければ成らないか、良いことは何かをお話します。その時、多くの方々からのご質問で多いのが「命盤に有る未来は変えられますか?」というご質問です。
私は、「未来に向かってのシナリオを何も知らなければ、命盤の通りの人生を多くの方々は歩んでいます」、そして「変えることはある程度可能です」とお答えしています。実際にこれまでに多くの中高年の方々を鑑定して、つくづく「シナリオ通り」の人生を歩まれていると実感しています。
このような事を言いますと反論も有るかと思いますが、実際に過去の出来事と時期に命盤と素晴らしい整合性が有ります。これは紫微斗数を鑑定されている方なら実感されている筈です。

これまでの人生で「自分では最高の選択肢を選んだつもり」で皆さんは行動されてきました。と、言うことは不思議な事ですが、命盤のシナリオに成るように、皆さんは知らず知らずに人生の岐路に置いて、さらに迷いに迷ってもシナリオどおりに成るように思考されているんだなあと感じます。
でも、鑑定時に命盤に現れている未来のシナリオを知った場合には、多少なりとも今後の行動は変わりシナリオどおりでは無くなるのではと思います。しかし、この命盤のシナリオどおりに成らないようにするのには強い意思が必要と思います。また、自分の思考だけでは変えるのが難しい外から降りかかる災難や発病に関することは、その時期到来前から注意を怠らないようにする必要もあります。

では何故、未来は変えることが可能なのか考えてみました。その例えを以下に記述してみました。
それは山歩きに例えてみると良いと思います。
行ったこともない山に登るのには普通は地図を事前に調べ装備を整え、行程に相応しい計画を立てます。
しかし、もし地図も無い状態で山に登ろうとするのならば、その山にはどんな道が有るのか判りません。行ってみなければ何も判りません。実際に山の麓まで行って登山道らしき道を見付けたとしても、その道がこの先どのように成っているのかも判りません。取り敢えず道を進むしかありません。もし難所や崖崩れが有って通り抜けが出来なかったら引き返して別の道を探す事に成るでしょう。仮に引き返して別の道が有るのなら良いのですが。
でも、人生は引き返すことは出来ません。人生には「時間」という絶対的に動かせない物の中で、私たちは行動しているからです。戻ることが出来ないのなら、崖崩れを越えて行くために崖を大きく迂回することに成りますが、そこは道らしき道は、無いかも知れません。さらに道から外れれば藪の中を進まなければ成らないかも知れません。大変な苦労を強いられることになります。

もし事前に地図を見ていたら、最初から崖崩れの有る道は選ばすに、遠回りでも、凸凹道でも、そちらを選んで行ったでしょう。まあ、冒険心旺盛の人なら逆に好んで崖崩れの有る道を選ぶかも知れません。

下に山登りの図解を示しました。
地図を観れば、「崖崩れ」と表記が有りますが、地図を見ていなければ、見た目に良い道を誰でも進むでしょう。
山登りは行って難所が有れば引き返すことも可能ですが、人生は絶対に後戻りは出来ません。


人生の地図とは「紫微斗数の命盤のシナリオ」です。先にシナリオを知っていれば、この先に気を付けなければ成らない時期と出来事を知ることが出来ます。
シナリオを知らなければ、出来事が起こって考えることになります。でも、その時になって変えようと思っても変えられなく成ることは多いです。もっと数年前、数十年前から変えてないと間に合わないことも有ります。
その時に成って変えられない出来事だったら、もうそれを受け入れて、その先の人生を考えて行動して行くしか有りません。
画像


画像


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

巡る運勢の形

巡る運勢の形

「運が良い、運が悪い」ということを云われることがありますが、運の良い、悪いとは?

一口に運と言っても、実際は様々な運が巡っています。
たとえば、仕事運といえば勤務先で良い部所に配置転換になったとか、取引先から良い契約が得られたとか。
上司からの評価が良くなり昇進したとか、この場合は紫微斗数で言えば「上司の運」つまり「父母宮」が良好の時期と云えます。「取引先から良い契約がとれた」のなら、仕事運に「遷移宮」もプラスして良好とも云えます。

異性との出会いが期待出来るのは「恋愛運」の良好の時で、紫微斗数で言えば「夫妻宮」が良好の時期です。更に言えば、対人関係が良好の時期で「奴僕宮や遷移宮」が良好ならさらに好機と云えます。

思わぬ収入が有ったり、給与が昇給したなら財運が良好の時期です。仕事に関わる収入が多くなるなら「仕事運」も良好の時期であったりすることも多いです。

この他に家庭や家不動産などを表す「田宅運」や精神的な運勢を表す「福徳宮」の運勢も有ります、「福徳宮」は満足度を感じる度合いや寿命に関わる運勢を診ることも出来ます。
健康度合いは「疾厄宮」が示す病気や体調が有ります。

このように一言に「運」といっても様々な運勢が違った周期で人生を巡ります。
もちろん関連した周期で巡る「仕事運と財運」も有りますが、これも時には周期がズレてしまう巡り方をします。そういう場合は、仕事は順調なのに出費が非常に多いとか、仕事が多く多忙にも関わらず収入は少ないといったことにもなります。

昔の神社の御神籤みたいに「今年は大吉」と一括りには云えないです。
幾つもの運勢が様々な周期、時には同時に巡って居ると云えます。
次に健康、寿命に関する運勢がどんな形で巡っているのか一例を図式で示してみます。

■健康・寿命運勢の形

画像


上図に示したものは「健康・寿命」の巡る運勢の例です。矢印は一生の人生の長さを示し、矢印が長いほど寿命も長いと思ってください。途中に有る「黒丸」は健康問題の節目が巡る時期と思ってください。
黒丸が大きいほど大きな健康問題が有るとみてください。
真ん中の人生は、あまり大きな健康問題もなく矢印も長く長寿の人生です。
一番上の人生は多少大きな健康問題は人生で訪れますが、乗り越えれれば高齢まで問題なく生きられますが、高齢になって大きな健康問題が訪れ、矢印も他の人生よりも短くちょっと短命と云えます。
一番下の人生は、人生の早い時期に非常に大きな健康問題が訪れ、これが乗り越えれ無ければ寿命は早く終わってしまいます。しかし、この大きな健康問題を乗り越えれば、その後は長寿と云えます。

このように寿命一つを観ても、誰でも人生には何回かの健康問題は訪れるものです。しかし、紫微斗数の命盤は大きな試練が早くに訪れることに成っていても、その後の人生も125歳ぐらいまで誰でも出来ています。
ですから寿命は「絶対では無い」とも云えます。ただ、一番下の人生みたいに早期に大きな試練が巡るとその時に寿命が尽きてしまうことは多いです。しかし頑張ったりして何とか超えられれば、その後の人生も続くと云えます。

この図のように人生は健康以外にも様々な節目を持って巡ってきます。
この節目がいつ訪れるのかは紫微斗数の命盤から読み取れます。ただ、読み取れるといっても、命盤を一目見て判るものでは無いのです。しかし「欽天派紫微斗数」ならば「必定」という法則で「大きな節目が有る」ということは判ります。欽天派の必定が無い場合も巡る運勢の条件の組み合わせで「大きな節目」が潜んでいることも多いです。「隠れ節目」は、ちょっとのことでは見付け難く、新・飛星派の「流年看法」に沿って細かく調べなければ成りません。この細かく調べるのは手間の掛かる作業です。

大変に手間が掛かりますが、一生に巡る様々の運勢の節目を調べ出す事は可能です。調べ出して一覧表にすることも可能です。それを調べ出して一覧表にしたのが下図の「運勢表」です。

画像





★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

春に鬱が多い?

春に鬱が多い?


私の田舎では昔から「木の芽時」といって春先に鬱や精神的な変調をきたす事が多いと言われてきました。確かに私も知的障害支援施設で支援員をしていた頃にも、春先には利用者さんが不安定に成ることを多く体験しています。

春先の「占い相談」でも、ご相談内容の原因に「精神的な不調」が多くみられます。
仕事が辛くなった、職場で嫌な思いをする、周囲の人の目が気になるようになった、外出ができなくなった、などです。このような場合に紫微斗数で診てみますと、確かに「官禄宮、奴僕宮、遷移宮、福徳宮、疾厄宮など」の太限(10年運)や年運で凶意が強まる時期になっています。
しかし、誰でも春先に精神的な不調になる訳ではなく、紫微斗数で診るとおり原因が現れて居る人だけです。太限で凶意が強い期間に入っている人は、1年運も悪い数年そんな状態が春先に起こったりするようです。

その原因を医学的に知りたくてネットで検索してみると「春鬱」でたくさんの記事がヒットします。でも、どの記事も「だろう」的で具体的な脳科学的な説明に欠ける感はいがめません。
これでは「占いは科学的根拠が無い」と科学者が言うのと一緒です。
医学的に「春鬱」を解説しているサイトで多い傾向が「季節の変わり目で寒暖差が大きいから、転職、転勤、入社などの出来事が多い時期だから、引っ越しなど環境の変化が多い時だから」、など書かれていますが、イマイチ説得力に欠けます。
環境の変化は不調になるキッカケの要因では有るでしょうけど、やはり根本的な原因が有るからでしょう。その部分には触れられていません。そこが知りたいのですが、結局は占いといっしょです。

紫微斗数では「元々、生まれ付きの命盤に鬱傾向」の有る人が、精神的不調になる期間に差し掛かって、しかも太限(10年運)、1年運や月運で精神的不調の象意が重なる時に症状が出ます。では、命盤で何故そういう期間が巡る時に発症するのかは判りません。つまり医学と一緒です。そして原因は判りませんが「こういう時に発症する」としか言えないんです。
ただ、医学より良いのは、生まれた時にすでに何歳ごろに、そういう事が起こるかが判る点です。医学では「発症して初めて判る」のです。

これは紫微斗数の方が一本ウワテでした。

-------------------------------

紫微斗数ランキング


------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


別れの多い出会い

別れの多い出会い

前回のブログ記事の続きになりますが。
鑑定、ご相談に訪れる方々の別れや離婚に関する事で統計的に観てみますと、一定の法則が有ることに気付きます。
「別れやすい出会い」、このような事が云えます。離婚相談(恋人との別れも含む)に訪れる方の、その時の運勢を紫微斗数の「流年鑑定法」で観ますと、もれなく「活盤夫妻宮」が太限、あるいは流年、流月で「凶」になっています。でも、離婚届を出す日は命盤には現れません。離婚するように感情的に悪化した時期が「凶」として現れます。
前回のブログ記事では「吉凶が一緒に巡る出会いは別れる事が多い」という内容でした。
今回は、そのような時期に出会った出会いはいつ別れやすくなるか? ということで説明してみます。命盤の構造上、出会った時期の反対側などに巡る年月が差し掛かると出会った頃の象意が再び現れ易いと云えます。これは紫微斗数の命盤は「対宮の影響を強く受ける」という大原則が有るからです。「吉凶一緒」の時期に出会うと、命盤の反対側に時期が巡ると出会いに凶現象が出現してくると感じます。
もちろん出会う時にも「吉凶一緒」ですから、交際に結びつかない出会いも多い訳ですが。
それまで誰かと交際していた場合には、その人と別れが訪れ、新たな出会いということも有ります。その内容は別れた後の出会いで有ったり、それまでの交際中に別の出会いが有り、「乗り換え」のような別れと出会いに成る場合もあります。
不思議なことですが、命盤にそのような状態が有ると、命盤の持ち主は命盤の持っている傾向の行動をすると感じます。当然、その相手となる人にも同じ傾向が命盤に有ります。さらに出来事が起こる時期も、関係する二人は命盤に一緒に現れています。
やはり「偶然の出会いなど無い」ということではと思います。偶然と感じていても、実は必然的に起こるべきして起こる、言い換えれば最初からストーリーが出来ていたとも感じます。

これは過去記事にも何度も書きましたが、仲良し夫婦の死別にも云えます。配偶者の「死期」が夫婦二人に現象として生まれ持って命盤に現れている事です。しかし、これを命盤で発見するのには二人が交際、あるいは結婚してから鑑定して気付くことなのです。
出会う前には、何処のどなたと出会うのかが判らないからです。出会った二人の命盤を突き合わせて初めて判ることなのです。言い換えると、同じストーリー(時期も一緒)を持った二人が必ず出会うとも云えます。こう考えると出会いも含め、人生で起こることは「前世から定められていた」と感じてしまいます。私は霊感も無いし、前世も来世も観たことも無いし感じたことも無いのですが、多くの鑑定を通して嫌でも思い知らされる事でも有ります。

画像


------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

常に「吉と凶」が一緒に巡る命盤

常に「吉と凶」が一緒に巡る命盤

紫微斗数という命術は、巡る時期の吉凶が詳しく判ると知られていますが、特に「新・紫微斗数」と言いましょうか、近年、芦屋の「田中宏明先生」によって日本に持ち込まれ、まだ一部の紫微斗数の命術家にしか伝わっていない鑑定法ですが、巡る10年運と1年運、さらには月ごとの運勢が正確に読み取れることで知られ始めました。

この「新・紫微斗数」(以下、単に紫微斗数と記す)で命盤上の巡る運勢の吉凶を調べると、宮の「十干」と「飛星法則」の関係から、どうしても「吉と凶」が常に一緒に巡る命盤が有ります。
これは珍しいことではなく、ハッキリ統計を取った訳では有りませんが、3割ぐらいの確率で有るのかなと感じます。もしかしたらもっと多いかも知れません。
私の命盤もそういう事になっています。
特に命盤の「子の宮~卯の宮」は「十干」が二回ずつ繰り返す構造になっていますから、巡る運勢の時期が「子~卯」の宮に差し掛かると凶の場合には、嫌なこと辛いことの繰り返しが起こるという事になります。
もちろん「吉」なら、有り難いことが繰り返されることに成りますが。
これは本当の事です。私の命盤にもこの状態が有るので、過去を振り返ってみると「何故だろう?」と当時は不思議に感じましたが、理由は運勢が繰り返される時期を巡っていたのですね。
しかも「吉と凶」がセットに成って巡るのは厄介です。

では、実際にはどういうことが起こるのか実例を上げてご説明します。
私の場合、「吉凶」が同時に巡る時の記憶に強く残っていることとして、先ず出会いです。女性に出会えても長く交際を続けることが出来なかったです。吉凶が同時に巡る時は吉で出会いは起こりやすく、凶で問題を秘めた出会いに成ると感じました。つまり、長く交際するには問題が起きやすい相手と出会うのが「吉凶同宮」と言えると思います。では、このような場合はどうしたら良いのでしょう? それは、吉が有るので出会いは多くなると感じました。しかし、問題の多い相手との出会いとも云えます。ならば、出会う相手をよく知ることです。出会う相手と次から次へと交際してしまう人も居ます。

鑑定に来られる方で「美人」の女性で、男性問題で悩んでいる方が時々います。その方の命盤を調べますと、桃花はもちろん強い命盤ですが、巡る運勢で「吉凶同時」になっていました。
このような方は、当然、男性からのアプローチは多くなります。凄いのは結婚していることを知っている同僚から誘われることも有るほどです。言い換えると、女性の方にも原因が有るのですが、「スキがある」のです。或いは「スキが有るように観える」です。このような場合には、気を許していると男性から付け込まれて来てしまいます。優柔不断にしていると断れない状況になってしまいます。これが上司からの誘いの場合も有ります。上司からの誘いは断るのが厄介です。何故なら邪険に断ろうものなら、パワハラ、嫌がらせ、最悪は左遷など不遇な部署へ配置転換される事も有るのが現実です。そもそも、このような職場はブラックと言っても良いでしょう。
しかし、このような厄介な「桃花性」を持った女性は行く所、行く所でこのような嫌な目に遭いやすいのも事実です。

ご相談の中には「何度も出会いは有るけれど永く続かない」、これも「吉凶同時」に巡っています。大概はロクでもない異性との出会いで苦労して別れるようです。この「ロクでもない相手」を選ばないように、「吉凶同時」の人は相手を見抜く能力を養うことです。あるいは簡単に一線は超えずに、相手を観察することです。それは悪い相手に出会う確率が高いからです。相手から近づいてくる異性には要注意です。大概そういう男性は「釣った魚には餌をやらない」です。釣るまでの過程をゲームのように楽しんでいるのです。釣れたら、もう次の女性に目が行くようです。モテる方は要注意です。

では、財運で「吉凶同時」が巡っていると、どうなるのかといいますと、収入は多くなるけど、それに見合うように出費も増えることが起こる、といえます。

仕事運では、仕事が増えて(場合によっては収入も増える)も辛くなる、という事や、出世昇進して責任や仕事が辛くなる。健康運も悪い場合も同時に起こっている場合も有ります。

遷移宮では、事故に遭ったけど車は大破したが怪我は皆無か少なかった、という例が多いです。
或いは、社会的に活躍出来るようになったが、問題も多かった等です。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


対人恐怖症の原因は・・・

対人恐怖症の原因は・・・

紫微斗数での鑑定を通して、「対人恐怖」になってしまっている方々の、その原因が幼少期の両親に有るという高い確率を強く感じています。
そして、その対人恐怖に日々悩み、家に引きこもり、30~40歳まで過ごしてしまって居るという悲しい現実に遭遇するたびに心が痛みます。
では、その30~40年を何もしないで過ごして居るのかと思えば、そうでは無いのですね。皆さん精神科や心療内科、あるいはカウンセリングを長期に受けているのです。カウンセリングは高額の費用が掛かるようです。また精神科や心療内科の治療の効果も無い方が多いのも実情です。こんな事を言っては、その分野の方に大変に失礼なのですが、医療機関では薬によって不安症状を抑えるぐらいしか出来ないのも事実のようです。

私が知的障害支援施設で支援員をしていた頃、毎月施設内で勉強会が行われていました。その時のことを思い起こせば、現在の医学では心の病や知的な障害の本当の原因は解明出来ていない、ということでした。殆どの医療機関では「対処療法」、つまり症状を抑えるだけのことしか出来ない、と教えられました。医学が進歩すれば根本的な心の状態を治療出来るようになるのでしょうけれど。

紫微斗数の鑑定、ご相談に、このような悩みで訪れる方は多いです。

このような悩みの原因が医学では判らなくても、紫微斗数の「命盤」には原因が現れているから摩訶不思議です。何千年も前に出来た「紫微斗数」という命術に、すでにこのような症状の原因が解明できる理論が完成していたとは驚きです。

これらの「対人恐怖」の原因を診る宮は「命宮・兄弟・父母・福徳・奴僕」などに現れます。
さらに、その対人恐怖の波及効果として「官禄・財帛・疾疫」にも及ぶことも多いです。それは対人関係に辛辣な状況が起こっていれば、仕事も出来なくなるし、結果的に収入も無くなる、更には健康にも影響するということです。ただし、親の加護などが有れば、財帛宮や疾厄宮には問題が無い場合も有ります。

対人関係の原因が親に有るのに、親の加護が有るというのは、ちょっと矛盾するようですが、幼少期に親と子供の関係で問題が有り、対人恐怖に陥っても、その子が成人年齢になってくると親も精神的に変わり、幼少期の時のような接し方を子供にしなくなるからです。
むしろ親は「何故、うちの子は、こんなに成ってしまったんだろう?」と不思議がります。その原因が、親の自分に有るとは夢にも思っていないのです。
さらに厄介なのは、子供自身も辛い幼少期の事を思いっきり心の奥に封印し、蓋を固く閉ざしていますから、「何故、私は対人恐怖が起こってしまっているのだろう?」と、当の本人も、その原因に気付かないで悩み続けて居るという事です。

カウンセリングする場合も、その原因を知らないと適格な対応が出来ないのではと思います。時々、プロのカウンセラーさんも鑑定相談に訪れる事が有ります。その悩みというのは、「自分のクライアントの事がいくらカウンセリングしても判らない」という悩みが多いです。

カウンセリングとは、原因を相談者さんの話すことから推測して行くという過程を辿っているからでしょう。そこへいくと「紫微斗数」では、相談者さんに会う前から「命盤」で悩んでいることが観えますし、原因も「命盤」に現れて居ますから、あとは相談者さんに対面して傾聴し「命盤」の内容を確認しながら、命盤に現れている原因に、自ら気付いて貰えるように導いていく事になります。決して、こちらから原因を相談者さんが気付く前に指摘することはしません。しかし、原因に向かえるように問い掛けはします。

「お母さんと、お父さんは、その時は、どんな様子だったの?」

「お父さんがお酒を飲んでお母さんに暴力を奮っていたです」

「その時、貴方は、どんな気持ちになったの?」

「怖くて震えながら泣いていました」とか・・・。
相談者さんは、このような強烈な状況を一切思い出せれないことも多いです。普通なら強烈なことは記憶に有る筈ですが、心の防御本能なのでしょう、思い出すまいと封印してしまっている状況です。

しかし、幼少期の事を話して貰うことに寄って、硬い土を楊枝でポロポロ崩すように思い出して、そのうちに土石流の如く一気に幼少期の辛かったことが吹き出します。
40歳の年齢でも、目を真っ赤にして泣き出す女性も多いです。泣きながら当時の辛かったことを訴えるのです。そんなに辛かったことなのに固く封印して、じっと我慢し続け、心の奥深く強烈なストレスを抱き続けて来ていたんですね。これでは「人が怖い」と本能的に感じても不思議では有りません。

解決への早道は、悩みの原因を他人に指摘されるのではなく、自ら気付き自覚する事と思います。悩みの原因を自分で理解出来れば解決は早くなります。

現在の社会は家庭崩壊が増えて、若い両親も夫婦間のストレスが多く、そのストレスを気付かないうちに、幼い子供にぶつけているというのが一番の原因と感じます。

また昔はお婆ちゃんなどから子育てを伝承されたものですが、現代はそのようなことは無くなり、子育てに悩む若いお母さんが増えたのも大いに、その原因になっていると感じます。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

インターネットの勧め

インターネットの勧め

紫微斗数鑑定を本格的な生業にして4~5年になりますが、当初は知名度も「ゼロ」でしたので「ヤフー知恵袋」で活動を始めました。
当時のヤフー知恵袋の「占い」では紫微斗数での回答者は皆無でした。
その時の私は、紫微斗数の鑑定法は三合派を基本とした、今とはまったく異なる「飛星法の流年鑑定」をしていました。しかし、その飛星法はキチンと教室で数年に渡って学んだ鑑定法でしたが、イマイチ結果に悩むものが多かったのです。
その悩みを解消するために、台湾の紫微斗数のホームページやブログを観ては知識を広めていました。また、東京の「鴨書店」で台湾の紫微斗数の本を何冊も取り寄せて調べたりしました。

ヤフー知恵袋では、質問も回答もネットの「知恵袋」の掲示板に書き込むスタイルで、無料で回答するものです。初学者の私としてはよい実占の場でした。その前に、当時勤務していた会社で同僚や上司、代表者を鑑定して経過観察をしていました。
鑑定と経過観察は鑑定占術の向上には大切なことと思います。
知恵袋での鑑定で不便なのは、ご相談内容が一方的に書き込まれ、少ない情報から鑑定することでした。掲示板に回答者が足りない情報を催促(質問)する書き込みをして、足りない情報を補いながら鑑定するので、メール鑑定よりも手間が掛かります。
鑑定結果の回答も鑑定者が一方的に掲示板に書き込み、それを相談者が読んで、更に質問を書き込む方式です。何回もそれの繰り返しになります。相談する側も気長に構えなければ成りません。また、相談内容も回答も一般公開されていますから、個人を特定される内容は書き込めません。制約は多いのですが、それでも「占い」での相談は多いです。無料というのも魅力なのでしょう。

ヤフー知恵袋には「知恵袋マスター」と称する、それぞれのジャンルの回答者のベテランが居て、その回答マスターを指名することも出来ます。

いずれにしても、初めての鑑定のレッスンには良いのではと思います。
紫微斗数は初登場でも結構、的中していて評判になり、指名も増えたものです。

その後、知恵袋では様々な制約が障害となり、撤退しアメーバブログで投稿するようになった次第です。

最初はメール鑑定が中心で、知恵袋から乗り換えてご相談されて来る方も増え、有料にも関わらず全国から依頼が来ました。知恵袋で全国に知名度が上がったのは、ヤフー様に感謝です。

今ではメール鑑定はお引き受けして居ませんが、代わりに「Skype、LINE」でライブカメラで対面鑑定のように机上の命盤や図、手書き文字を写しながら会話をしながら鑑定を進めて行くことをしています。

ご相談者さんも、ご質問を自由にすることが出来ますし、鑑定する側もご相談者さんにお聞きしたいことをリアルタイムでお聞きする事が出来るので、電話鑑定よりも正確な鑑定や回答が出来ます。

ただ、一般の方は「SkypeやLINE」でカメラ映像と聞くと、ご相談者さんが自分の顔が鑑定する人に観えるのを嫌う方もいらっしゃいます。
鑑定する側とすれば、ご相談者さんのお顔の様子(人相)は大変重要な情報源なのですが、嫌な場合にはご相談者さんの方のカメラをOFFされてもOKとしています。

いずれにしても映像で示しながらご説明が出来るというのは重要です。「百聞は一見に如かず」と云いますが、その通りです。

電話では単一のご質問に答えるだけなら良いのですが、命盤に現れている様々なことを詳細にお伝えするのには映像は強みです。
「Skype」や「LINE」で映像を観ながら会話する方法をご存じない方もいらっしゃいますので、ここで説明させて戴こうと思います。

まず、ご相談者さんが用意する物は、いつも使っている「ガラ系」以外の端末機器です。
「スマホ」や「iホン」、「タブレット」、「パソコン」などで、LINEやSkypeがインストールされていればOKです。カメラは不要です。
意外と知られていないのが「LINE」をパソコンでも出来るということです。
「LINE」をパソコンで使用する場合は、ネットからパソコン用のアプリをダウンロード(無料)、インストールして、LINEが使えてる携帯端末から、パソコン画面のLINEにログインをすれば、パソコンでもLINEが出来るようになります。もちろんパソコンにマイクが有れば会話も出来ます。USBマイクは千円ほどで販売されています。最近のノートパソコンにはカメラもマイクも内蔵されている物も有ります。

SkypeはWindowsの標準アプリのように成っていますから、最初からインストールされている場合も多いです。

LINEもSkypeも、会話はもちろん、カメラ映像、様々なファイル、写真、動画なども会話しながら送受信出来ます。

ネットを有効に活用すれば、非常に効果的です。

今からの占い師は、ネットを使いこなす知識の優劣で大きな差が出そうです。ホームページも自前なら高額の費用を払う必要も有りませんし更新も自在です。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

過去の出来事が重要

過去の出来事が重要

紫微斗数という命術が最近にわかに脚光を浴びてきたと実感出来るようになってきました。それは、紫微斗数を中心に鑑定している私の所にご相談に来られる方の7割ぐらいの方が紫微斗数の基本的なことをご存知で驚きます。
「紫微斗数」という名前ぐらいは聴いたことが有ると話される方は2~3割ですが、残りの5割ぐらいの方は、「欽天派の必定」をご存知なのには驚かされます。やはり「田中宏明先生」の活動が確実に浸透広まっていると思います。また、その田中先生の門下生の方々がプロに成られ「欽天派」を広めている成果でも有ると実感しています。

私の紫微斗数の鑑定中でも、ご相談者さんから「ここのD-Dは大凶になるんですよね?」などと尋ねられるのです。もっと凄いのは「先生、この宮はB-Cがということに成るのでは?」と言われて、「あっ! そうですねえ、見落としていました。その条件が成立しますね」と私の方が教えられてしまう始末です。

でも、嬉しい事です。
紫微斗数鑑定を始めた頃は、「シビトスウって何ですか? 死人数のことですか? 死んだ人の数のことですか?」と、とんでもない質問をされることも有りました。
そういう時には、命盤の12宮の説明などから鑑定が始まりました。
鑑定に来られる方々からお聞きすることは、他の紫微斗数占いの占い師さんからは命盤も見せられたことが無いし、鑑定後に命盤を欲しいと言っても戴くことが出来なかった」というお話も、今でもお聴きします。
何故、命盤を相談者さんに見せないのか、何故差し上げないのかの理由は判りませんが、私は命盤の12宮の表す意味をお伝えし、ご本人の命盤をお持ち帰り戴きます。命盤をお持ち帰り戴くことは、命盤という不思議な物に興味を持って戴けるし、その命盤が「一生涯の運勢」を表していると事を知ることによって、人生の運命の不思議さに興味を持って戴けるし、「紫微斗数」という不思議な命術にも興味と理解が得られると考えています。

紫微斗数の最大の特徴は「生まれた時刻」で鑑定する事であります。世の中の「命術」には「生年月日のみ」で鑑定するものも多いです。四柱推命も時刻抜きの「三柱推命」で鑑定する事も多いと聴きます。
紫微斗数は「時刻不明」では「三柱推命」のような器用な事が出来ません。

そこで、「生まれ時刻不明」が一番困ります。しかし、紫微斗数鑑定に来られる方の3割ぐらいは「出生時刻不明」です。
出生時刻不明の場合は鑑定をお断りする占い師さんも多いと聴きます。
しかし、この「出生時刻」も鑑定経験を積んでくると不思議と命盤の「命宮と遷移宮」の星曜によって人相に傾向が有ることに気付くものです。人相などから鑑定する「観相術」というものも有りますが、観相術を知らなくても「常に研究心・探究心」を持って鑑定に臨んでいれば必ず、命盤に現れているものが人相にも反映していると気付く筈です。私の場合は「観相術」を学んだお陰で、この傾向に早く気付くことが出来ましたが、紫微斗数を学んだだけでも常に探究心を持って臨めば人相と命盤の関係が判ってくる筈です。

さらに命盤の「出生時刻」を特定するのに欠かせないのが、人相以上に「過去の出来事と年月の時期」です。正しい命盤は過去の大きな出来事と年月の時期が、「10年運・1年運・1ヶ月の運」に現れているという事実です。
紫微斗数は、それほど巡る年月の時期が正しく鑑定できる命術だからこそ、出来る凄技なのです。
つまり、この凄技を利用することによって、過去の出来事から「生まれた時刻」が見付けられるのです。

それ故に、母子手帳の出生時刻が絶対に正しいと確信が有っても、その時刻に出生地の時差を考慮しても、出来た命盤が正しくないということも、有る事を知っていた方が良いです。

出来た命盤が正しいかどうかは、過去の出来事を命盤で確認すれば簡単に判ります。もし、時期が大きくズレるとか、出来事が命盤に現れていないなどしていたら、時刻を一刻ほど変えて命盤を出してみる必要も有ります。

命盤に現れている出来事が合っているのかどうかは相談者さんのご協力が不可欠です。占い師には、其の方の過去などは知る由もないからです。あくまでも命盤を観て過去を知るのですから。
この時、ご相談者さんが素直に過去の出来事を話してくれると命盤の正否を素早く確認することが出来ます。ところが、正しいことでも素直に言ってくれない方が時々、稀ではありますが居らっしゃいます、そのような方がどんな人かは命宮を観れば判ります。「素直でない人・へそ曲がり・変わり者」と言われる人は命宮にある星が入って居ます。この変わり者の星がどんな星かは言えません。
だって、ご自分の命盤を観て不快に成られる方もいらっしゃるからです。
でも、この「変わり者の星」は上手に活かせば、人が考えないような事が考えられるので新発見、新アイデアにも繋がるのですから、毒も使いようで薬に成る訳です。
そのような命宮をお持ちの方は鑑定する側が、それを見越してお話を伺えば問題は無いのです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

ご無沙汰の昔の友はどうしてる?

ご無沙汰の昔の友はどうしてる?

2月16日より確定申告が始まりました。
私も早々に昨年度の所得申告を済ましてまいりました。私は昨年の4月まで給与所得との二足の草鞋でした。占いの収入は「超低料金」なので小遣い程度でしたので、申告に行っても「この収入でしたら申告に来られなくて大丈夫です」と勤務先の源泉徴収で済まされていました。しかし、昨年4月で勤務は辞めて占い専業に成ったためでしょう、今年に入って「確定申告用紙」が送付されてきました。
そこで、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」で入力し申告書を作成しました。やはり収入は増えていまして「納税」が発生していました。
占いは「水商売」と一緒ですから、決まった収入が得られるとは限りません。そのため今年は納税が発生しても来年度は分かりません。
しかし、占いを生業にしているのですから、来年の収入が如何かは予測が出来て当たり前です。「やってみなければ判らない」という訳には参りません。収入減少する運勢ならば原因も知ることが出来るのですから対策をし、少しでも平坦に成るように務めることになります。
仕事運は? 収入は? 原因は? 未来予測することによって、今年はどのような活動計画にすれば良いのか考えることが出来ます。
よく、他の占い師さんの生年月日などから同業の方々の今後の人生も観させて戴いていますが、占い師さんと言えども同じ人間ですから、巡る運勢の波を無視する訳には行かないと思います。皆さんそれぞれに予測して計画を立てられてると思います。

さて、私も今から5年ほど前までは専業会社員でしたので、一緒に働いていた同僚が居ます。しかし、最近すっかりご無沙汰の同僚もいます。
会社員時代に練習を兼ねて無料で鑑定してあげて、その時この先の健康運がヤバイ、という同僚に先日4,5年ぶりに連絡を取りましたら返信が有りました。「健康状態は如何ですか?」と聴いてみましたら、「宮さんに、あの時、鑑定して貰った時、正直ドキッとしました。大変に恐ろしくなりました」と返事が返って来ました。
それはどうしたのか? と聴いてみますと、鑑定してくれた時には会社も業績悪化で殺人的に忙しく、体調が良くなく心配になり、鑑定後に病院へ行ってみたところ、癌が出来ていて、すでに「ステージ4」であったとの事でした。
「宮さんが会社を辞めた後、私も会社を辞めて癌の摘出手術を受けたけど、転移が心配で現在も経過観察」だそうです。
普通「ステージ4」ということは末期に近い状態です。
彼女の命盤では健康運は4~5年前が最悪で太限も年運も「大凶」でした。
まだ予断を許さない時期です。お見舞いがてらに自宅を訪れ懐かしい想い出話をしながら、今後の傾向をお伝えし検診は怠らないようにアドバイスさせて戴きました。あの時の命盤の状態は「田宅・夫妻・官禄・福徳」などが大凶で、健康だけが最悪ではなく家庭も大変な状態であったそうです。今は全てリセットされ療養をしながら日々過ごして居られました。

その時、一緒に働いていた会社は、事実上は倒産で経営が別会社に引き継がれていました。
他にも一緒に働いていた同僚が何人か居ました。皆さんとはご無沙汰です。みんなどうしているのか気に成りました。当時鑑定した気になる同僚たちの命盤を引っ張り出し、今の運勢を調べてみました。其の中に宜しくない運勢の方が数人いました。
一緒に働いて居た時には、未来を約束されたような運気で会社内でも地位有る部署で働いていましたが、その後は転職し、転職先でも散々の事になり、今は連絡も取れないと、その人を知る友人の話です。命盤では精神を病んでいると思われます。試しにLINEしてみますが返信は来ることは無いし、「既読」にも成りません。やはりヤバイ事に成っていると気に成ります。

経営者の女性は美人の方でした。命宮は「天同・巨門」それに「紅鸞」も同宮し、桃花の強い命盤です。会社を創業した時の「夫妻・官禄・財帛・田宅」は飛ぶ鳥も落とす勢いの「大吉」でした。しかし、創業から10年後は太限も代わり、「大凶」に変わっていました。風の噂では会社社長から転落し、一兵卒の社員として働いているとのこと。人の運勢とは思わぬ変化をしていくものです。もっとも命盤に現れているということは、すでに定まっていたシナリオ通りになってしまったという訳ですが。
残念ながら、この女性経営者にアドバイス出来るような関係では無かったので、ただただ、お気の毒と同情するばかりです。

過去に多くの方々と関わって来ましたが、今はご無沙汰になってしまった方々、幸せに出来ている方は良いのですが、その後「まさかの人生」に成ってしまっている方には、お目に掛かれたらお会いしてお話が出来たらと思うばかりです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

生まれ変わったら?

生まれ変わったら?

先日、有名な俳優さんが亡くなりました。
命盤を作成してみました。命盤鑑定はあえてやりませんが、どのような人生だったのかは誰もがご存知と思いますし、ネットで経歴が詳しく閲覧できます。
ちなみに、お亡くなりに成られた、太限、年、月、日までピタリでした。
人は、生まれて来る時に定まった日時に、あちらに帰るのでしょうか・・・。

画像



今回は少し変わった事を試みてみました。数え歳76歳で「あちらの世界」に旅立たれました。今世で成すべきことは「業報因果」で観ることが出来ます。
■業=(カルマ)逃れることの出来ない辛いことは「家庭」の事のようでした。
■因=(前世からの持ち越しの縁)夫婦の事、結婚に関しての事のようです。
■報=(今世で行わなければ成らないこと)「因」が結婚で「業」が家庭で、「報」が徳積みということは、夫婦仲良く幸せな家庭を気付くための徳を積むことのようでした。
■果(得られる結果)子供に恵まれるということでしょうか。

この「業報因果」が果たせれれば、今世での成すべきことは完了ということになる訳ですし、業報因果に沿った生き方をされれば幸せに、精神的にも満たされた人生に成ると言われています。

では、ここで「あちらの世界」へ生まれ変わった場合の命盤を試しに作成してみました。亡くなった時刻が判りましたので、それで命盤を作成しました。

画像


仮に「あちらの世界」が有るとして、次回転生したならば、どんな人に成るのでしょう。このような試みは教科書にも有りませんし、本当のところは判りませんので私の我流ですので本気にしないでください。
私なりの解釈ですが、もしかして「女性」として生まれてくるのではと思ったりしています。
そして命盤を詳しく観ますと、何か世の中のトラブルを扱うようなお仕事をされるのかも知れません。
夫妻宮を観ると、配偶者に尽くす人のようです。離婚の象意が有るのが気になります。子供はまた必ず授かるようです。健康面の問題も持ち越しなのかも知れません。
家庭という問題も持ち越しかなと思います。
「業報因果」を観ますと。
■業=子供のことで辛いようです。
■因=仕事との縁は強く仕事人間に成りそうですが。
■報=結婚後の生活に尽くさなければ成らないようです。
■果=業報因果を果たせば、幸せな家庭が築けそうです。

今世のことは来世に持ち越しなのかも知れません。再挑戦という課題を戴くのかも知れません。
ご冥福をお祈り致します。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

ジェット・コースターのような人生?

ジェット・コースターのような人生?

この命盤の持ち主は非常に起伏の多い人生を歩んで来られました。
2回の離婚と3回の再婚、4回の破産と成功、そして最後は頂点に登りつめましたが、その後は如何なものか。
今まさに「乾為天」のような、満つれば欠ける、上昇極まりて下降、そんな事になるのではと思いました。

画像


外国の有名人ですが、生年月日は公開されていますが「出生時刻」などは難しいのですが、ネットを探しまくりましたら見つかりました。ただ、それが正しいのかは不明ですので、その「出生時刻」で紫微斗数の命盤を作成し、報道などから観える人物像で時刻を修正してみました。
ネットから得た「出生時刻」は、午前10:45が一番多いのですが、この時刻ではあまりにも人物像が合いません。そこで午前11時ならば、非常にピタリとします。
さらに、本当に命盤が正しいかどうかを、この人の過去の出来事と年齢、年月などを調べ、命盤で吉凶がピタリと合うのか検証しました。その結果は知り得た出来事は全て吉凶が符合し、この命盤で正しいことが確認出来ました。
過去がピタリと合っているのなら未来も合う筈です。

画像


そこで直近の危険な時期が有るのかどうかを調べてみました。
そもそも、このような命盤は危ない時期が有るものです。

2018年と2019年辺りが「意外」な災難が起こらなければ良いが、仕事運も「中吉」で大統領に成れたのでしょうけど、「大凶」でも有るので、大変な事が起こって仕事が失敗に終わる可能性も、さらに健康(肉体的)な凶意も強いのと、外出時の災難という意味も有るし、「福徳宮」が凶というのも、寿命に影響が有るような事が起こらなければ良いが、でも、それを望んで居る人達も居るのでは。あまり縁起でもないことを書かない方が良いかな・・・。
まあ、鑑定が外れる方が良いですね。でも、政権もこのままじゃあ困りますね。穏やかに政権交代が有れば良いのですが。ケネディのような事が起こらないことを祈っています。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

鑑定で気付いた心の状態

鑑定で気付いた心の状態

前回の記事で投稿した「霊感体質」の話です。
鑑定に訪れる方で、「何故か物事が旨くいかない」と訴えられる方が居ます。体調も優れなく病院に診察に行っても「何処も悪くはない」と言われたり、「原因不明」などと診断される場合も多いようです。心療内科や精神科を受診しても「原因不明」とか、「突発性・・・」などと訳の分からぬ病名を付けられ精神安定剤や向精神薬を処方されるそうです。しかし服薬しても効き目は無し、症状の改善は一向に無しだそうです。

こんな時、命盤を鑑定しますと「福徳宮」に問題がある場合が多いです。あるいは命盤に「霊感体質」を示す星星の組み合わせが存在しています。
過去の鑑定例で原因の特定に苦慮した方々の命盤を検証してみますと、皆さん似た傾向をお持ちです。命盤の特徴ももちろんですが、対面したり、お話をお聞きしていて気付くことが有ります。
皆さん一様に「マイナス思考」です。
さらに、両親のこと、兄弟姉妹のこと、友人や同僚のこと、自分の人生に関しても「強い憎しみ・恨み・妬み・怒り」を持っていました。このような心の方は一様に人生が旨く行ってないと感じました。もちろん当事者には言い分が有ります。
「人生旨く行っていたら怒りや恨みなど持たない!」とおっしゃいます。確かにそうかも知れません。私も物心付いた時から、「何故?」と思うことばかりでした。
社会人になっても「やること成すこと裏目に成る」、くじを引けばいつも外れ、当たりが一本しか入れてないのなら、外れを引く確率は高いのが当たり前。しかし、嫌な役目を決める時に「外れを一本」入れて置くと、その一本の外れを、私はよく高確率で引きました。不思議です。偶然とかランダムなんていう言葉は私には通用しませんでした。嫌な役割を決める時に「くじ引き」は止めてくれと言いました。順番制にして欲しいと頼んだものです。

小さい頃からこんな人生でしたから、私はいつの間にか幸運な人を妬み憎むようになりました。さらに些細なことでも怒りの感情が湧き上がったものです。短気で暴力的な性格になってしまいました。
神様も「いつも意地悪をする」と神様が居たら殴ってやりたいなどと考えてしまうように成ったのです。

他人から信仰を薦められ有名な新興宗教を転々としました。しかし「我利我欲」の他力信仰ですからご利益がある筈が有りません。
しかも「恨み・憎しみ・怒り」の心を持って幾ら祈っても神様が聴いてくれる訳が有りません。それどころか、悪いものがどんどん寄ってきて、さらに奈落に落ちていきました。遂には生きる目標も失い、生活も困窮し、自死を考えるようになったのです。

その後、不思議な出会いが有り、私は自分の過去の人生に大きな誤りが有ったことに気付きました。思いっきり悩み苦しみ気付かされました。怒りや恨みからは「何も生まれない」ということを知ったのです。

しかし、鑑定に来る方々の中で「怒り・憎しみ」の憎悪に埋もれてしまっている方には、いろいろお話はするのですが、なかなか受け入れて貰えないことも多いです。

「霊感体質」の方は原因不明の体調不良や病・難病に罹ってしまっている方も多いです。幸い私は霊感体質では無かったのか、そのような病気には成りませんでしたが、それでも憎悪に燃えている時期は、年中腰痛や下痢に悩まされていました。

今は、体調不良も有りませんし、憎悪の心は何処かに置き忘れてきてしまいました。人間が大好きになりました。
もちろん不安も消え、過去に苦労を掛けたり、不幸にさせてしまった方々に恩返しをしたいと思うようになったのです。

こんな気持になってからは、物事が順調に進むようになりました。
常に感謝の気持ちで溢れています。自然と笑顔にもなっています。
そして、過去の苦労は「有り難い出来事」として受け入れられるようになったのです。

「あの苦労が有ったから今が有る」と心の底から思えるようになったのです。苦労をさせて戴いたことに感謝している今日此の頃です。

怒りや憎しみからは、何も生まれない事を知って貰いたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

ホームページ更新(1月/17日)

ホームページ更新(1月/17日)

「紫微斗数の特徴」
下記、記事を追加しました。

◎その他に「霊感体質・霊媒体質」なども判ります。
霊感体質の人は常に心の浄化に努めなければ成りません。
何故かといいますと、霊的にバックドア(裏口)が開きっぱなしのような状態に成っているからです。霊の裏口が開きっぱなしですから通りがかりの浮遊霊が知らぬ間に心に入ってしまいます。しかし、浄化された心ならば浮遊霊や地縛霊など悪しき霊は入ることを恐れるのです。悪しき心を持っていれば寄り添うように憑依してきます。憑依された人は原因不明の不安感や体調不良に成り、病院に行っても原因不明、あるいは何処も悪くない、などと診断されてしまいます。
もちろん精神科の処方してくれる薬なども効かないのです。
霊感体質の人で「恨み。憎しみ」など憎悪の心になってしまっている人はパワースポットや霊場へ出向くのには注意が必要です。

http://miya-rithumei.com/shibi-tokutyou.html


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

ホームページ更新しました

ホームページ更新しました

「トップページ文章を更新」
紫微斗数で鑑定してみると、人は生まれながらに
人生のシナリオ(台本)、あるいは設計図を持たされて
産まれて来ていると思えてしまいます。
例えば50歳、60歳といった高齢の方々の鑑定してみると、
命盤のシナリオ通りに忠実に人生を歩まれています。
まさか! と思われるでしょうけど、本当の話です。

では、何故、人は一生のシナリオが定められて産まれて
来るのでしょう。私も最初は大変に不思議に思いました。
自分の人生は、自分で自由に出来ないのでしょうか?

誰もが自由にしているつもりですが。
自分で考えて進路を決め
人生の岐路では、それぞれに選択しているつもりです。
しかし、自由に選択しているつもりが、
実は、人それぞれに定められたシナリオに沿って
思考し選択している事実が有ります。

そう考えると、ここで疑問が湧いてきます。
最初から一生のシナリオが決まって居るのなら
何のために人は産まれて来るのか?

実はそこに、人がこの世に生まれてくる秘密が有るのです。
その目的とは?

人は産まれて来る時に、肉体という着包み(きぐるみ)を
まといます。この肉体はお母さんのお腹の中で最初は育ちます。
そして臨月に、独立した人として生まれます。
その瞬間から、その人の人生が、シナリオに則りスタートし、
様々なドラマが始まります。

そのドラマの内容は本人も家族も誰も知りません。
知っているのは「紫微斗数」の命盤だけです。
その「命盤」を解読する技術が「紫微斗数」です。
霊能力の有る人は、紫微斗数を使わなくても
人の人生のシナリオを観る事が出来ます。

では、そのシナリオは何処で設定されているのでしょうか?

それは、魂の世界(霊界)で設定され
目的を持って生まれて来ると云われています。

その目的は、佛学的にいえば「霊格を上げるため」です。
魂の修行の為とされています。

そう考えると人生に試練が有って当たり前といえます。
試練の無い人生は修行には成りません。

霊界から修行の目的を持って生まれて来るとなれば、
この世は全て修行の場です。

何兆人という世界の人口の人々が地域、地域で
関わり合い、「修行」というタイトルの
人生ドラマの役者を演ずることに成る訳です。

人生ドラマの登場人物には様々な役割があります。

お母さんの修行のためにだけ生まれてくる、赤ちゃんの役割。
辛いイジメという被害者の役割と加害者の役割。
そのイジメの場面を制止、咎める人の役割。

それらの役割には必ず、魂として善悪の判断をして
行動選択する余地が残されています。
つまり「アドリブ」が許されています。

アドリブが許されていますが、自然の思考では辛苦から
逃れたいという方向に行動しやすいように
思考傾向が設定されています。

その設定に逆らって正義の行動が起こせるかどうかが
この人生ドラマで試されていると思います。

続きはホームページ内へ。

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
    ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★