両親から貰うもの

両親から貰うもの

紫微斗数の命盤の中に「疾厄宮」という宮があります。
この「疾厄宮」は、肉体的健康を観る宮として、これまで云われてきました。
しかし、同じ紫微斗数でも「欽天四化」では、「命宮」とも観ています。
「命宮」とは、個人を表し、性格や人格、人生を表します。
それは何故?

こんな疑問がずっと在りました。

「疾厄宮」は「父母宮」の対宮(対角線上)になります。
紫微斗数の命盤では、対宮の宮は特別な意味を持って配置されています。
「親から貰うもの一式」という考えをすれば、「疾厄宮」の真向かいが「父母宮」というのも納得いきます。
では、「疾厄宮」の物とはいったい何でしょう。
単なる肉体や健康では無いのです。

この世に生を受けて生まれて来ると云う事は、父親の精子が母親の子宮内で、母親の卵子と出会い受精します。
この時には、遺伝子も引き継がれます。

受精した卵子は父親の遺伝子と母親の遺伝子を引き継ぎ、子宮内で10ヶ月ほど細胞分裂を繰り返しながら成長を続けます。

私が考えるのに、父親の遺伝子と母親の遺伝子を引き継ぎ成長した、一人の人間としての赤ちゃんは単なる「魂の入れ物」として成長します。
この「魂の入れ物」としての肉体には、もちろん人間としての肉体一式が備わっています。
そして、ここからが私の独自の解釈ですが、性格や個性、人格も両親からの遺伝子の部分ではないかと思うのです。

つまり、親から貰うものは、肉体だけではなく、性格や個性、人格までも貰うのではと思うのです。
つまり、「魂」は自分そのもだけれど、性格や個性などは自分の物ではない、肉体に付随しているもの。

両親から貰う物は、肉体を貰うのはもちろん、性格や個性までも含まれている肉体ということ、もう少し分かり易く言えば、これまでは子供独自の性格や個性も、実は両親から貰う物で、そういう性格までも備わった「着ぐるみ」に形のない存在の「魂」が入り込んで、お母さんのお腹から生まれてくるのではと思うのです。

子供に対してよく言われることは、「父親の短気の性格がそっくりでねえ・・・」とか、「母親に踊りの才能が有ったので・・・」などと言いますよね。

つまり、親から貰う物には「肉体と、肉体的特徴、性格や個性」などを一式貰うのです。

そうした性格や個性までも既に備わった肉体を「着ぐるみ」として、生まれて来るのでは? と思うようになりました。

これは言い換えれば、芝居の配役を戴くようなものではないでしょうか。
芝居には、登場人物が設定されています。
それらの登場人物には性格や個性、身体的な状況も既に設定されています。

例えば主人公には、活躍する時代、置かれる環境(家族構成や社会的な状況、宿命的な状況など)が既に設定されていて、それを台本通りに演ずるという訳です。

あちらの世界から、この世に生まれて来る時には、どんな宿命でこの人生を全うしようかと決めてくるという事ではないでしょうか。
胎内記憶
前世記憶の在る子供とか、胎内記憶の在る子供たちという事をバージニア大学や日本の池川明医師などのグループが研究されていますが、そのような研究の示すことは、この人生での役割(着ぐるみで演ずる俳優)を既に設定した上で、お母さんを選んで生まれて来ると考えると、紫微斗数の理屈もとても納得します。

「疾厄宮と父母宮」の関係は、単なる両親と健康という単純なものでは無いという事と思います。
「疾厄宮」の持って居る意味は、「設定された人生を演ずるための着ぐるみ」を意味していると云えます。だから「命宮」とも観るのです。

両親から貰った「着ぐるみ」の身体的性能が悪かったり、性格が悪かったり、人格が悪かったりすると、「魂」の思いとは違う方向に行ってしまったり、暴走したり、望んでいたことが思うように出来なかったり、果ては「着ぐるみ」の性格と「魂」の思いが衝突したり、悪い事への誘惑を囁いたり、常にマイナス思考で揺さぶったり、必死で改善しようと努力しても決断力を削ぐような思考で揺さぶりをかけるのかも知れません。

心の中に二つの思考を感じたり、プラスの自分とマイナスな自分が居たり、もう一人の自分と葛藤することもあります。

それって、「着ぐるみ」の性格と「魂」が葛藤しているでは無いでしょうか。

私は、もう一人の自分を常に感じます。きっとそれが、私の「着ぐるみ」の人格ではと思います。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


教室用テキストの内容

紫微斗数という命術(7)

教室用テキストの内容
--
私はこれまでレッスンというものには、特に力を入れてきませんでした。
特にレッスンを希望された方には、個人レッスンという形で少しやっていました。そのためにレッスンのための資料もテキストも整っていませんでした。
画像

私も何年も前に、複数人の先生から紫微斗数のレッスンを受けました。今思えば、古典的な内容を現代に伝える内容でした。

戦乱の時代というのは、知らない人など容易に信用出来ない時代だったと思います。
頼りに成るのは自分だけ、信じられるのも自分だけ、そんな時代背景で発展してきた占いだったと思います。

しかし、現在は如何に人と旨くやれるのか、極論を云えば、如何に人を旨くコントロール出来るのかが、成功の成否を分けるような時代に成ってしまいました。

戦乱の時代に生き抜く術として優れていても、現在は少し違うと思います。そんな現在に役立つような解釈に、テキストの内容を改めてみました。

■テキストの概要
1. 命盤の基礎(構造)
2. 十干十二支の説明
3. 大限・流年・流月という運勢の形
4. 太陽暦と太陰暦(閏月に関して)
5. 出生時刻と十二支、出生地の時差
6. 命盤の12宮の位置関係
7. 甲級14主星、副星について
8. 星の吉凶(従来の解釈が変わります)
9. 生年四化(性格・行動への影響)
(新しい解釈)
10. 飛星という概念
11. 自化と向心力の本当の意味
12. 十二宮の判断
(ア) 命宮と遷移宮
(イ) 兄弟宮
(ウ) 夫妻宮
(エ) 子女宮(本当の子女宮の意味)
(オ) 財帛宮
(カ) 疾厄宮(本当の疾厄宮の意味)
(キ) 遷移宮(本当の遷移宮の意味)
(ク) 奴僕宮
(ケ) 官禄宮
(コ) 田宅宮
(サ) 福徳宮(最も重要な宮)
(シ) 父母宮
※福徳宮については古典的な紫微斗数では、あまり触れられていません。
13、星の性別
14、14主星の故郷と原始命盤
15、必定に関して
16、自化に関して
17、向心力に関して
18、串聨ということ
19、流年運の鑑定(大限・年・月)
20、子年斗君について
21、適職について
22、実際の鑑定(実占鑑定レッスン)
鑑定の手順(ノウハウ)
23、最終回
業報因果について
この世に生まれてきた理由
■以上、23項目の内容を6回程度に分けて学ぶ予定です。
必用に応じて追加レッスンOKとします。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★



紫微斗数の教室で使用するテキストが完成しました

紫微斗数という命術(6)

紫微斗数の教室で使用するテキストが完成しました。
紫微斗数の基本を分かり易く解説し、古典的な解釈は改め、時代に即した解釈に変えて、およそ半月の日にちを費やしました。
<現代的な命盤の意味合い>
画像
 ・
内容的には、基本の理論をシッカリと踏まえたうえで、何千人かの紫微斗数鑑定で観て来た現象を、命盤と照らし合わせて解説しました。

紫微斗数の鑑定では吉凶を観る訳ですが、その吉凶は理論から導き出します。さらに、吉凶の原因も命盤から導き出すところまで踏み込みました。

つまり、理論で様々な吉凶を導き出しますが、そのような結果に成る原因を、理論と多くの鑑定結果で統計的に検証してみて、高確率であったのでテキストに解釈を加えて見ました。

やはり、占いといえども、単なる吉凶を云々云われても、どうしてそうなるのかを相談者さんは知りたいと思います。
ただただ、あなたは運が悪いと云われても悩んでしまいますから。

運の悪くなる原因を知りたいということです。
外出運が悪くて事故に遭いやすい人、これとてもちゃんと理由が在ると云う事を命盤から分析が出来たら、少しでも災難を減らせます。

人は生まれた時から運勢の波に乗って人生を送るようです。
その波の周期や大きさは人それぞれで、その周期や大きさを知るのが「紫微斗数」と云えます。
何故、そのような波と周期が在るのかは、今の科学では解明できませんが、そのような現実が在るということは受け入れた方が、人生をよりよく生きるためには得策です。
画像


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

10年運の巡り方

紫微斗数という命術(5)

10年運の巡り方
「紫微斗数という命術(4)」で大限(10年運)の巡り方を紹介しました。
今回は、もう少し補足をします。

前回の記事で、大限が若年時に吉運なら若くして大成功することも有ると云いました。逆に若年時に凶運が巡っている場合は中年期、晩年気に盛運になると云いました。

これらのパターンの場合は、吉凶が単純な形で別々に訪れる場合です。
しかし、世の中には吉凶が別々でなくて、大吉運の時に凶運も一緒に巡る人も在るのです。
- https://stat.ameba.jp/user_images/20190404/04/miya-ritumei/ba/aa/j/o1905156514384480813.jpg?caw=800 -
そのようなパターンの人は、運勢曲線の「Ⓑ運勢」の曲線のような巡り方をします。
大吉運の時に凶運も巡ると、例えば財運ならば、物凄く高収入に恵まれているのに、多くの出費が増えて稼いだ分ぐらいは出て行ってしまった。というようなことになります。それも自分の為に支出したのなら、まだマシですが、六外宮(人のために)で出費なら虚しくなるかも知れません。
でも、六外宮での出費であっても、使った人から後々何かと助力が在るのなら投資という意味ではOKです。
これが詐欺にでも遭うような出費なら、もう何も戻ってはきません。
 自動車に例えれば、サイドブレーキを引きっぱなしでアクセルを踏み込んでいるようなものです。
燃料は消費しても速度も力も出ないのです。少しの上り坂も登れなくなります。下り坂でも常にアクセルを踏まなければ成らないのです。
これでは、人生へとへとに疲れてしまいます。

このようなパターンの人は、本当にお気の毒ですが、きっと何かの縁が有ってのことと思います。
それはもしかして「前世未了の縁」なのかも知れません。

紫微斗数では「前世未了の事」は、【来因宮】や【業因報果】で観ることも出来ます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

紫微斗数という命術(4)

紫微斗数という命術(4)

紫微斗数のレッスンでは、どんなことを学ぶのか?
前回までの記事では、「十干 十二支」の説明でした。

今回は
〇 命盤の基礎(大限・流年・流月)
命盤では、巡る年月の運勢は三種類の運勢として観ることが出来ます。

一つは基本の運勢です。これを先天運とも云います。
つまり生まれつきの運勢傾向です。

二つ目が大限(だいげん)といって、10年ごとの運勢です。

二つ目は、1年ごとの運勢です。
更には、月毎の運勢も新しい紫微斗数では観ることが出来ます。


では、もう少し詳しく解説します。

1、10年ごと(10歳ごとの運勢)
これを【大限だいげん】と云います。
大限は、電気信号のサイン波形みたいな概念で考えると良いかも知れません。一生涯で1サイクル(ヘルツ Hz)です。
ただし、スタートの起点はサイン波形の+(プラス)なのか、-(マイナス)なのかは、その人の運勢によって様々です。
- https://stat.ameba.jp/user_images/20190403/09/miya-ritumei/f0/9a/j/o2481350614383962058.jpg?caw=800
-
マイナス運気でスタートした人は、幼少期の10年、20年は辛いことが多いということに成ります。
そして中年以降や晩年に成功や安定期に入るというパターンです。

その逆は、幼少期にはプラス運勢で「神童」なんて言われて、若くして才能を発揮して、時には世界で活躍するような天才ぶりを発揮するかも知れません。
世の中を見てみると、10歳、20歳代で大成功や大成果を達成する人が居ますが、このような運勢傾向の人々です。
この場合には、中年期や晩年で運気衰退になる可能性も有るので注意しなければ成りません。

もし、中年期から衰退の運勢でしたら、若い盛運の時期に中年期以降の人生計画をキチンと立てて置く必要も在ります。
何故なら、盛運期の時は無理も利きますし、努力が効率よく成果に結びつきます。

しかし、衰退運の時には、必死で頑張っても成果が出にくく、疲労困憊してしまうかも知れません。
また不運に遭遇しやすくもなります。
本当に衰退運の時には「踏んだり蹴ったり」、「泣き面に蜂」とか、これでもかと繰り返し不運に襲われることだって珍しくありません。事故や怪我、病気、あるいは詐欺、破産など、思いもよらぬことも起こるかも知れません。

そういう時期には無理はせずに、コツコツと確実に行動することが良いと感じます。間違っても「一発勝負」に出ない事です。

こんな時に「勝負師」のような性格の人は、一気に奈落に落ちるようになります。


2、1年ごとの運勢
大限という一生涯に一巡りしかしない運勢の上に「1年ごと」の運勢が乗っていると思ってください。
基本は大限(10年運)です。その盛衰の運勢の中で、1年ごとの盛衰があります。
図で観ると分かり易いでしょう。

一年運が最悪でも大限(10年運)が良かったら、まだマシです。

一番に厄介な時は、大限も最悪の期間に一年運も最悪の時期が重なると、それは下手をすると人生が終わってしまうようなことも起こりかねません。こんな時期は、やること成すこと旨く行かなかったりします。その傾向を悪い方に助長するのが、その人の「性格」です。
「性格」というものは、最悪の時に最も吉凶を分けるといっても過言ではないと感じています。

今回の記事は、ここまでです。

次回は
〇 旧暦(太陰暦)と太陽暦・閏月
〇 十二宮(宮の位置関係)
〇 甲級14主星・甲級副星・乙級星
〇 星の吉凶



★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★



悪い命盤ほど 成功者の可能性?



前回のブログ記事では、イチロー選手を取り上げました。
マスコミでもイチロー選手の偉業を取り上げています。

しかし、イチロー選手の紫微斗数の「命盤」は幾つかの問題のある宮が有り、何故に成功したのか? ということです。

「欽天四化」では、【自化】の在る宮は良くない、出来る事なら【自化】は無い方が良いと云われています。
【自化】は「離心力」と云われマイナス作用を及ぼすからです。

これまで多くの方々を鑑定して云えることは、やはり【自化】が多い人ほど苦労、波乱の人生です。命盤の悪い人も人生は苦労と波乱で満たされやすいです。

しかし、成功者や偉業を成し遂げた人の命盤は「悪い命盤」、「自化の多い命盤」です。悪い命盤ほど「ミラクル」が起こる確率が高いとも云えます。
世の中には「良い命盤?」の人も居ますが、ミラクルは期待できそうも無いです。

画像


悪い命盤は、「大成功か挫折か」の二者択一とも云えます。
つまり楽して成功は有り得ないということと感じます。

イチロー選手の命盤で【自化】の在る宮は、「子女宮と遷移宮と奴僕宮」です。

「子女宮」は、子供のこと、人を育てることです。

「遷移宮」は、社会運、社会進出、海外渡航、海外移住など外出運です。

「奴僕宮」は,対人関係で特にファン、顧客、同僚、仲間の運勢です。

イチロー選手はこれら三つの運勢にマイナス作用が起こり易いということに成ります。

「子女宮」には【化忌】で人を育てる仕事OKです。
【自化C】在ってマイナス作用ですが、人を育てるために財の流出が有るかも知れませんが、これはイチロー選手がそういうことに、蓄えたお金を使おうと思うのかも知れません。

「遷移宮」には【自化D】が在り、マイナス作用が非常に強いです。普通の占い師に相談したら、海外へ行くのは絶対に止めた方が良いと言うでしょう。しかし、イチロー選手はアメリカで大きな足跡を残しました。偉業を残しました。

「奴僕宮」には【化禄】と【自化A】が在り「破れ」となり宮は【破格】です。しかし、多くのファンを魅了し、国民栄誉賞とも云われています。
日本のみならずアメリカにも多くのファンを作りました。


このようなことから云いますと、悪い宮は成功するための「爆弾」なのです。爆弾は非常に重量が在り重たいです。
爆弾の仕込まれた宮は、何をするにもお荷物ですが、それを武器として良い方に活かすか、それとも自爆させて自滅するか、あるいは爆弾で他人を攻撃するか。

これら三つの選択は、命盤の持ち主の自由です。
重たいお荷物を嫌がって自爆させてしまえば、人生の挫折ということになります。

悪い命盤ほど苦労は多いけど、成功するためのエネルギーが込められていると、そのために重量が在って苦労も多いと云う事と思います。

悪い宮ほど、最高の宮として活かせると思ってください。

ちなみに私の命盤では、
「福徳宮」には【必定】二つも出来て大破格です。
でも、今はここが最高の宮として機能してくれています。
この仕事に最高の力を発揮してくれます。

「命宮」の【化権】も兄弟宮の【自化B】も共に二つが破格です。
でも、【化権】の作用が大活躍です。「化権の破格」ですから、何が遭っても短気は起きなく穏やかに対応できます。
もし、悪い方に「化権の破格」が作用したら喧嘩や争いが絶えなくて、最後には破滅ということです。しかし、真逆に成るように努力しました。

私を過去に鑑定した占い師は、「あんたは何しても一生、成功することは無い」と言い切りました。でも今は、お陰様で人生で最高の時を過ごさせて戴いています。

巷の鑑定では悪い命盤の人は、「いろいろやらない、大人しく我慢して勤め人をしていた方が良い」と言われますが、その我慢が死んでしまいたい程に辛いのです。
でも我慢して一生勤め人をしていたら、我慢だけで人生が終わってしまいます。


実は、その一番ヤバイと云われる【破格】の宮にこそ、重大なヒントが有るということをお伝えしたいのです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


イチロー選手の引退は?

イチロー選手の引退は?

2019年3月21日の深夜
イチロー選手は、現役引退を発表されました。
ファンにとっては寝耳に水でした。
私も、この日は深夜過ぎまでも起きていて、イチロー選手の記者会見を最後まで見ました。

記者会見を見ていて、私は「どうして急に引退されたのだろう?」
という疑問が沸き上がりました。

イチロー選手の紫微斗数の命盤が保存されていたので観ることにしました。
-
https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12449076294.html

イチロー選手の現在の大限(10年ごとの運勢)は昨年2018年から新しい大限になりました。
この新しい大限で何が辛いのか観ますと、一番は精神面です。
次いで健康面(体調)です。その他には、奴僕宮と父母宮です。
奴僕宮はファンも含め、同僚とも云えるでしょう。
父母宮は、やはりオーナーであったり、監督といった存在ではないでしょうか。
でも仕事運は良い状態です。

では、この大限の昨年からの年運を観て観ます。
やはり精神面を表わす福徳宮が昨年から凶に変わりました。
その前の大限での年運では、2016年には凶に成っていましたが、大限の福徳宮はそれほどに悪く無いので、やはり新しい大限(2018年から)の福徳宮の凶意が重なり、辛く成り始めたのかなと思います。
その精神面での低運の理由は何かと調べてみると、健康(体力、体調)が昨年はまだ良かったですが、今年に入ってかなり低運気になっています。

もしかして「もう限界かな・・・」と内心思われたのか、どうかですね。

奴僕宮もこれまでの20年間が辛いのは、やはりファンからの期待もプレッシャーになっていたのでしょうか。


では、これからどんな人生を歩まれるのか気に成ります。
大限での運気から推測すると精神面では、好転して行くということは、何かご本人にとって楽しいことが始まるのかも知れません。

特に、65歳から好調なので、インタビューの中で言っていた「草野球のような、楽しんでやれる野球に関わりたい」という事かも知れません。
その準備が、引退後の10年間なのかも知れません。
晩年の健康運は、それほど低運気ではないので、元気に活躍されると感じます。

健康運は、むしろ若い時期の20歳代~40歳代が低運気でしたので、無理をしたら怪我、故障も有り得る期間だったと思います。
イチロー選手がインタビューの中で言っていた「現役時代でずっと我慢してきたことは、もっと自分の身体に課題を課したい」ことだったと云うようなことを言われていました。

本当は、もっと無理をしてでも結果を出したかったけれど、ずっと我慢してきた、そんな事を言われていました。
きっと無理をしたら怪我や故障を起こすことを察知していたのかも知れません。
つまり体力的に無理の出来ない状態を知っていたのかも知れません。
敢えてホームランには挑戦せずに、小技を使い分けて塁に出ることを優先してきたのでしょうね。

また、会見の中で「アメリカの野球は、頭を使わなくても出来る野球になってしまった」と、「日本の野球は頭を使って、楽しめる野球に成って欲しい」とも言っていました。
イチロー選手の想いとは違う方向に、向かい始めてしまった野球界にも、失望されたのかも知れません。


イチロー選手の命盤の「生年四化」と「来因宮」などを観察すると、前世からの課題は、奴僕宮のことですね、つまりファンや人々との関わり合いがテーマなのですね。
欽天四化では、この奴僕宮は「破格」ですけど、これはそれだけ越えなければ成らないものが有ることを意味しています。
「破格」だから、これを壊れていると諦めるのは逆で、良くありません。
このような状態で在ればあるほど超えた時には、正に「解脱」状態となり達人になれると思ってよいです。
人と関われる達人です。神様のような存在になれると思ってよいです。一般的には「破格」といって諦める方が多いですけど。そこを超えることに大きな意味があります。


夫妻宮に【化権】ですから、奥様の存在は非常に大きな意味があります。
子女宮の【化忌】も大きな意味があります。
すでに奥様の献身的な尽力は広く知られていますが、子供さんが居なかったことも、それに大きく貢献しています。
元々、「子女宮」の【化忌】は子供が出来難いのです。
もし、子供さんが出来ていたのなら、奥様はイチロー選手のことなど構っていられなかったかも知れません。
「子女宮」の【化忌】は、子供が生まれれば、常に放っては置けない子供さんが生まれる確率が高いからです。
つまり養育に、常に手間暇の係る子供さんが生まれ、お母さんもお父さんも他の事が出来ない、とう云うような意味合いです。

でも、子女宮は「育てる、導く、指導、教える」宮ですから、イチロー選手が会見の中で言っていた、「草野球」に関われば、それはそれは熱心に関わるでしょう。

【化忌】は「囚われる、執着する、粘着する」ですから、熱心な指導者になり、「頭を使う面白い楽しい野球」を実践すると思います。引退後には、そのような人生を歩まれるのかも知れません。

財帛宮の【化科】は、お金の管理が緩くなりやすいので、「草野球」の育成に没頭する時には、蓄えた財を支援に回すかも知れません。

奴僕宮は「来因宮」ですから、人との関わり合いが大きなテーマです。この奴僕宮に【化禄】が有るので、本来は人との良縁が備わっていることになります。でも「破格」ですが、これは逆に大きな成功へ反転できると云えます。

今後のイチロー選手の「楽しい野球」に大いに期待しています。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

画像


探究心は尽きることが無い



【欽天四化】という紫微斗数を初めて知ったのは、2013年でした。
芦屋の「田中宏明先生」の講座を初めて受講したのが、確か2014年だったような記憶があります。
それまでは、日本で一番に普及している従来の「三合派」と、一応「飛星派」と云われる紫微斗数でした。その講義を何年も受講しました。

この従来から普及している紫微斗数を東京に何年も通って学びました。交通費や宿泊費も入れると注ぎ込んだ費用も半端ではありません。おそらくは百万に達するかも知れません。
それは2014年まで続いたのです。

そして最後には東京の師匠に「君にはもう教えることは無いから自分でやりなさい」と云われたのを機会にプロとしてスタートしましたが、実際に実占鑑定して直ぐに壁に突き当たりました。

挙句は元の職場の同僚に「宮崎さんの鑑定が当たったら、私は静岡の街を逆立ちして歩いて見せるわ」と馬鹿にされたものでした。
当時は最先端とされる「飛星派」でしたが、イマイチでした。
確かに「三合派」よりは鋭く深く吉凶は読み取れますが、イマイチ絶対ではないのです。
実践鑑定ではいつも「当たるのかな?」と、私自身がビクビクでした。
自分の命盤を「飛星派」で観てもイマイチ「???」ということも多かったのです。

そんな困り果てている時に、【新しい飛星派】と【欽天四化】の紫微斗数に出会ったのです。
それが同じ2014年でした。
画像

2014年から田中先生に「新しい飛星派」を、最初はインターネット利用の講座で学びました。当時は「ライブ中継」のような講座でした。
最初は飛星派でしたが、それまでの日本に在った飛星派とは大違いでした。
まさに「目から鱗」で驚きました。
さっそく実占に取り入れ鑑定を始めました。
この時は、まだ【欽天四化】は学んでいませんでした。

「新しい飛星派」で数年間は鑑定していて、その間に田中先生の「欽天四化 紫微斗数」のブログを拝見し、どうしても【欽天四化】を学びたくなり、その後に複数回【欽天四化】を学ばせて戴きました。
田中先生の講義は何年も学ぶ必要が無く数か月で終了です。
東京に何年も通ったことを思えば短期決戦です。
昨年には「上級 欽天四化」講座も学ばせて戴きました。

なかなか【欽天四化】の理論を理解するのが大変でしたが、実占と合わせて観て行くと「なるほど!」ということが多く驚きました。

過去に鑑定した多くの方々の命盤を見直してみると、多くの驚きを発見しました。「旧飛星派?」で鑑定していた時には、まったく発見することの出来なかった多くの象意を見付けることが出来ます。

さらに昨年の【上級 欽天四化】で学んだことは、驚きの深い鑑定が出来るようになりました。
特に【生年四化】の深い意味合いは只ならぬものでした。
この「生年四化」の四つの星が何処の宮に入っているかで、究極の「性格分析」が出来る事が判ってきたのです。この「究極の性格(本人は判っていない)」が、どうも人生を決めているのかも知れません。
そして更には人生のシナリオも決めているような気がします。

【欽天四化】で鑑定してみて、散々の人生の方の、そうなる原因が「そうなって当たり前」という結論に行き着くのです。だから【絶対】なのです。

【欽天四化】が「絶対」を観る紫微斗数と云われる所以ですね。

ですから、この【絶対】を変えるには、【生年四化】の示すことを少しでも変えるような努力が必要と云う訳です。「絶対」を変えなければ成らないので大変ですが、「訳も分からず大変な人生では無い」ということを【欽天四化】は教えてくれます。
ちゃんと「理由が在るのですよ」と教えてくれているのです。
その「理由」を知ることが正に【佛学】と云われる所以なのでしょう。

今も実占で常に新しい発見があります。
それは【欽天四化】での発見です。
2015年頃に鑑定させて戴きました方々の命盤を、今こうして見直すと驚きの象意を発見するのです。
「嗚呼、あの時に教えてあげられなかったなあ」と無念に思う事しきりです。
【欽天四化】は本当に奥が深いと感じます。しかも「絶対」と感じます。
自分を知らなければ【絶対】なのです。
過去に鑑定させて戴いた方々の、再鑑定の機会が有ることを祈るばかりです。今でも苦労されている方が居るのだろうなあ、と思っています。

本当に【欽天四化】は凄いと感じます。
昨年より今年、と云うように常に新しい発見が在るのです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


人生が大変な人に観られる大きな特徴


これまでに鑑定して気付いたことがあります。

それは「生年四化」という星の配置です。
生年四化には


化権  化禄  化科  化忌
の四つがあります。

それぞれ非常に個性の強い、それでいて強い作用を持った星です。

通常は、命盤の中の12個の宮の何処かに入ります。
理想的には「生年四化」は一つだけ宮に入るのが良いです。
さらに、その生年四化と「同組双象」の関係の「自化」が無い方が良いです。

人生が特別に大変な人で多く見かけるのが、生年四化が同じ宮に複数入る人です。

特に厄介な組み合わせは「化忌・化権」の組み合わせ。
次いで「化忌・化科」も厄介です。

その理由について詳しくは、ブログでは申し上げられませんが、鑑定時に詳しくお伝えしています。

稀に三つの「生年四化」が同じ宮に入っている人が居ますが、通常は苦労が多くなります。

これら複数の生年四化が同じ宮に入ると苦労の多いことになり易いですが、その理由が判れば自分で何とか解決していくことも出来ます。

何しろ、「生年四化」は強力なパワーの星ですから、その人の性格を大きくコントロールします。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★



生れた時には、地震まで起こることが決まっていた



本日は、2011年3月11日に起こった東北の地震の、「あの日」です。

私の鑑定歴の中では、2011年3月11日の東北震災の被災の方々の鑑定件数は少ないですが、それでもその中で家屋に被害を受けた方、家族を失った方々、ご自身が命の脅威にさらされた方々。

その方々の命盤に、「田宅宮」や「兄弟宮」、「父母宮」の大限(10年ごとの運)や年運で「大凶」になっている場合が多いのです。

これはもう、生まれた時には、その方の将来(2011年3月)に、東北の地震が起こることは決まっていたという事にもなります。
何とも不思議なことと、改めて紫微斗数の物凄さを感じます。

ただ命盤の意味は、当日に成らないと「東北大地震」だったということは判らなかったと思います。東北震災が起きてみて、初めて「そうだったんだ!」ということになります。
分かるのは「2011年3月に何か在る」ということだけ、それは「田宅宮、兄弟宮、父母宮」に関わること、ということだけです。

ご自身が、この震災で大怪我や命の危険にさらされれば、「疾厄宮や遷移宮」にも脅威が現れています。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★



運命の人、「トランプ大統領の行く末?」


2016年にアメリカ大統領「トランプ氏」の命運を、紫微斗数で鑑定した結果は、意外なものでした。

その鑑定結果の出来事が起こるのが、2019年~2020年でした。

間もなく、その刻限が迫ってきました。

やはり、運命のシナリオどおりに雲行きがにわかに怪しくなってきました。

トランプ氏に、どのような出来事が起こるのか大変に興味深いものを感じます。

2016年の予測は こちら


https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12217998962.html

https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12242405944.html

https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12276304989.html



紫微斗数 初歩からのレッスン カリキュラム



命盤の基礎(構造・十干・十二支・十二宮)
命盤の基礎(大限・流年・流月)
旧暦(太陰暦)と太陽暦・閏月
十二宮(宮の位置関係)
甲級14主星・甲級副星・乙級星
星の吉凶
生年四化星(生年四化)
自化と向心力(離心力と流出)
大まかな性格判断(命宮と遷移宮)
兄弟宮の意味
夫妻宮の意味
子女宮の意味
財帛宮の意味
疾厄宮の意味
疾厄宮(病気の判断)
遷移宮の意味
奴僕宮の意味
官禄宮の意味
田宅宮の意味
福徳宮の意味
父母宮の意味
星の性別
14主星の故郷と原始命盤
飛星という概念
必定(絶対論)の発生する条件
自化(離心力)の作用
向心力(流出)の作用
串聯(同類感応)ということ
流年運の鑑定(大限)
流年運の鑑定(年と月)
適正・適職(媒介論)
本格的な鑑定技法(生年四化を読む)
本格的な鑑定技法(自化や向心力を読む)
総合鑑定(命盤のあらゆる状況を読む)
実例命盤での鑑定法(複数回の可能性)
最終回

★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


紫微斗数という命術(2)

この回から、宮立命 紫微斗数教室でのレッスンの概要を紹介しながら、紫微斗数という命術に関して解説します。
本当に紫微斗数というものを知らないという方にも分かるように解説したいと思います。

※ 紫微斗数教室の開催に関してのお問合せが増えていますが、2019年度の開催時期は5月、あるいは6月を目途に考えています。
具体的に開催時期が決まりましたら、ホームページ、当ブログでご案内します。
(現在、教室で使うテキストを編纂中です)


◇◇◇  紫微斗数とは?  ◇◇◇
https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12444014736.html

紫微斗数という命術(1)


<起源>
日本ではもう古典的に扱われるようになった紫微斗数の書籍に、鮑黎明先生の【飛星紫微斗数闡秘】という書籍があります。

初版は1982年10月に第一刷が発行に成り、その後この書籍は中古本でも数万円もする値段で取引されるようになりました。
そして、2012年2月に第三刷として再度発行されました。
この時の値段は定価¥11、000でした。

書籍のタイトルに「飛星」とありますが、内容的には飛星のことに一切触れていない所が凄いのですが。
正に日本では三合派の原典のような書籍です。

この「紫微斗数闡秘」の冒頭9頁の第一章「紫微斗数の基本認識」は以下のような下りで始まります。

『紫微斗数は、唐末に出た陳希夷先生の所創と伝えられているが、それが書となって世に出るまでの約六百年間は、門外不出の学であった。
その書は明の世宗の世、嘉靖年間(1522~1566)に出た羅洪先(らこうせん)という進士の撰になり、【紫微斗数全書】という題名で現在も残っている。
羅洪先は、陳希夷先生の18代の末裔から紫微斗数の奥義を授けられ、これによって人の運命を断じたところ、応験あらずという事無く、これをもって世の人に自ら享けたる命を知らしめ、宜しくこれを順受すべきことを説かんがため一冊の書としたのである』

原書というべき【紫微斗数闡秘】が出たのは中国の嘉靖(かせい)年間(1522~1566)と云いますから、今からおよそ500年前ということになります。
この頃の日本は、織田信長が生まれる10年ほど前ということになります。
そんなに太古でもないですね。
とはいっても現代とは大違い、この頃の時代は殺すか殺されるかの時代です。戦乱の世に他人は信じられない時代です。

さらに【紫微斗数闡秘】の原理が出来たのは、陳希夷の末裔より18代も以前ですから、この時代の人の寿命を60歳と観ても「18代×60歳=1、000年前」と云う事になります。つまり今より1500年前です。
やはり、現代とは著しく社会の仕組みが違っていたのでしょう。

そんな時代に鑑定の判断が構築されて来たのですから、今の社会にそのまま当てはめても、間違った解釈がされてしまうことになります。

台湾でも日本でも紫微斗数のプロの占い師がもっとも活用しているのが、「三合派」の紫微斗数です。
「三合派」は星を中心に読む鑑定法ですから、日本で2012年に再版された鮑黎明先生の【紫微斗数闡秘】はまさに紫微斗数の辞典ともいえる書籍です。

三合派では「甲級14主星」という14種類の星(実際は100個以上の副星をも用いる者も居る)を中心に、命盤の12の宮に配置された宮の状態で象意や吉凶を読み解くものです。

甲級14主星は、命宮で人の性格や個性を観るのに適した星です。
14種類の星が複数同宮すると性格や個性も複雑になります。まして「遷移宮」の星の影響も観ないと正確な判断には成りません。その場合には3種類もの「甲級14主星」の象意が複合するので、人の性格を表すには適しています。
もちろん「副星」も性格への強軟として作用します。

単純に命宮の星のみを観て性格個性を論ずるのは不正確です。

これらの「14主星」は命宮以外に入った場合の解釈も【紫微斗数闡秘】には詳しく書かれています。
しかし、多くの鑑定経験から言いますと、命宮以外の「甲級14主星」を星の象意のみで観るのには無理があると言わざるを得ません。
三合派を学んでいる人々の悩みは、命宮以外に入った「甲級14主星」の解釈に混乱している人が多いという事です。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

何でも出来る人の悩み


鑑定(悩み相談)に来られる方で次のような人が時々いらっしゃいます。

その人は、いろいろな事が出来る「マルチな人」なのです。
何もやっても、そこそこに成果のあげられる人です。

例えば、機転が利いて、思い立ったら始めることも早い、モタモタしていることが嫌い、様々な知識も豊富で、いわゆる博学多才な人。

こんな人が職場に一人居ると助かります。
周囲の「出来ない人」に頼まれると快く何でもやってくれる。

こんな良い人なのに、本人の中では時に悩みを抱えることがあります。


「私は、こんなに職場で活躍しているのに、評価されていないような気がする」

「出来ない奴より、はるかに成果を上げているのに給料は一緒」

「私はいろいろな部署に応援に行って、休む暇もない」

「出来ない奴は、他の部署への応援にも行かずに、お茶を飲んで休憩時間をシッカリ取っている」

「私は希望した専門職で入社したのに、何でも出来る事をいいことに、あちらこちら使い回されて、本来のやりたい仕事をやらせて貰えない」

「本来、私がやっていた好きな仕事だったのに、他へ応援に行っている間に、別の人が配置されてしまい、私は元の部署に戻れなくなってしまった」

こんな悩みを抱えて相談に来られる人が時々居られます。

確かに【命盤】を分析すると、
「便利に使われる人」でした。

こういう人を別名「器用貧乏」なんて表現するかも知れません。

本来、「器用」って優れたことなのですが、行き過ぎると「貧乏」が後に引っ付いて、「器用貧乏」と云う事になってしまったようです。

「器用貧乏」とは?------------
要領よく立ち回るさま。「・・・に世渡りをする」
---------[明鏡国語辞典 第二版]

器用って、本来は「要領よく立ち回る」筈なのに、どうも要領が悪くなってしまったようです。
画像

如何ですか?
身に覚えのある人は居ませんか?


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

紫微斗数、初歩からのレッスン開催



つい先日、ブログで「みんな占い師の時代!」という記事を投稿しました。
https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12437660718.html

的中率の高い「紫微斗数」ですが、意外にも初心者の人にも習得し易い占いです。
巷に有名な「四柱推命」は、陰陽五行説の「五行の相尅」を駆使して鑑定するもので、初心者には敷居の高い占いです。

紫微斗数も基本的には「陰陽五行説の相尅」がシッカリと流れていますが、命盤の作成段階から「早見表」に寄って作成しますから、極端なことを云えば「陰陽五行」の知識は皆無でもOKという訳です。

この早見表ですが、紫微斗数の発祥した頃からのもので、どういう理論でこの早見表が出来たかは明らかにされていませんし、何処の教室でも講義されることはありません。要は、この早見表さえ使えれば初心者の人さえも、命盤が作成できて鑑定も出来るようになる訳です。

もっとも最近では、命盤作成も「早見表」を組み込んだアプリが在りますから、スマホやパソコンで命盤の作成が簡単に出来てしまう時代でもあります。

命盤作成が出来てしまえば、あとは鑑定さえ出来れば良いのです。

紫微斗数の鑑定には、大きく分けて三種類あります。
■一番目は初歩的な「三合派(星曜派)」と呼ばれる鑑定法。
■次に「飛星」とう方法で鑑定する「飛星派」
■極めつけは「欽天四化」という紫微斗数になります。

「三合派」は、日本で一番普及している方法で、プロの占い師さんも一番多い鑑定法です。

「飛星派」は、少し特殊で、「飛星」という方法で命盤を分析する方法です。理論が少し難しくなりますが、キチンと学べば誰でも習得できるものです。
「飛星派」での鑑定は、「三合派」では見抜けない事象も見つけられる奥の深いものになります。プロの占い師さんもまだ少ないです。

「欽天四化」という方法は、究極の理論に則って命盤を分析する方法で、その方程式のような理論が数多く在るのが特徴です。
数多い理論を習得しないと成らないので、三合派とは比べ物に成らない程に難しい訳ですが、しかしキチンと順を追って学べば使いこなせる技術です。

紫微斗数を学ぶのには、先ずは「三合派」を学ぶ必要があります。
占いに無縁の人でも、まったくの素人さんでも覚えられるのが「三合派」です。

三合派が習得出来ましたら、「飛星派」も覚えるのは比較的に容易です。
飛星派が使いこなせるように成りましたら、いよいよ「欽天四化」です。

なぜなら、「欽天四化」の基本は飛星という方法が必須だからです。

画像


《ここで、お知らせです》
紫微斗数の「三合派~飛星派」
【入門 紫微斗数 教室】を、ただいま企画中です。

芦屋の田中先生の【欽天四化】の講習を受講される場合も、「三合派と飛星派」を学んで有れば「欽天四化」の理論は習得しやすくなります。

■教室の場所は、沼津市のJR沼津駅前
---------------(駅より徒歩3分ほど)
■教室の定員は10名程度
■受講回数、全6回程度(1回が2時間)
------------(費用、2時間で10,000円)
-------------(月に一回、6ヶ月で終了)
■三合派から飛星派まで習得できます。
(欽天四化の理論も少し含まれます)

■2019年度、開催

※詳細が決まり次第、ご案内します。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


対面鑑定に関する場所のお知らせ



対面鑑定の場所が、これまでは

静岡市清水区のJR草薙駅の北口のみでしたが、沼津市、三島市 方面にも拡大し、以下の三か所で対面鑑定が可能になりました。

■ 沼津市 JR沼津駅の北口近く
■ 三島市周辺(駿東郡清水町)
■ 静岡市 JR草薙駅の北口近く


ホームページ
http://miya-rithumei.com/sub5.html
対面鑑定は事前にご予約ください。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


どちらの病院を選びますか?



ある例えを挙げてみます。
二つのタイプの個人病院を例えにしてみます。

1、 大東京診療所の例
大繁盛している病院です。
待合室のソファーも素晴らしいです。大型画面のテレビも設置されて患者さんは快適に診察の順番を待って居られます。
同じ患者さんが長い事、通って来ています。きっと人気のお医者様なのでしょう。
たくさんの薬を処方してくれます。
初めて診察した時も最初から薬の種類は多かったですが、今は薬の量が随分と増えました。
そこの医者はいつも優しく声を掛けてくれます。
「他に何処か具合は悪くはありませんか? 何か有ったら言ってくださいね。お薬を処方してあげますからね」

2、 山奥診療所の例
待合室はいつもあまり患者さんが多くはありません。
待合室のソファーは粗末な質素なものです。小さな古いテレビが小さな音で鳴って居るだけです。とても静かな待合室です。
よく手入れされた大きな葉の観葉植物にとても癒されます
粗末な待合室ですが、綺麗に清掃されて爽やかです。
初診の時に、ずいぶんと問診に時間を掛けました。
食べ物は何が好きか? いつも何時に寝るのか?
いろいろ私生活を聴かれました。
この医者は病気のことが詳しくないのかな?
あまり知識が無いのかな? だから患者にいろいろと聞くのかな?
処方してくれる薬の種類も少なく、量も少ないです。
医者は、
「とりあえず、2~3日分の薬を出しますから様子を見ましょう。そして薬が無くなったら、もう一度来てください」
何とも頼りない印象の医者でした。
二度目の診察の時も待合室は少ない患者でした。
二回目の診察で別の薬が一種類出ました。
医者は、
「この薬で大丈夫です。そして、食事に卵の入っている食品は避けてくださいね。卵を食べなかったら、もう診察に来る必要も無いし、お薬も必要なくなりますからね」
何だか、物足りないものを感じました。
その後に、風邪を引いて同じ病院に行きましたが、待合室に同じ患者は居ませんでした。



人生も、占いで今の運勢の吉凶を調べて右往左往するより、吉凶の元となる原因を観てくれる占いが求められていると感じます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

介護、看護、福祉の現場に多い尽くす人


紫微斗数という命術で扱う星で【天空・地劫】という星があります。
この二つの星の象意は「心配・心労・負担・労を負う・奉仕」、このような作用を持つ星です。

この二つの星が、介護、看護、福祉系のお仕事をしている人たちには、ある特定の宮に入っています。

この「心配・心労・負担・奉仕・労を負う」という作用を、カウンセラーさんの立場で気付いていらっしゃる方がいます。

それは、心理カウンセラーの深海和代先生です。
深海和代先生のブログ記事をリブログします。

https://ameblo.jp/happy0915sapphire/entry-12435709285.html

【天空・地劫】の星は、生まれた時に命盤にすでに配置されています。
その配置場所は、人それぞれですが、介護、看護、福祉系のお仕事に就く人は一定の宮に配置されていることが多いのです。

このような方たちは、たとえ介護、看護、福祉系のお仕事に就かなくても、人生の様々な場面で、自分から進んで踏む台に成るようなことを『好む』ようです。そのくせ、「上司が悪いの、会社が悪いの」、って文句が出てしまいます。

ならば、さっさとそんな会社を辞めればよいのですが、やはり「尽くす」作用が深層心理で働くのでしょうね。「私が辞めたら職場の機能がストップする」と疲弊困憊するまでは、なかなか辞めません。

まあ、良い言い方をすれば、責任感が強いということでしょうけど、「自分の為より、人のため」という心理が無意識のうちに働いていると感じます。


貴女の【天空・地劫】が、何処に有るのか調べます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


占いとは?



数日前の鑑定のことです。
ある女性から鑑定のご依頼がありました。
その女性のご相談は次のようなものでした。

「ある四柱推命の占い師さんの処に伺って、子育てと仕事の両立について相談をしました。そうしたら、その占い師さんから、それは人生相談だから占いでは判らない。と言われました、欽天四化の紫微斗数では判りますか?」

私は、このようなご相談は日常的に当たり前に在りますので
「はい、ご相談をお受けします」と答えました。

その女性の生年月日、出生時刻から紫微斗数の「命盤」を作成しました。

命盤を作成しますと、その女性の様々なものが観えてきます。
私は四柱推命の事はよく分からないので、どうして四柱推命で、その女性の悩みが観えないのかは分りません。

しかし、紫微斗数では、その女性の家庭状況、家族状況、夫婦の関係、ご主人の問題、ご本人の性格、精神的な傾向、対人関係の優劣、仕事への向き合い方、金銭感覚などが分かります。

さらには
幼少期のこと、過去の人生の状態、現在置かれている人生の状態、今後の人生の状態が判ります。

そのような情報から、私は女性に様々なご質問を投げかけます。
女性から帰ってくる話の内容と命盤のシナリオとを照らし合わせて、今後の人生の推移を詳しく読み取ります。
その推移の内容が女性にとって受け入れられるのかお聞きします。
ここまでが紫微斗数で出来る「占い」です。
四柱推命では、何故これが出来ないのかは、私には分かりません。

女性の考えと命盤のシナリオとで、今後の推移をお話して、仕事と子育ての両立が出来ない理由を女性に確認します。

この女性の命盤に現れている現在の状態は、収入面での問題、子育ての問題、夫との関係の問題、健康面での問題です。

もっと分かり易く言えば、夫の働きが悪く、夫婦関係も悪く、収入面でも困窮し、この女性が仕事に出なければ成らないが、子育て真っ最中なので子供のことをどうするのか、最終的には子育て、家事、仕事に追われて健康を害する運勢に入っているということが、紫微斗数で判りました。
残念ながら四柱推命の占い師さんには、これが判らなかったようです。

私は命盤に現れている状況から、この女性の出来得る選択肢をいくつか示しました。
その幾つかの選択肢から予測できる今後も説明しました。

その中のどれを選択するのかは、女性の意思です。

もし、女性がご相談に来られなかったら、どうなっていたのか?
それは、紫微斗数の命盤の示す運勢どおりに成っていたでしょう。

そのシナリオとは、子育て、家事、仕事を独りで対応し、働かない夫と子供の生活を支えて病気で倒れる人生です。それでも、この女性は自分の力が足りないと自分に鞭打って人生を送るのです。

この女性が、ここで人生を変えるとシナリオに変化が出てきます。
命盤どおりの人生ではなくなる可能性もあります。
凶意の強い命盤でも、それほどの凶意は無くなることも多々あります。

頑張り過ぎて倒れる人は、倒れずに人生を送ることも可能です。

働かない夫の犠牲に成らずに済むことでしょう。


★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


私が何故、占い師になったのか?


私が初めて占いというもので、占って貰ったのは30歳になった頃でした。

高等学校の電気科を卒業して、地元の家電品販売会社のサービス課に勤務しましたが、1年ほど勤務した時に第一次オイルショックで業績不振に陥りました。その時、私は家電品販売会社を辞めて、知人の紹介でコンピューター周辺機器の開発をベンチャーで立ち上げた会社に転職しました。

しかし、そのベンチャー企業も6年ほど勤務したところで、不況の煽りを受け業績不振から倒産の憂き目に遭ったのです。
それを切っ掛けに、私は電気機器のメンテンナンスを行う仕事で自営業を始めました。だが、自営も業績不振で思うように稼げずジリ貧の生活を余儀なくされたのです。
その時には結婚もしていて、子供も居ました。

脱サラしてからは、業績不振もさることながら、病気、怪我、詐欺と悪いことが続きました。
あまりにも嫌なことが続くので、友人が紹介してくれた占い師に、私の人生を占って貰いました。それが30歳になった頃でした。

占いの結果はショッキングな内容でした。
「あなたは、何しても成功はしない、一生成功することは無い」と言われたのです。

何故、成功しないのか?
という質問には、占い師は答えられませんでした。
確かに、その後、60歳に成るまでの、30年間はどんどん奈落に向かいました。
その間には、破産を経験し、離婚もして、家も土地も手放しました。

奈落のどん底に陥った50歳代後半に、私は知人の紹介で再び占いもどきの事で鑑定して貰いました。
その時の鑑定の中で
「あなたは、凶方位を散々に犯してきましたね」
私は、「凶方位」とは何ぞや?

これがきっかけで占いという物に初めて興味を持ち始めました。
ずっと電子技術の畑を歩いてきた私は、科学で証明出来るものしか信用しませんでした。
「占い=インチキ」、そういう考えが私の中に常にありました。

しかし、30年間の散々の人生には、「何かある」と思い知らされてきました。
その「何か」とは、何だろう?
これが占いに入るきっかけになったのです。

そして、現在の「紫微斗数」にたどり着くまでに、いくつかの占いを学びました。
紫微斗数にたどり着くまでの様々な占いでは、イマイチ精度が低く、私の60年間の人生に起こったことを的中させる事が出来ませんでした。

でも、「紫微斗数」では、私の人生傾向が恐ろしいほど暗示されていました。
さらには、高度な「飛星派」の紫微斗数では過去の出来事が、ことごとく的中しているのです。
まさに、私の人生に起こったことは、生まれた時から「宿命付けられていた」ということに、驚きと落胆を覚えました。

だが、「生まれた時から宿命づけられていた」ということでは、此の先の人生も嫌な思いを続けなければならないのか。
それは、困ります。悪いことは何としても避けたいです。
それを解決してくれたのが「欽天四化」の紫微斗数でした。

「欽天四化」の紫微斗数では、【生年四化】という星で、人生の基本的な条件が決められてくるという事です。
しかし、この【生年四化】の作用をよく理解すれば、人生は変えられるという事が判ったのです。

【生年四化】は、人の様々な「性格・個性・短所・長所」を司っている星なのです。
自分の【生年四化】を知ることで、人生の生まれ持ったシナリオを知り、それを変えることが出来る。
そういうことです。

そして、私は占い師になったのです。
「欽天四化」の判断は、まさに科学的と云えます。
心理学の分析にも応用できると感じます。

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


みんな占い師の時代が到来!?



「占い」と聞くと、嫌悪感を示す人もいます。
その一方で占い大好きという、根強い占いファンもいます。
実は、こんな私も「占い=インチキ」と思っていた一人です。

20歳代に、一度だけある占い師が占ってくれたことがあります。
その時には糞味噌の鑑定結果でした。
「あなたは一生、成功することは無い、何しても旨く行かない」

今思えば、その占い師はとんでもない占いだったですよね。

確かに私の紫微斗数の命盤は最悪かも知れません。
命盤通りに生きていれば、最悪の人生を歩んでいたかも知れません。

《でも、人生は変えられる、努力次第で命盤とおりには成らない!》

これが、今の私のポリシーです。

今迄の占い師は、霊感や理論に則って命式や命盤の鑑定をして、その吉凶を調べてくれる。
その「鑑定」という作業は、特殊な理論を学ばなければ誰でも鑑定が出来る、という代物ではありませんでした。

しかし、田中宏明先生の「欽天四化と新飛星派」の講義を受ければ紫微斗数の分析を、誰でもある程度までは出来るようになってしまう、という驚きの現実が、今はあります。

田中先生の講義は毎回、受講者が多く満員御礼の状態です。

私も何回か受講させて戴きましたが、その受講者の多くは全くの素人さんというのも驚きます。

私が10年ほど前に、紫微斗数の集団講義を有名な師匠に受けた当時は、参加者の90%は現役のプロの占い師さんばかりでした。
私のような全くの素人は異色の存在でした。

講義方法も田中先生になってからは、がらりと変わりました。
録音OK、綿密に作成された豊富な資料。
これなら、素人さんでもプロの紫微斗数の知識が身に着く筈です。
逆に不思議に思ったことは、プロの占い師さんが極めて少なく感じたことです。
プロの占い師さんは、素人さんに交じって受講するのはプライドが邪魔するのか、姿をあまり見かけませんでした。

日本にこれまで伝わっていた紫微斗数ではイマイチと感じていましたから、本当は皆さん「紫微斗数のバージョンアップ」をされると良いと思いますが。

さて、本当に話したいことは、ここからです。
こんなに、毎回多くの素人さんが受講されると、そのうちに「一億総占い師」の時代が来るかもしれない。
そんな気がするようになりました。

もっとも、占い鑑定が出来ても、それを生業にするのには、凹んでしまう精神の持ち主では、プロの占い師として続けるは厳しいと感じますが、それ以上に、これからの占い師に求められるのは、

単なる、
《吉凶判断だけの占い師ではダメ》

という事です。
単なる吉凶判断だけなら、誰でも出来る時代が目の前に迫っている。
ということです。

「占い=非科学的」と思われる方も多いと思いますが、ずっと電子、電機の業界に携わってきた私が、目から鱗の「紫微斗数」に出会って考えが一変しました。これは単なる不確実な占いではなく、統計学から裏付けられた「理論」なのだと確信したからです。

単なる占いから脱却するために
重要なのは

紫微斗数で
《吉凶の元の原因を究明する》

事と思います。




★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


この本のこと、本当に起こります!


最近、知人から勧められた本があります。
本の著者は「心屋仁之助さん」

本のタイトルは 「好きなことだけして 生きて行く」

実は、私も紫微斗数を学び人生観が変わってから、好きな事だけして生きて行けるようになりました。


それまでは、立派、立派と云われるような仕事を、嫌、嫌、我慢、我慢しながら頑張りました。でも性格は荒むし、良い事なんか、どんどん消えて行ってしまい、周囲は嫌な人間関係に囲まれて行ったのです。

でも、好きな事だけをするようになったら、私の周囲に変化が起こりました。

凄いのは、この本の「99ページ」に書いてあるような事が現実にバンバン起こったのです。

そして人生は一変して行ったのです。

今は、別の人生を歩んでいる。そんな第二の人生です。

見た目も若返りました。
(本人は爺じい と思ってますが)


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


神様の言うとおりにしていたのに・・・



先日、過去にアドバイスした人から、こんな悩みを聞かされました。

「宮先生に、私は自分の生き方に問題が在るって教えてもらい、その後いろいろな本を読みました」

私は
「どんな本を読んだのですか」と尋ねた。

「はい、斎藤一人さんや神様の本などたくさん、数えきれないくらいに読みました」

「それで、どうでした?」

「はい、たくさんの本を読んで、自分でもたくさん実践してみました」

「それは凄いですね」

「でも・・・」
そう言うと彼女は俯いてしまいました。

私は
「どうしたのですか?」


「本に書いてある通りにやっているんですけど、涙が出る事ばかりなんです・・・」

「本に書いてある通りに実勢しているのに、涙が出てしまうのですか」

「だって・・・」

「どんな風に旨く行かないのか話してくれますか?」

「自治会のね、役員をした時のことです」
そう言って彼女は話し始めました。


『私は昨年、自治会の組長を押し付けられて嫌でしたけど引き受けました。
神様の本や斎藤一人さんの本には、人のためにすすんでやりなさい、って書いてあるので、やりました。

そして一年やり抜いたんです。体調の悪い時も、都合の悪い時も走り回って自治会の責任を果たしたんです。
一生懸命やれば、やるほど様々なことを背負わされました。

私はジッと耐えました。
だって、神様の本に我慢、我慢ってあったので。

一年終わって、とても悔しかったです。
役員なのに一度も出席しない人も居れば、途中で用事が出来たからとサッサと帰ってしまう人も居ました。
一度も出席しない人に限って、一年最後の慰労会の時には早々来て、料理が少ないとか、私にお酌をして回れとか命令するんです。

私は悔しかったです。
それでも私は、インフルエンザで具合の悪いそんな時でも欠席することなく、帰ってしまった人が居ても、一人で最後まで頑張りました。

神様がきっと観ていてくださると思って、神様がご褒美を必ずくれると思って、これまでの私の人生は散々でした。
でも、自治会の仕事を辛くても一生懸命すれば、きっと報われると思って我慢してやり通したのです。

でも、あれほど頑張ったのに、未だに私の人生は何も変わっていません。
神様は死ぬまで頑張れと言っているんでしょうか?

宮先生も言いましたよね、自分が変われば周囲の人も変るって。
私は歯を食いしばって、悔し涙を流しながら頑張りました。
でも、何にも変わらないんです。それどころか益々、私の周りには私を追い詰める人が増えてきました。

もっと、もっと神様の本や、斎藤一人さんの本を読まないと成らないんでしょうね』

私は言いました。
「あのね、とても頑張ったことは素晴らしいけど、大切なのは心の中だよ。
そんなに悔しい思いをしてやっても、気の毒だけど逆効果だよ。
あなたが、そんなに悔しい思いをしてやっている時の顔の表情は険しいよ。
今も悔しそうにいう貴女の顔は閻魔様みたいになっているよ。
そんな怖い顔してたら、親切でやってあげても、誰も嬉しくないかも。
優しい人は、優しい人に惹かれるんだもの。
怖い顔してたら、優しい人は遠ざかって行ってしまうよ。

もし、何かをして挙げたいと思ったら、本当に優しい気持ちでやった方がいいよ。そして代わりに何かをして欲しいなんて見返りは求めないことだよ。

何かをしてあげたら、相手の人が嬉しそうにしてくれた、その表情を嬉しく感じたら最高だよ。

人の喜ぶ顔が、何よりもの見返りに思えるようになったら、しめたもんさ。

そうなれたら、きっとあなたの周囲には優しい人が増えてきて、ズルい人は居なくなっていくよ。

あなたの心が、類は友を呼ぶで、同類が集まってくるんだよ。

神様に何かご褒美が欲しいと思ってやっても、何にも得られないと思う。
神様は、嬉しい出来事を最初からくれないよ。

最初は、あなたの心の中に何かをくれるんだよ。

あなたの心の中に、喜びをくれると思う。

喜びがご褒美なんだよ。

あなたの心の中に喜びが生まれてきたら、きっと現実の出来事として嬉しいことが起こり始めるよ。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

頑張って来たのに報われない人は、タブーに挑戦してみよう



日本では昔から、いっぱい手垢がついた立派な格言が多くあります。
「楽するのは怠け者だ」
「苦労は良いことだ」
「犠牲」
「奉仕」
「何でも頑張れ」

でも、苦労ばかりして、楽をすることに罪悪感を持って居る人は、それで本当にいいの?
画像

もう人生に、へとへとに疲れてしまった人は、手垢の付いた格言は捨ててみたら、どうだろう?

楽したら罪悪!
こんなことは、もう止めよう。
これまで、ずっと苦労の連続の人は、

楽することが良い事、

手抜きすることが良い事。

発想の逆転してみましょう。


苦労の多い人、恵まれない人、

こんな人たちの「紫微斗数の命盤」観ていて気づきました。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


本当の自分を探し出すこと

本当の自分を探し出すこと

大人になっても生きて行くことが辛い人。
人生が活き辛く死んでしまいたい人。
こんな人は幼少期に原因があるんです。
私のブログに何回も書いていますが、結婚の問題、会社での人間関係、家族の問題、あるいは心理的、精神的な問題も意外と幼少期に原因が在るということが、これまで何千人も紫微斗数で分析して判りました。

では、幼少期にその原因が在ることは判りました。
それは、どんなことが在ったのでしょう?
多くは、「自分を否定された」あるいは、「自分の存在さえも否定された」ということが多いのです。
画像

自分を否定されると、どうなるのでしょう?
自分を否定されるって、どんなことでしょう?

例えば、何をしても「ダメ出し」をされる。
欠点ばかり責められる。一切の評価もしてくれない。
本人にしてみれば、怒られる理由が分からなく。
些細なことで殴られる。

最悪なのは「お前なんて生まれて来なけりゃ良かった」と言わること、
あるいは「お前なんて産むんじゃなかった」です。

こんなことを幼少期からずっと言われ続けられたら、どうです?

性格が頑健な子供はよいですが、そうでなかったら、どうでしょう。

多くは、自分はダメな人間だ、生きている価値は無い、この世に居るだけでも罪な存在だ。自分の存在が多くの人の迷惑になって居る。
何故、自分は生まれて来てしまったのだろう・・・。

「神様、私を天国に早く連れて行って」
「明日の朝、起きたら天国に行ってますように」
「今夜、眠ったら私を永遠に眠らせて・・・」
「誰か私を殺して・・・」

こんなことを思ってしまうのです。

唯一の解決方法は
「本当の自分を探し出すこと、思い出す」です。

でも、「本当の自分」が解らなくなっています。
本当の自分って、何?
私は、どんな自分なの?
自分が、どんな人間なのか分からない・・・。

自分は価値が在るの?
生きていても良いの?

本当の自分を忘れてしまうほど、自己否定され続けてしまったのです。

さあ、「本当の自分」を探す、思い出す心の旅に出ましょう。
お手伝いします。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

DV(暴力)される人、する人

DV(暴力)される人、する人

紫微斗数の命盤で気付くことがあります。

過去記事でも少し触れていますが、DV(暴力、ドメスティック・バイオレンス)される人には一定の傾向が観られます。
https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12358357215.html

紫微斗数の命盤では【天空・地劫】の双子の星が何処の宮に有るかに着目することと、【生年化忌】が何処の宮に有るか観ることです。
これらの星の配置から、人に何でも尽くすタイプの人は注意です。
※詳しくは命盤全体の分析も必要です。
画像

特に、配偶者に囚われて尽くすような命盤の女性は、DVを引き寄せるオーラを出していると云えそうです。

このようなタイプの女性は、自分に自信が無かったり、自分の存在が罪、ダメ人間、自分は価値の無い人間、などと思っている傾向が圧倒的に多いと感じます。更にはマイナス思考で自虐的でもあります。

このような女性は、自分が責められると、必死で尽くし、罪を償うような行動になってしまうようです。

相談に来られても、「あなたは悪くないですよ」とアドバイスしても、「いえ、いえ、私が悪いから夫をダメにしてしまったのです」なんて言います。
実は、まともな男性もダメ男にしてしまっているのかも知れませんが。

そして「私が居なければ、夫はもっと悪くなってしまいます」と言いながら、殴られ続けるのです。なかなか逃げ出すことが出来ない。いや、逃げ出すことをしない、と言った方が正解かも知れません。

つまり、このタイプの女性は幼少期から自信喪失するような育てられ方をされていることも多いのです。
そのために、何してもビクビクしながら自信が持てません。
その反動のためでしょう、誰かに常に評価されたいという願望も秘めています。あるいは、誰かの役に立ちたい(必要とされたい)と思い続けています。
その結果、役に立てれる男性(ダメ男)に寄って行く可能性がありますし、自立している男性でも常に支えてあげたいと一生懸命になって、立派な男性もダメ男にしていって、最後にはDVされるようになるかも知れません。
その証拠にDVしていた男性は別の女性となら、DVなど発生しないことも多々有ります。

もし、DVされていたなら、ご自身に思い当たるところが無いか考えてみると良いです。

そして幼少期からのことも思い起こしてみてください。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


自力と他力 (他力本願)

自力と他力 (他力本願)

紫微斗数の命盤で面白いことを発見しています。
紫微斗数では非常に重要な星に「生年四化」という四つの星があります。
この生年四化には「化禄A・化権B・化科C・化忌D」の四つの星があります。
これらの四つの星が全て自分の宮(六内宮)に入っていればラッキー! と云われています。生年四化は人生を生きて行く上で重要なパワーの星ですから、自分の宮に有ると良いということになります。

しかし、この生年四化が残念なことに、全て他人の宮(六外宮)に入ってしまっている人が居ます。そうすると人生は自分の力では生きて行かれないと云うことになります。

だから、生年四化が六内宮に在る命盤は良い命盤、六外宮に入っていたら力の無い命盤のように思われてしまいます。

でも、いろいろ鑑定していて、生年四化が全て六外宮の人でも、他人の稼いだ金で海外旅行も国内旅行も旅行三昧したり、グルメを楽しんで遊んで暮らしている人が居るのです!

私なんか生年四化が全て六内宮で超ラッキーの筈が、占いの仕事をするまでは苦労ばかりで、グルメなんて食べられる身分では無かったし、旅行三昧どころか、北海道も九州も行ったことがありません。それどころか、近くでさえ旅行に行きたくても、金も時間も余裕が無くて行くことが出来なかったのです。これってオカシイじゃん!

変だ! 変だ! と考えていたら、気付きました。
生年四化が全て六内宮の人は【自力タイプ】なのです。
分かり易く解説するならば、何でも自分で出来る能力や力が有るために、人を当てにせずに自力でやり抜こうとするようです。

一方、生年四化が六外宮に在る人は【他力タイプ】です。もっと言えば【他力本願タイプ】です。
「他力本願」とは語源は仏教用語です。(阿弥陀仏の本願に頼って成仏すること)

別の意味もあります。
(人まかせ、他人依存、成り行き任せの意)

他力本願とは聞こえは悪いですが、人生を生きて行くのには、何でも自力で苦労せずに他人任せで楽して生きられるのです。
ですから、生年四化が全て他人の宮(六外宮)でもガッカリしないでください。
逆に喜んでください。他人との関係を良好に出来たら、すべて他力本願で楽して好きな事だけやって通れるのです。

実際に、六外宮に生年四化が全てでも、他人の稼いだ金でグルメに旅行三昧してる奥さんを何人も知っています。
その変り、その奥さんは人間関係をとても大切にしています。

えっ? その奥さんは良い人柄でしょ? って、いえいえ、とんでも御座いません。外面は人懐っこくて第一印象は良いですが、本当は激しい気性で短気です。切れたら夜叉みたいに豹変しますよ。でもいつも人間関係を旨くやっています。だから、多くの人たちから重要なポストにも推挙もされます。

全ての生年四化が貴女の場合は、ちゃんと自分の宮に有りますか?
ちゃんと自分の宮に有ったら、何でも自分でやろうとせずに【他力】に頼ってください。

逆に生年四化が全て他人の宮でしたら、人様との関係を良好にしてください。そうしたら、一生涯に渡って遊んで暮らせる可能性が有りますよ。
ご自分の命盤がよく分からなかったらご相談ください。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


占い師としてのデビュー

占い師としてのデビュー

占いを占い教室などで学んで、実際にプロとしてデビューするというのは、それまでに占い業界になじみが無いと、どのようにして実際の鑑定業務を行って行ったらよいのか戸惑うと思います。

そもそも占い大好きで、占いの勉強を始めるまでに、多くの占い師さんに占って貰っていれば、鑑定結果をどのように伝えているのかの手順が分かりますから、少しは戸惑いが少ないかと思います。
ただ、その占い師さんの占い方が良いのかどうかは判りませんけど。

占い業界にあまり馴染みが無い場合のデビューは少々戸惑うでしょう。
でも、逆に馴染みが無いのなら旧態依然の問題を継承する心配も少なくなると思います。伝統的な業界の封建的風土は新しい技術を受け入れるのに妨げとなる場合があるからです。

先日、占い教室で学んでプロデビューされた、Aさんという占い師さんと話す機会がありました。
Aさんはそれまで占い業界にはあまり縁がなく、占い師に成ろうという切っ掛けは、ある新鋭の革新的な占い師さんに鑑定して貰ったのが、動機になったそうです。多少はあちらこちらで占って貰ったことがあるAさんは、その革新的な占い師さんの対応に驚いたそうです。
その占い師さんは、やはり異業種からの参入の占い師さんで、どちらかというとサービス産業畑の人だったそうです。

その占い師さんに刺激されたAさんは、占い教室に通いプロデビューをされたということです。
一通りの命術(命術とは生年月日、出生時刻から導く理論的な占断を云う)の理論を学んで鑑定デビューをされました。

ところが、実践鑑定を始めて戸惑うことが多く、私の処に訪れたという訳です。
①  戸惑いの一つは命盤では物事の吉凶は判るが、具体的な現象や出来事の推測が難しいということ。
② 鑑定に訪れる相談者さんから、鑑定結果に至った理論的な経緯を質問されること。
③ 悩みは無いが、命盤を分析して欲しいという依頼。

これらのお話を聞いて、私もプロとしてスタートした当時のことを懐かしく思い出しました。

まず、1)の悩みですが、教室で理論を学んだだけでは、具体的な事象は推測するのは大変かも知れません。
このような悩みが出ましたら、具体的に相談者さんにどのような出来事が起こったのか聴いてみれば良いです。
相談者さんに聴くことはレベルが低いと思うかも知れませんが、相談業務にあたる占いなら、問題を解決することが目的ですから、大いに質問はOkです。もし、当たる、外れるだけを問題にする相談者さんを、相手にするのならイベント向きの占い師さんの勉強をした方が良いです。

2)の悩みの場合は、相談に来られた方は、ほとんどが初級レベルのプロの占い師さんか、占いオタクのお客さんです。
デビューしたての貴方のレベルを試しに訪れたと思ってよいです。
鑑定にまだ不慣れな貴方は、焦って必死に理論的な説明をするでしょう。
しかし、理論的な説明をする必要はありません。本当に相談に訪れた人だったら、鑑定に至った理論など愚の骨頂です。
どうしても、理論を聞きたいというのなら、レッスンか占い教室をお薦めすれば良いのです。

3)の悩みも深刻な悩みが有る訳では無さそうですので、命盤の特徴的な処を説明してあげれば良いです。何か知りたいことは質問して頂いて、それを鑑定してあげればよいと思います。

私もデビュー当時は、プロの占い師さんが身分を隠して多く来られました。
占い師さんの命盤は特徴的ですので、身分など隠しても分かりますから率直にご依頼頂く方が有難いです。
Aさんにも以上のようにアドバイスさせて頂きました。

なお、教室で学ぶことは理論中心ですから、具体的な象意は相談者さんと真摯に対応していけば現実的な鑑定が出来るようになります。

相談者さんは占い師にとっては知識の宝庫とも云えます。
そういう意味で相談者さんとは大切にお付き合いをさえて戴くことが重要とお伝えしました。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


怖がらなくて大丈夫

怖がらなくて大丈夫

最近のご相談でにわかに以下のような内容が出てきました。
「ネットで調べると、私の紫微斗数の命盤は非常に恐ろしいことになっていますが・・・」
このような問い合わせは過去には皆無でした。

これまで無名だった紫微斗数が、にわかに知名度が上がってきたことの証なのかと、嬉しい気持ちでもあります。

私が紫微斗数の専門の鑑定師としてスタートした当時は

「しびとすう?」
という言葉が返ってきました。
「死人数」と解釈されていた人も居たくらいです。
「しびとすう」が「死人数」では、なんとも縁起の悪い占いに聞こえてしまいます。何人の死人が出れば気が済むの?
てな感じでした。

「紫微斗数」とは、死人の数を数える占いではありませんので、よろしくお願い申し上げます。

開運が出来る占いです。

数年前までは「紫微斗数」とは何ぞや、という説明から始まりましたが、最近は鑑定のお申込み時点で「紫微斗数で」ということが増えてきました。

中には「欽天四化」で鑑定して欲しい、というお問合せもあります。

「欽天四化」は本当に知名度が上がったんだなあと感じます。
これもネット環境が社会インフラとして定着した証と思います。

ただ、知名度は上がりましたが、一般の方々は断片的な知識で震え上がっている人もいると感じます。

もし、ご自身の紫微斗数の命盤に不安が有るのなら、精神衛生上も良くないので、キチンと鑑定してみると良いです。
最悪と思っていた命盤は問題が無いことも多々あります。

最新の紫微斗数では、10年単位の一生涯の運勢の起伏が一目で分かります。
私の処では基本的に一生涯の運勢の起伏をお伝えしています。
何故そうするのかと云いますと、
私は間もなく70歳に成ろうという時に思うことは、過ぎ去った運勢の良い時、悪い時を知らずに歳を重ねてしまいました。

つまり人生を有効に生きて来なかったのです。
頑張れるときに無駄なことをしていました。

それも経験と云えば、それまでですけど、自分の為には有効に活かしきれませんでした。
自分の体験を今は人様の為に活かしている状況です。
それが、私の人生の目的だったと云えば聞こえは良いですが。
もう少し何とかしたかった、というのが実感ですね。

このような思いが在りますから、鑑定に来られた方々には、特にお若い方には、これから訪れるチャンスの時期をお伝えしています。
また、慎重にしなければ成らない時期も、どうすれば良いのかも含めてお伝えしています。
人生は一度限ですからね。

輪廻するといっても、次の人生では、今の人生の記憶は有りませんので。
一回一回の人生が真剣勝負です。
次の輪廻が有ると思うと「次でいいや」と思ってしまうから、困るのです。
神様は記憶を持ち越さない様に、毎回記憶をリセットなさっているようです。
記憶はリセットされても、紫微斗数の命盤で「来因宮」の宮などから前世の記憶を観ることが出来ます。
有難いですねえ、紫微斗数は。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

命盤にはリアルに現象が現れているのですか?

命盤にはリアルに現象が現れているのですか?

こんな質問を頂いたことが有りました。
私も紫微斗数を本格的に学ぶ前は、命盤は何でもリアルに見えるのかなって思いました。
しかし、学んでみて理論的には悪い、良いということは判るけど、具体的にどういう現象が現れるのかは分からなかったです。

例えば「仕事運」を鑑定する場合。
「仕事が変わり易い」と云われても、何故変わり易いのか?

自分が仕事に飽きてしまう?
自分の能力が低くて仕事の出来栄えがダメ?
職場での人間関係が下手で仕事が出来ない?
自分の性格が変わり過ぎていてダメ?
身体が弱くてダメ?

あるいは
何処の会社に就職しても、その会社が倒産する?

画像


「悪い」と表れても、何が悪いのかを見極めるのは、命盤全体を分析することが必要ですが、そこの処をどう学ぶのかも必要ですし、多くの鑑定経験を積んで学ぶのか、方法は様々ですが、重要なのは「どうして、そうなるのか」という処を学ぶことです。

多くの鑑定経験を積む、といっても。
鑑定時に、命盤に現れている吉凶が実際には、どのような現象だったのかを、ご相談者さんに聴ける状況が無いと学びにはなりません。
一方的に「当てもの的」に命盤の吉凶を伝えるだけの鑑定では。
学ぶことが出来ません。
悪い状況は「当たっている」けど、どんな状況だったのかに興味を持つことが大切と感じます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

ふと感じる時・・・

ふと感じる時・・・

あるいは

ふとよぎる時・・・


何かの作者

たとえば

俳句

作詞

作曲

絵画

などなど

アイデアに行き詰った設計技術者


いろいろな場面で、いろいろな人が

行き詰った時に、ふと閃いたアイデアが、窮地を救った話は時々、耳にする

Blogの記事もアイデアに行き詰って、書くことが出てこなく成る時

いくら考えても思い浮かばない時

そんな時に

何かを忙しくしている時に、ふと 「これだ!」 と思うことが浮かぶ

しかし、すぐに書き留めないと、数分後には何のことだったのかも思い浮かばなくなってしまう

仮に書き留めても

時間が空いて、いざ書こうと思うと

キーワードは書き留めたメモから分るが

その後は

何も出て来なくなってしまう

ある一瞬、別世界の、別次元の窓が開くのかも知れない

それは、もしかして前世の記憶かも知れないし

アインシュタインも

多くの閃きを、何にも無い所から

湧いて来たみたい


その瞬間、アイデアがもたらされる


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

財運の悪い時期の対処

財運の悪い時期の対処

私の過去の経験を話します。
私が40歳代の時のことです。
当時の私は20年ほど続けた自営業が破綻し、会社勤めするようになりました。紫微斗数の大限(10年運)がちょうど切り替わる時で、それまでの大限の財運は凶運でしたが、自営業が破綻し会社勤めを始める時の財運の大限は「中吉の大凶」という、吉運はあるようになったけれど、複雑な運勢に入りました。

その40歳の大限の仕事運は「大吉」で、会社勤めしてからの10年間は店長まで上り詰める勢いになり、収入も一気に増えて少しばかりセレブの気分で有頂天になったのです。しかし、財運どおりの大凶で稼いだ金を湯水のごとく使っていたのです。

当時の私の気持ちは、「これからは稼げばどんどん入る」と思い込んでいました。
この時期は高額の商品をどんどん買っていましたが、収入が多く潤っていたのです。

ところが、50歳の大限へと変わる頃には貯金の残高は、すっかり減ってしまいました。
このままではマズイと思い節制を始めようとした時には大限が変わりました。

大限が変わって仕事運は「大凶」となり、それと同時に会社を辞めなければ成らない事態が、青天の霹靂の如く起こり、失業の憂き目に遭ったのです。その後の仕事はなかなか見付からず、ジリ貧の10年を送る羽目になったのです。

今になってみれば、絶好調の運勢の後に「大凶」が巡って来るとは知らないので、有頂天になって散々の目に遭ったのです。
大凶が訪れると判っていたら、高収入を節制して備えていたのなら、大凶運も奈落に落ちずに済んだのです。

電車に例えれば分かり易いです。
安定して走っていた電車も駅構内に入ってきますと、線路のポイントを通過する度に左右に大きく揺れます。
立ち席の場合、この揺れを事前に分かっていれば、何かに掴まったり、足を踏ん張って体制を整えているので、どおってことはありません。
しかし、不意にこの揺れに合うとよろけてしまいます。
まったくシナリオどおりの人生になってしまったのです。

現在は占術業になったので、先の運勢をしっかり見定めて、運勢の波の影響に振り回されることは少なくなりました。
何が起こっても「想定内」で済ますことが多いという訳です。

財運の大凶運が訪れる前の吉運の時に、しっかり蓄えて置けば、凶運は乗り越えられるということです。
これは、身を持って体験した事実です。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


人間関係のご相談でのワンポイント

人間関係のご相談でのワンポイント

私の処に来られるご相談の中で、比較的多いと感じられるご相談は、家族関係、特定の相手の人との人間関係の問題があります。
これらのご相談でも、ご本人様の生年月日、生まれ時刻で得られる「紫微斗数の命盤」で問題の本質を探っています。

命盤に現れるご本人様の対人関係の優劣を観ます。
そして、問題が在る場合に、それを改善するためのアドバイスを提示させて頂いています。

中には、ご本人様に問題が無いという場合も少なくありません。
その場合には、問題の対象となる相手の方の様子をお聞きして、ご本人様と相手の人との相性的なことや、相手の人の個性、性格、人格的なことも推測します。

ここで、私からの提案なのですが、家族の人間関係や特定の相手との人間関係でお悩みの場合には、可能な限り相手の方の「生年月日」、出来れば更に「生まれ時刻」を調べて来てください。
鑑定費用は「お一人様分の費用」で大丈夫です。
問題になって居る方々が複数でも、それらの人の「生年月日、生まれ時刻」を調べて来て頂ければ、実にリアルに人間模様が浮かび上がります。
何故、問題が起こるのかが手に取るように判るのです。

複数人の情報を戴いても費用は、お一人様分で大丈夫です。
もし、特定の方の正確な鑑定を追加でご希望の場合は、人数分の鑑定費用が発生しますが、参考程度に鑑定する場合なら費用はお一人分で大丈夫です。
この場合は、相手の方の詳しい結果はお知らせ出来ませんが、どのように付き合って行けば良いのかのアドバイスを差し上げます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


ネットを駆使して全国区

ネットを駆使して全国区

占術業を生業にしてから、ずっと全国区で稼働してまいりました。
占いの仕事を起業した当時は、いったいどのようにして知名度を上げるのか悩みました。
地域周辺の同業の占い師さんを参考にもしました。
鑑定室や事務所をテナントや貸しビルの一室、あるいは自宅に構えている占い師さんは、対面鑑定が中心で地元の人を対象に営業していました。
私も、住んでいるマンションでの開業を考えましたが、看板を出すことはマンション管理規則で叶いません。
喫茶店やファミリーレストランでの鑑定も試みましたが、田舎の街では店内は狭い所が多く、隣の席の調味料が取れるほど隣接した席では、会話の内容は隣の席に丸聞こえです。
東京ですと「ルノアール」という大きな喫茶室のチェーン店がたくさんあるので、ここは占い鑑定には最高です。隣の席とは距離も有りますし、仕切りも有るところも多いです。
知り合いの雑貨屋さんの片隅を借りて鑑定ということも出来ますが。

しかし、そもそも対面鑑定に特化すると、どうしても地元中心の集客に頼らざるを得ません。
地元中心というと、かなり集客は厳しいと云えます。
無名の占い師が、既存の有名な占い師さんよりも集客するというのは、並大抵のことでは出来ません。
まさか駅前で占いのチラシを配布というのも、如何なものかと思います。
電話帳広告は、過去に他の仕事でやったことが有りますが、大した集客は出来ませんでした。

そこで私が考えたのがネットでの活動でした。
幸い、私の場合には若い頃のコンピューター業界の知識が役立ちました。
システムの構築やホームページの作成は自前でやれたのも何よりも幸運でした。

ネットは、世界中に拡散しますが、世界中である必要はないので、北海道から沖縄までの範囲で十分です。
ネットでの活動は直ぐに成果が出始めます。
良いか悪いかの反応も即刻現れてきます。
ネットでの情報発信の凄い所は、直接に個人の端末に届くところです。
地元中心のPRは、どちらかというと間接的なPR拡散です。

人生の様々な問題で悩んでいる人は、意外と外の世界と壁があり、外出も少ない人も少なくないようです。
良い占い師が居るからといっても、占い師さんの処に出かけて行くことも勇気のいることです。
ゲーム感覚で占いを楽しんでいる相談者さんは、占い師さんの処に出かける事自体を楽しんでいますが、深刻な悩みの方は占いを楽しむなどということは有り得ません。
問題が深刻で有ればあるほど、密かに相談したいものです。
多くの人が集まる処は嫌う傾向もあります。
占う側も、ゲーム感覚の人を対象にするのか、あるいは深刻な問題を扱うのかで営業スタイルも変わるようです。

ゲーム感覚ならば賑やかな場所に鑑定室を構えるのが最高ですが、深刻な問題を中心に扱うのなら裏路地やネットは最高と感じます。

ご相談者さんの心理からすると以上のようなことが云えそうです。

ネットならば、街から遠く離れた過疎の地域であっても、深刻な問題でも本格的な鑑定をして貰えます。しかも周囲を気にせずに一対一でじっくり話すことが出来ます。

通信料はLINEやSkypeを使えば、ほぼ無料です。
これらの通信方式では、占い師の側から画像も送信出来てテレビ通信ということも出来ます。
ネットでの鑑定は難しい装置は必要なく、スマホかタブレット端末、あるいはパソコンが有れば簡単に出来ます。
ただ、ネットでの鑑定は占い師の側に、それ相当のID技術の知識が無いと旨く行きません。

またメール鑑定という方法もあります。
鑑定結果をメールに打ち込む作業は大変ですが、対面恐怖のある相談者さんには、とても有難いメニューです。

ネットを駆使すれば全国区で活躍することが出来ます。
対面鑑定は2割程度でも、全体の予約はいっぱいになる可能性が大きいです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

<年初めの抱負>

紫微斗数は元々、的中率の高い命術です。しかし、
的中率に云々し、それに終始してしまうのでは巷の占いと
何ら変わらないものになってしまいます。
本当にご相談者様の立場になって考えるのなら。

悪いことを的中させない為には、どうするのか?
悪いことが起こる原因を命盤から探り、
その原因を除去したり、対策を講ずることを
ご相談者様と一緒に考え、ご提案できる占い師を目指します。
また、
問題の本質を探るためには
最新の紫微斗数である【欽天四化】を駆使し、
高度な飛星の技術を駆使して
みなさまの幸せへの道をご案内します。

そのために分単位の鑑定を廃止し
じっくりとご相談を承ります。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


占い師でも運勢に翻弄される

占い師でも運勢に翻弄される

いよいよ今年も最後となってきました。
毎年のことですけど、多くの人がこの1年を振り返って云々云う時期です。
私の場合も、この1年は如何な年だったのだろうと考えています。

私自身が占いを生業にしているので、もちろん毎年この時期には、今年はどんな年だったのだろうと振り返っています。
そして来年はどんな年に成るのだろうと考える訳です。

幸い、「新・紫微斗数」は高精度で10年ごとの運勢も、毎年の物事の吉凶盛衰も観ることが出来るので、仕事に関しても運勢を効率よく活かせるように計画的に進めることができます。

私の今年1年の運勢を吉凶的に振り返りますと、仕事に関しては「大凶の中吉」という感じの運勢の筈でした。
実際に1年過ぎて観ますと、本当に「大凶の中吉」のような1年でした。

2015年から大限(10年運)が変わりました。
仕事に関してはそれまでの大限は「大凶」で何しても旨くいかず大変な時期を通ってきましたが、今の大限では凶は無く中吉になりました。

また2015年から2017年の年ごとの仕事運は、ほぼ大吉が続いてきたので、大変に多忙を極めました。成果の大きかった3年間でした。

しかし、今年2018年は「大凶の中吉」です。
幸い大限が「中吉」だったので、1年運で「大凶」が在っても、最悪に落ち込むことは有りませんでした。

しかし、ここ3年と比べると明らかに余暇が増えました。
仕事運が大吉の時は何しても仕事の成果に上がります。些細な行動も大きく仕事に貢献すると感じます。
自分の運勢を知らないと、「旨く行くのは自分の実力が有る」と勘違いしてしまうでしょう。
もっとも運勢を活かすには吉運の時に努力すれば大きな成果が得られます。

このような時にブログの記事を一つ更新しても鑑定依頼が、どっと増えますが、低運気に入りますと、ブログのアクセス数が大きく増えても仕事の依頼には繋がりません。

また逆に低運気の時は、一生懸命努力しても旨く行かないものですが、成果が上がらないからと諦めたり、努力を怠るのは良くないです。またがっかりする必要もありません。

ただ、無益な頑張りは疲弊するので、ほどほどに努力がよいです。
そして、来るべき幸運気に備えて準備することは非常に大切です。

運勢の波を先に知って居れば計画的に、効率的に行動することが出来ます。
成果が上がらなくても「低運気だから」と焦ることも無くなるので、精神衛生上は大変によいと感じます。

私の来年の仕事運は「大吉」的には成りますが、串聨出来ていない「必定」が流年官禄宮に巡るので油断は出来ません。
幸運気には成るでしょうけど、波乱も有ると覚悟するとともに、慎重に行動しようと考えています。

健康運も年運では大凶ですので気を付けて行きたいと感じています。
他の宮の運勢も合わせ観て、来年2019年は一つの節目、過渡期に入り、生活と仕事スタイルも大きく変わると思っています。

最後に、今年1年も多くの方との出会いを頂きお礼申し上げます。
来年も、またよろしくお願い申し上げます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


医者で判らないことも、分かるかも

医者で判らないことも、分かるかも

ネットで病院を調べていると、最近は「総合診療医」という名称を目にするようになりました。
「総合診療科」って、いったい何の専門医?
http://sogoshinryo.jp/career/faq/

例えば、繰り返す激しい腹痛に襲われている人が、あちらこちらの内科の専門医に診察に行っても「異常なし」と、判を押したように診断され、「腹痛」に効果のある薬を処方してもらっても、症状が治る訳でもない。
実は、この患者さんの本当の原因は「脳」に在ったという訳です。
お腹には確かに異常は有りませんでした。
しかし、今からの時代は、このような事では済まなくなるかも知れません。

これは、「木を見て森を見ず」の諺どおりのことです。
つまり、症状だけに囚われて、本当の原因を観ていないと、治療も効果なしということになります。
症状を抑えるだけでは、問題の解決はされない。

占いも、「運が悪い、凶運」というだけの鑑定では意味が無いと思います。
「何故、凶運なのか?」、ここまで踏み込んで欲しいと思います。
幸いに、「紫微斗数」、それも「欽天四化」の紫微斗数ならば「原因」も求めることが出来ます。

冒頭の「激しい腹痛」の患者さんならば、腹痛という身体の問題も命盤に現れますが、心理面の問題も命盤には必ず現れていますので、「激しい腹痛」は、この人の性格と心理状態が体調不良の原因では? と判断することが出来ます。
しかも、症状が発生するようになった時期と、その期間が「大限(10年運)」と一致する訳ですから。
「欽天四化」ならば、巡る年月の運勢も正確に判るのです。

西洋占星術では、来年以降には、これまで体験したことが無いような時代に突入するようです。社会が、時代が、世界が大きく変わって行くようです。
占いの世界も、これまでのやり方とは大きく変わって行くと感じます。
それが出来ないと淘汰されてしまいそうです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


長寿とは?(死にたくない)

長寿とは?(死にたくない)

普通は誰でも死にたいとは思いません。
普通なら誰でも長生きしたいと切に願っています。

本当の長生きとは? 長寿とは?
私は6年ほど老人介護の仕事に介護職員として関わった時期がありました。
その仕事を通して、多くの人生の終末を観てきました。
「生きる」とは、「死ぬ」とは。
その仕事を通して多くの人生哲学を学びました。
私自身の人生観も大きく変わりました。

働き盛りの頃に組織の頂点に立って、部長として部下を消耗品のように扱ってきた男性が、年老いて要介護となり、消耗品のように扱った老人たちと一緒に今では同じテーブルに着いて童謡を歌います。
「俺は、そんな子供じみた馬鹿な歌は歌わん」と怒ります。
いくら威張っても、今はただの介護老人です。
一兵卒の人たちと同じ老人です。

一兵卒の老人たちは仲良く童謡を歌っています。

お風呂も身分の分け隔てなく、みんな一緒に入ります。
特別扱いはしてくれません。
「こんな屈辱は耐えられない」と、元部長さんは介護施設に来なくなりました。
その部長さんは、その後に脳卒中で半身不随となり、オムツをして寝たきりになって寝タコが出来て、その痛みに苦しんだそうです。
排便もオムツの中で屈辱に耐えて長生きしたそうです。
長生きって、幸せとも限らないようです。

元部長さんは「死にたい」と怒鳴っていたそうですが、人生とは皮肉です。
死にたい人は死ねなくて、長生きしたい人が短命だったり。

短命でも、長生きでも、それに見合った生き方をしたいものです。
「今さえ良ければ」なんて生きていると、「ああ、あの時こうして居れば良かった」ということになるかも知れません。

人生、どうなるのかは誰にも解りません。
いや、もし、そのシナリオが判ったら、どうしますか?
どう、生きますか?

生れた以上、人生は必ず終わります。
誰にでも終末は必ず訪れます。
その終末に向けて、どんな生き方をしますか?
「今さえ良ければ」なんていう考えは辞めた方がよさそうです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


重大な結果が観えた時

重大な結果が観えた時

(2015年01月24日ReBlog)

いろいろなご相談をお受けしています。
例えば、「今後どのようになるのでしょう?」といった事をお聞きされる方も多いです。

そういう今後の事象や時期を診る場合、「紫微斗数」では「命盤」を観ます。
飛星を駆使して診る訳ですが、良い結果が出る場合は良いのですが、悪い結果も出ることも有る訳です。

悪い結果が出た場合が問題です。
もちろん、悪い結果が出た場合には、その原因となる事を、その人の性格や行動傾向、取り巻く環境など、様々な要因を考察します。問題に関して詳しいお話をお聞きできる場合には、お客様と一緒に考えることが出来ます。命盤に現れている現象と、お客様の心当たりの有る事で解決策や対策を考えます。

今まで経験したお客様の傾向で、命盤に現れる問題に対して、驚きというか、意外な事へ一種のパニックを起こされる方もいらっしゃるので、大きな意外な問題の場合には、ストレートに伝えることはしませんが、いずれ起こる可能性が高い事象に関しては、やんわりとでも伝えるべきと思っています。そして回避するためのアドバイスをします。

特に事の重大さを理解して欲しい事象に関しては、知っている方が大難を小難で済ませられるように努力して欲しいので、お客様の精神状態も考慮しながら伝えて、回避行動もアドバイスするように努めています。

ここで悩む場合があります。
それは、避けるための行動を考える前に、そういう事態が想定される、というだけでパニックになってしまう人々です。

占い師として選択肢は幾つか有ります。
1,解決出来ないような悪い結果を伝えれば、そのお客様は凹んでいまい、少しでも良いことを言ってくれる占い師を探し歩くでしょう。それでも、一応伝えてみるという選択肢。

2,いっそのこと、そういう悪い事は伝えないようにする。お客様の、今の精神状態を不安にさせないようにする。(お客様の中には、たとえどんなに悪いことが起きると判っても、知らないでいたいと、思っているお客様も多いから)

3,悪い事が起きると判っていたら教えて欲しかった、というお客様も居ます。何故、教えてくれなかったと恨むお客様も居ます。

さあて、お客様の気持次第ですね。
覚悟が出来ている、というか。悟りを開いているようなお客様は、人生で起こることを受入れて、其の中で最大限の努力をしようとされるお客様も有ります。
例えば、治らない病に侵される場合、それまでを悔いのないように生きようとされる素晴らしい人。一方で、嫌な事が起きることは、一切知らないでいたいと思っている人。そういう人に限って、大変な事が起きた時に泣き叫ぶ場合も多いです。
いったい、どちらが良いのでしょう。

占い師として、このような切羽詰まった結果が出た場合には、悩みます。
お客様は、どれくらいの精神力なのか・・・。と


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

結婚相手は自然に選ばれている

結婚相手は自然に選ばれている

もう、この仕事(占い)を始めて何組のカップルを鑑定したのかなあって、ふと考えました。
二人の命盤を同時に鑑定というのはよくありました。
印象に残っていることは、自分の運命に合った相手を結婚相手に選んでいるということです。
誰もが結婚相手を選んで付き合いだしたでしょうし、結婚を決める時にも、この相手でよいと思って結婚している筈です。

紫微斗数では、命盤というものを作成します。
特に「欽天四化」の紫微斗数の命盤では「離婚率」を数値的に観ることも出来ます。たとえば離婚率「80%」という風にです。

離婚率の高い命盤になっている人は、離婚率の高い運命(命盤)の人を必ずと言ってよいほど選んでいます。皮肉ですけどね。

不思議ですけど、離婚率の高い人は離婚率の高い人と結婚しないと、運命的に理屈が合わなくなってしまいますから、当然に大好きになる人は離婚率の高い人を好きになるのでしょうね。
誰もが最初から離婚するつもりで結婚する人は居ない筈です。
にもかかわらず、離婚したくないのに、自分の離婚率が高ければ離婚率の高い人を好きになるようになっているとは、摩訶不思議です。

この理屈は判りませんが、そういう「法則」が有るのでしょうね。
「神様が作った法則」と云ってしまえば、それまでですけど。
もっと科学的に考えて観ると、どうも運命とか、運勢とかは、目に見えない無数の波動が生まれた生年月日、出生時刻から一斉に起動するのかも知れません。
いや、もしかしたら生まれる前から自分が母体内で妊娠する時から、いやいや、両親が恋愛などで出会う頃からかも知れません。
もっと前からかも知れません。

その無数の波動は、個人個人で百人百様ですが、自分の持っている波動(離婚率など)に共鳴(共振)する人を引き寄せたり、好きになるのではと思います。電気理論の世界では「共振」という作用は当たり前の理論ですけど。
共振と共鳴を以下のサイトで説明されています。
共振・共鳴=http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/koyuu/kyousinn.html

いつの日にか、運命という目に見えない波動が科学的に解明される日が来るかも知れません。
私が思うのには、運命という波動は量子学的な世界の働きと思っています。
何故なら人間も自然界の一部ですし、宇宙の中の存在だからです。


★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

冒険者という人

冒険者という人

毎年、この時期には雪山遭難というニュースが恒例のように報道されます。
不可抗力ではなく、判っていることだけれど、毎回原因も分析されて報道されるけれど、繰り返されます。捜索には多くの人手と費用がかかります。また捜索事態にも危険が伴います。

不思議なことに何故か繰り返される同様な遭難。

これは実際に体験しないと分からないのでしょう。
私も体験しているから判ります。幸い私の場合は自力で危機から脱出しました。
若い頃は何か、危険に憧れる不思議な冒険心で満ちていました。
また、不思議な加護にも恵まれていました。危険な場面、「もう駄目だ!」と思う場面でも、危機一髪で脱出という事も多く。大きな自動車事故に遭っても無傷だったりと、自分の危険に対する宿命は恵まれてる。と変な自負が有りました。

多分、冒険者、探検家と言われる人々には、危険に対する恵まれたもの感じているのでしょう。
そうでなかったら、わざわざ危険な挑戦に臨まないでしょう。
何回も危険を冒しながら、成果を上げていくのが冒険者と言われる所以だから。
危険に対する運が悪かったら、一回の挑戦で死が待っているでしょう。
何回も危機から脱出していくことは、もちろん本人の知恵、経験も必要ですが、何よりも運が必要です。
ある有名な冒険家(登山家)の運勢を紫微斗数で調べましたら、決して凶運期には山に登っていませんでした。そういう凶運の時には、自分の登山教室で講師をしていました。世界記録を樹立した時は、必ず大吉運の時に山に登っていました。もしかして、お抱えの占い師さんが居るのかも知れません。

紫微斗数の「命盤」には、そういう危険に対する運の善し悪しが判ります。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

午後の鑑定時間が変わります

午後の鑑定時間が変わります

これまで、午後の鑑定は、以下のようになっていました。

14時~17時までの間の 1時間 (体面・電話・Skype・LINEなど)

今月、12月20日の受付より以下のように午後の鑑定時間を変更いたします。
(すでに受付されている鑑定は変更ありません)

午後の鑑定
13時~14時 (1時間)
--------- - (処理時間帯 1時間)
15時~16時 (1時間)

夜間の鑑定は原則なしに成ります。
(特に夜間をご希望の場合は応談になります)

午前の鑑定時間は、今まで通りで変更は有りません。
午前10時~11時 (1時間) ※多少の前後はOkです。

宜しくお願い致します。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

付き合うなら、こんな人

付き合うなら、こんな人

紫微斗数の命盤で簡単に判る人の性格があります。
たとえば、付き合えば自分の為にいろいろ尽くしてくれる人を、知ることが出来ます。
命盤の中で着目するのは、生年四化の四つの星が命盤の何処の宮に入っているかを観ることです。
その次が、「福徳宮」です。次いで「命宮」を観ます。
とりあえず、それだけで、その人が「人に尽くす人」か、どうかが簡単に見分けられます。
「福徳宮」に【化禄あるいは化科】の在る人は基本的に、人から何かを頼まれると断ることは少なくやってくれます。更に、その人に好かれるようになれば、頼まなくてもいろいろ心配してくれて尽くしてくれます。
福徳宮が破格でも大丈夫です。
その次に着目するのは、命宮や福徳宮に「地劫」が在る人は、人に対して何かとお世話をする人が多いです。

他にも、いろいろの宮を観察すれば、「人のために尽くしてくれる」性格を見つけ出すことが出来ます。
しかしですね、これらの人に尽くして貰うだけ、ただ利用するだけの付き合い方をすれば嫌われてしまい、二度と付き合うことを拒否されるでしょう。これらの人は物凄くデリケートな一面も持っていますから、嫌な思いをさせれば、それっきりですよ。

最近は結婚相手を「紫微斗数」で鑑定し、その奥深くに秘められた様々な性格や個性、健康、収入面、金銭管理、仕事運、対人関係、家庭への向き合い方などを事前に知ってから結婚を決める方も増えてきました。

離婚率が増えている現状をみれば理に適ったことと思います。

でも、調べられる立場からみると怖い…。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」 こんな筈では無かった

NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」 こんな筈では無かった


テーマ:紫微斗数で判ること
■NHKスペシャルを見て感じたこと
番組HP:http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20140928

「高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本。とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題だ。その半数、お よそ300万人が生活保護水準以下の年金収入しかない。生活保護を受けているのは70万人ほど、残り200万人余りは生活保護を受けずに暮らしている。年 金が引き下げられ、医療や介護の負担が重くなる中、貯蓄もなくギリギリの暮らしを続けてきた高齢者が“破産”寸前の状況に追い込まれている。在宅医療や介 護の現場では「年金が足りず医療や介護サービスを安心して受けられない」という訴えが相次いでいる。自治体のスタッフは、必要な治療や介護サービスを中断 しないように、生活保護の申請手続きに追われている。
“老後破産”の厳しい現実を密着ルポで描くとともに、誰が、どういった枠組みで高齢者を支えていくべきか、専門家のインタビューを交えながら考える。」番組HPより転載。

再放送「NHKオンデマンド」で観ることが出来ます。

その日の食事をするお金も無い。
年金は月当たり、4万円。電気も停められ、一日の食費は数百円で済まさなければならない。これは決して人事では無い。
それも、独居の老人だけの問題では無い。
若い人も、心得ておいた方が良いと思う。
現実に私自身も預貯金が底を尽き、収入が途絶えて、即席麺で具の一切入らない食事を続けたこともあるからだ。

番組では、若い頃脱サラをし、飲食業を自営したが、赤字続きで貯金を使い果たし、すでに高齢に成ってしまって。その日暮らしもままならぬ例も紹介していた。本当なら「社長をしている筈だった、まさか老後がこんなに成るとは思わなかった」と呟いていた。

財運が無いとはこういうことを言うのだろう。
「まさか!」、ということが起きるのが人生。

私も「まさか!」を体験してきた一人だ。
若い頃、夢にも思わない事だ。起業して立派になるために休日も休まず、仕事人間であった。にも、関わらず、「まさか!」である。

「運命」としか言いようが無いと痛感した。

鑑定依頼される若い方に、意外に「財」のことで苦労される方が多い。
確かに鑑定してみれば、問題の多い「財運」を持っている。
アドバイスは、上記に記述したように成る可能性が有るから、今のうちに、しっかり計画を立て、むやみに冒険はしないこと、蓄財に努めること。
夢の様な成功話は、誰にでも起こることでは無い。
「自分を、そんな運の良い人と思わない方が良い」と伝えていました。

毎月、旅行三昧が出来る年金生活者は、極一部の人だよと言うのでした。そういう人たちは鑑定すれば「財運が良いんだよ」と話します。

「そうでなかったら、そんな人たちを羨ましがったりせん方がええよ」

自分の宿命の器を知って行動しないと、ひどい目に遭うことになるかも。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

運勢の悪い時は(例2)

運勢の悪い時は(例2)

外出運の良し悪しで、ある体験があります。
紫微斗数では外出運は「遷移宮」という宮で吉凶、良し悪しが現わされます。
「遷移宮」は外出運の他に社会運としての運勢も観ます。社会に出て活躍できる人か云々を観ることが出来ます。
社会で飛躍的に活躍出来ても、交通事故などで早世する人もいますから、「遷移宮」が良いから事故に遭わないとは一概には云えません。

今回は単純に交通事故に遭いやすい人、遭い難い運の良い人の二つの例を紹介します。
私が過去に多くの人を送迎する、バスの運転手をしていた頃の話です。

事故運の悪いAさん、事故などの災難に遭わないSさん、二人のバスに添乗員として乗務した時の話です。

当時、私も普段は送迎の運転手として勤務していましたが、添乗員が不足の時は勤務経験の短い私は添乗員に駆り出されます。
Aさんも、Sさんも共に送迎運転歴は長く5年以上です。

Aさんの性格は穏やかで仕草も静かな人で、物事は慎重に処理する「石橋を叩いて渡る」タイプです。少々頑固なところは有りますが善良な人です。何か人に頼まれれば断ることは無く面倒見の良い人です。

一方、Sさんも頑固ですが、行動は早く自分の思い付いたことはテキパキと処理します。ただ好き嫌いは強く、気に入らないことは拒否するタイプで、モタモタしているのは大嫌いな人です。即断即決の人でもあります。

この二人のタイプの添乗員として、私は度々バスに乗務することがありました。その添乗員の勤務を通して気付いた二人の特徴の違いを以下に紹介します。

■事故に遭いやすかったAさんの場合。
Aさんの運転は常に乗客に気遣いした穏やかな運転です。法定速度は常に順守して一時停止も必ず守ります。裏通りなどでも速度は控えめです。
添乗員として乗務している私も走行中の車内で立って歩けます。
なのに、Aさんの時には、ヒヤヒヤすることが多いと感じました。
それは、裏路地などを走ると、自転車やバイクの飛び出しが多いと感じます。
そのためか、Aさんは常に運転に気を使い、裏路地走行では十字路通過に左右の道路からの飛び出しや、車の一時停止無視に注意していると言います。
それでも時折、急ブレーキを掛けることが有るのです。
Aさん、Sさんの1年間の結果を観ると、Aさんの方が貰い事故の物損は多いです。事故の内訳をみると、側面からの自転車、バイク、自動車の衝突がほとんどです。

■事故が皆無のSさんの場合。
私は、Sさんの添乗員も度々努めました。Aさんの添乗員とは、ほぼ同じ回数です。
まず、Aさんの運転は「荒い」の一言に尽きます。乗客が乗っていても平均速度はAさんより格段に速いです。空車での回送時はシートベルトをしていても何処かにつかまっていないと体が振られてしまいます。
走行コースもAさんと同じ経路を走りますが、Sさんの方が終点までの時間が相当に速いです。路線バスではありませんから、各所の通過時刻は問題ありません。
凄いのは裏路地の走り方です。Aさんとは大違いです。
十字路通過も速度を下げることはありません。左右の安全確認もしていません。ただただ、まっしぐらに走り抜けるといった感じです。
もし、横道から自転車やバイクが一時停止しないで飛び出したら、絶対に間に合わない速度で走り続けます。
多分、自転車などの飛び出しが有ったら、相手を数メートル先まで跳ね飛ばすでしょう。場合に寄ったら即死と感じます。
しかし、数年間通して云えることは、Sさんの場合は一度も飛び出しが無かったことです。
きっと、Aさんはこれまでの人生で、飛び出しに遭遇したことが無いのではと感じます。

二人の紫微斗数の命盤の大きな違いは、Aさんは「遷移宮」の状態が悪いです。一方、Sさんの「遷移宮」は非常に良好です。

これだけの事ですが、人生に起こることは大きな違いがあると感じました。
ただし、無事故のSさんでも、巡る年月の運勢の悪い時期が巡れば大きな大事故を起こす可能性は十分有るでしょう。しかし、命盤上に「必定」と云われる象意は皆無なので大丈夫かも知れません。命盤は良好な人です。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

運勢の悪い時は(例1)

運勢の悪い時は(例1)

運勢の悪い時には、具体的にはどんなことが起こるのでしょう。
これまで鑑定を通して統計的に知り得たことを以下に記述してみます。

紫微斗数で観る運勢の悪い時というのは、大限(10年間の運勢)と一年ごとの運勢、月ごとの運勢の三象が全て凶となる時期を観てみます。
これまでの私自身の体験で感じたことを以下に記述します。

例1) 外出運が大凶の時期に感じたこと。
私はこれまでの60数余年の人生で、自動車事故というものに幾度か遭っていますが、幸いに私自身が大怪我ということは遭っていません。
一番大きな事故と云えば、田舎の狭い舗装道路で少し速度を出し過ぎていて、右カーブに差し掛かった時に舗装道路の上に砂利が薄く積もっていて、カーブを曲がり始めたら砂利の上に乗った左後輪がスリップして、車体が大きく右向きにスピンし道路上に横向きになりました。
車速が出ていたために、横向きになった自動車は舗装道路上を助手席側へ横滑りしながらスピンし、道路を横切り反対車線を越えて、道路右側の端に立っているコンクリートの電柱めがけて滑って行きました。
私の自動車はそのまま横滑りして、道路端の電柱に左側面から体当たりすると思い、反射的に身構えました。
その時、脳裏には自動車の側面に電柱が大きく食い込み、大破する自分の自動車の姿が浮かびました。
自動車は早い速度で横滑りしていきます。
時間にすれば数秒の一瞬ですが、その時の私の中の時間経過はスローモーションのように、ゆっくりと進んで行くのです。
横滑りしている自動車は、ゆっくりと電柱に向かって行くのを、運転しながら見ている私が居ます。
そういう瞬間はパニックにもならずに静かに観ている自分が居るのです。そして、いよいよ電柱が助手席に迫って来ました。
私は「ああ! ぶつかる!」と、身体を衝撃から守るために、ハンドルを強く握りしめ腕に力を入れました。
次の瞬間、何がどうしたのか、車体に電柱がめり込んで来なくて、車は何回転もして止まりました。
車体が転がっている時間は物凄く長く感じました。実際は1回転程度ですが、何回転もしたように長く感じられました。
ふと気が付くと車体の回転は止まり、静かになっています。
いったい何がどうなったのか、状態を認識するまで動けませんでした。そして「自分は自動車の事故を起こして車ごと引っくり返った」と気が付き、横倒しになった自動車の運転席に居ることに気付きました。
横倒しの運転席ではシートベルトが締まっていて自由が利きません。
車内には道具や荷物が滅茶滅茶に散乱しています。
天地逆転した車内で何とかシートベルトを外し、自動車の外に出ようと思うのですが、横倒しですとドアの開け方も、勝手が違い判らないのです。
やっとの思いで車外に這い出して、凄いことになっていることに驚きました。
そして、これだけの事故になったので、自分は余程の大怪我で、血だらけではと思いました。もしかして酷く骨折していて身体が動かない所も有るのではと、手足を動かしてみました。血だらけではと手で頭や顔も撫でてみましたが、出血はしていません。痛みも皆無です。
手足も普通に動きます。
もしかして、自分は死んでいるのかなとも思いました。しかし、死んではいないようです。
きっと大きな事故で一瞬のうちに死んでしまったら、こんな感じになるのではと思いました。痛みも無いし身体がバラバラになっても、自分が自覚するのは五体満足な自分で、痛みも皆無なのでしょう。
さらに近くに横たわるバラバラになって血だらけの自分の遺体を見て、自分は死んでしまったのだなあ、と自覚するのでしょう。

車外に出て我に返って、自分の自動車を改めて見ると、車体は歪んでミラーは吹っ飛び、塗装が剥げたポンコツ自動車がひっくり返っていました。身体の何処も痛みは無く出血も無いので、私は遠くに見える民家に向かって走りました。電話を借りてレッカー車を依頼しようとしました。
外傷も痛みも無かったので病院には行かずに、翌日から普通に仕事に復帰していました。しかし、事故から1週間した頃から体中が酷い痛みに襲われるようになり、鞭打ち症の症状も出て首も回らなくなってきて、腕も上がらなくなり2~3日仕事を休んで療養しました。

このような事故に遭った時を、今になって紫微斗数で検証すると10年運(大限)も年運も月運も外出運が大凶の時でした。
その後も何度か貰い事故に遭っていますが、いずれも外出運が凶の時期でした。

■紫微斗数を使えるようになっての対策
このように外出運が大凶の時には、私は常に意識の中で気を付けるようにしています。
交差点では、こちらの信号が青になっても赤信号を無視して交差点に進入してくる自動車が有るかも知れません。
実際に凶の時期は、信号無視の車に遭遇することが増えます。
一時停止しない自動車や自転車に遭遇します。
突然に歩道から車道に出てくる自転車に遭遇することが多いです。
信号待ちしていれば追突されそうなことも有ります。
ただ、注意を意識していると未遂で済むことも多いと感じます。
意識の中から消えた時にアクシデントは起こるように感じます。
その後、現在に至るまで外出運の大凶の時期でもヒヤヒヤする場面には遭遇しますが、事故は未遂で有っても皆無で過ぎています。

まとめると、凶の時期は意識しているのか、していないで、結果は大きく変わりそうです。
ですから、運勢のシナリオを知らないと大凶の時期にはアクシデントは起こりそうです。シナリオを知って、時期も知っていれば未遂で終わりそうです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

家族の運命

家族の運命


ここずっと忙しく鑑定に追われていましたが、お家族関係のご相談が何件も有りまして、私自身も良い体験をさせて頂きました。
家族関係の人間関係から始まり、離婚、相続、家族の健康、結婚、恋愛と複数の人間関係の関わりあいから生ずる問題や悩みのご相談が何故か何件もまとまって参りました。しかし、それら多数の相談は皆、それぞれ別個の相談ですから、偶然(?)短期間に集中した訳で、一気に忙しくなってしまいました。毎日平均的に鑑定依頼が来られるのが理想なのですが、何故か土石流のように、ピタッと来なく成ったと思えば、堰が突っ切れたようにドッと来られるというのが常です。
そのため、鑑定をお待たせしてしまうことが多いです。申し訳有りません。
先ほど「偶然?」という言葉を使いましたが、偶然というのは無いと私は思っています。必ず運命的な事が原因になっていると職業柄思うのであります。したがって、その時の流年運に寄るものと思っています。

さて本題に入ります。
恋愛に関しては、(離婚問題も同じ)二人の人間関係が一番の関わりあいで利害もありますから、片方の人の命盤を診るより、二人の命盤を見比べる方が、簡単に結果が出ます。これは比べて診ることが出来るからです。
水と油を混ぜる時、水のみ目の前にあって、油は視えない所にあって、水に油とは、どんな液体なのかを聴きながら、油の性質を想像し、水と混ぜた時にどうなるのかを考えるような感じです。ところが、目の前に水と油があれば、想像しなくても一目瞭然です。
命盤も同じで、一人の人の命盤から相手と成る人を読み取るというのはイマイチ大変ですね。

家族関係も同じで、ある事件が起こりそうと夫の命盤で分かった時に、奥様の命盤も診るわけです。必用なら子供の命盤も。
そして、それぞれの人の命盤の流年と事象が符合するなら、可能性は高くなります。起こる事象に関連して、さらに起こる可能性の高い事象も関わりの強い人には現れて来ます。

そういう相談鑑定が何件も今回は有りました。
具体的な事はプライバシーの関係で書けませんが、離婚、相続、家族の健康、結婚、恋愛などでは、家族の命盤を診るのも一つの方法と体験させて頂きました。
一家の働き手が病気で倒れる、もちろんご本人の命盤には疾病の暗示が流年に現れます。その時期の奥様の財運が低下、田宅宮(家庭運)や福徳宮(心理状態)が悪くなるといった具合です。子供へ影響は、高校や大学に行っている場合は「官禄宮(学業)」に影響が出ています。もちろん福徳宮も悪くなっています。
こういう現象は以前から、気づいてはいましたが、今回は数が多かっただけに、ハッキリと言えるようになりました。
つまり、家族という一つの船に乗っている人たちは「運命共同体」なので、家族の誰かに起こる問題の影響は、他の家族の命盤にも必ず起こることとして現れている、ということです。

中々、教室では学べなかった事ですが、実践体験から学ぶことは多いです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

家族の運命

家族の運命


ここずっと忙しく鑑定に追われていましたが、お家族関係のご相談が何件も有りまして、私自身も良い体験をさせて頂きました。
家族関係の人間関係から始まり、離婚、相続、家族の健康、結婚、恋愛と複数の人間関係の関わりあいから生ずる問題や悩みのご相談が何故か何件もまとまって参りました。しかし、それら多数の相談は皆、それぞれ別個の相談ですから、偶然(?)短期間に集中した訳で、一気に忙しくなってしまいました。毎日平均的に鑑定依頼が来られるのが理想なのですが、何故か土石流のように、ピタッと来なく成ったと思えば、堰が突っ切れたようにドッと来られるというのが常です。
そのため、鑑定をお待たせしてしまうことが多いです。申し訳有りません。
先ほど「偶然?」という言葉を使いましたが、偶然というのは無いと私は思っています。必ず運命的な事が原因になっていると職業柄思うのであります。したがって、その時の流年運に寄るものと思っています。

さて本題に入ります。
恋愛に関しては、(離婚問題も同じ)二人の人間関係が一番の関わりあいで利害もありますから、片方の人の命盤を診るより、二人の命盤を見比べる方が、簡単に結果が出ます。これは比べて診ることが出来るからです。
水と油を混ぜる時、水のみ目の前にあって、油は視えない所にあって、水に油とは、どんな液体なのかを聴きながら、油の性質を想像し、水と混ぜた時にどうなるのかを考えるような感じです。ところが、目の前に水と油があれば、想像しなくても一目瞭然です。
命盤も同じで、一人の人の命盤から相手と成る人を読み取るというのはイマイチ大変ですね。

家族関係も同じで、ある事件が起こりそうと夫の命盤で分かった時に、奥様の命盤も診るわけです。必用なら子供の命盤も。
そして、それぞれの人の命盤の流年と事象が符合するなら、可能性は高くなります。起こる事象に関連して、さらに起こる可能性の高い事象も関わりの強い人には現れて来ます。

そういう相談鑑定が何件も今回は有りました。
具体的な事はプライバシーの関係で書けませんが、離婚、相続、家族の健康、結婚、恋愛などでは、家族の命盤を診るのも一つの方法と体験させて頂きました。
一家の働き手が病気で倒れる、もちろんご本人の命盤には疾病の暗示が流年に現れます。その時期の奥様の財運が低下、田宅宮(家庭運)や福徳宮(心理状態)が悪くなるといった具合です。子供へ影響は、高校や大学に行っている場合は「官禄宮(学業)」に影響が出ています。もちろん福徳宮も悪くなっています。
こういう現象は以前から、気づいてはいましたが、今回は数が多かっただけに、ハッキリと言えるようになりました。
つまり、家族という一つの船に乗っている人たちは「運命共同体」なので、家族の誰かに起こる問題の影響は、他の家族の命盤にも必ず起こることとして現れている、ということです。

中々、教室では学べなかった事ですが、実践体験から学ぶことは多いです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご訪問は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★