第六運の出来事(奈落の10年間)

■第六運の出来事(奈落の10年間)


第五運の前回までの記事

https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12575715483.html



前回までは祭り騒ぎの第五運の記述でした。

この回からは第六運(55歳~64歳)になります。

この十年運では一気に奈落に落ちてゆきました。

命盤では、大限命宮が「疾厄宮」になります。

と、いうことは大限命宮に【自化D】が巡るのです。

やはり、大限(10年運)でも年運でも【自化D】が巡るのは総合的に低運気と感じます。

この大限は三合宮(財帛宮、官禄宮)にも【自化B】が巡ります。


では、この大限の主な出来事をまとめてみます。

■新聞店店長を首になる

(在らぬ嫌疑をかけられ免職)

■大型バス運転の仕事に就く

(猛烈なパワハラに遭う)

■トラック配送の仕事に就く

(アクシデント続出)

■知的障害支援施設で働く

(運転手が支援員の仕事に配属)

■老人介護施設で働く

(猛烈なパワハラに遭う)

■運命を変える出会

(第六運への転換の女性)

以上ざっくり拾い出しても良いことは一つもありません。


詳細は次回へ

"第六運の出来事(奈落の10年間)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。