第六運(55歳~64歳)最後の出来事

■第六運(55歳~64歳)最後の出来事

(アクシデント続出)



第六運の前回までの記事

https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12582661047.html



コロナウィルスですっかりブログの更新が停滞してしまいました。

感染爆発も一段落してきましたので続きを書きます。

今回は以下のような最後の出来事です。

■知的障害支援施設で働く

(運転手が支援員の仕事に配属)


トラックの配送の仕事が「中国製毒入り餃子事件」ですっかり暇になってしまい、収入も激減して困り果てました。

「中国製毒入り餃子」とは、当時日本の大手食品会社が中国に依頼して製造していたレトルト食品の中に製造過程で「反日思想」の従業員が農薬を混入させた事件です。

この時期には反日思想が多く、類似の事件が多発しました。しかし、これに懲りずに日本の多くの企業は中国依存を深めていきました。日本国内でこれを食べた子供の死亡者が出たり中毒被害が多く出ました。私もその一人でしたが。



毒入り餃子の事件を受けてスーパーマーケットでは売り上げが激減しました。

私も仕事が無くなり大型車の運転の仕事を探していましたら、知的障害支援施設で送迎バスの運転手の募集がありました。


知的施設では朝夕の通所利用者さんの送迎を行い、日中は施設の営繕の仕事に就きました。

営繕の仕事は、施設内の清掃、設備の修理が主な仕事で、時折買い物に行かされることがあります。

しかし、送迎以外は日中の仕事が毎日決まっている訳では無いので、何をしたら良いのか困ることもありました。

そういう時は、自分で仕事を探す訳です。たとえばガラス拭き、草取りなど。

最初はそんなことをして日にちが過ぎました。

しかし、3カ月もすると人材不足の支援員の仕事を手伝わされるようになりました。

それは、利用者さんの身の回りの世話と見守りです。

見守りというのは、利用者さんは不意に何処かに行ってしまったり、想定外の行動をして事故になったりするのを防ぐための見守りです。施設ではこれを「利用者の把握」と言っていました。


利用者さんには就学前の幼時から小学生、中高校生、成人、老人まで幅広い年齢層が施設ごとに分かれて入所、あるいは通所しています。



利用者さんの障害の程度は様々で重度の人は、言葉が理解できない、物事の意味も理解できない人も居ます。

重度の障害の場合は、支援員との意思疎通が出来ません。


身体障害でしたら重度でも精神は正常です。

しかし、知的障害の場合の重度でしたら、身体は健全で感情は有るけれど、人としての判断が出来なくなっています。お腹が空けば草でも食べてしまいます。洗剤でも飲んでしまいます。言葉が通じないので行動を強制的に制止するか、危ないものを置かない、安全を管理できる閉鎖的な空間に居住されるといったことなのです。


45歳の幼時から80歳代までの障害者の人が入所していました。

この中で小学生、中学生、高校生を施設から養護学校(支援学校)まで朝夕の送迎をします。

通所の利用者さんは就労支援と特別重度の利用者さんを朝夕に送迎をします。

そして日中は雑用と利用者さんの支援です。


私は入社半年後には正式に支援員の職員となり、各施設を回りました。

最終的には「就労支援」に就きまして、様々な作業の指導を行いました。

特に代表的な作業は農業の仕事、古紙回収の仕事でした。

いずれも肉体労働で大変でした。それは指導と云っても、利用者さんは健常者のように普通の作業が出来ません。しかし、成果は上げなければ成りません。そのため職員がすべて仕上げをするのです。利用者さんが帰った後でも残業になることが多々ありました。

数年間務めて身体を痛めて退職しました。

どこの施設もこうとは限りません。たまたま私の働いた施設がこうだったのでしょう。


この施設に居て学んだことは多かったです。

支援員になってからは毎月、知的障害や精神科に関する研修があります。

その研修で学んだことで衝撃的だったことは、今の医学では知的障害や精神障害の原因が解明されていないということでした。

そのために治療といっても薬などを使う対処療法しか出来ないという事です。

そう学んだ時には、この子らは原因を根本から治すことは出来なく、一生涯を支援に頼って生きて行くしかないのか、と悲しくなってしまいました。

年寄りは障害があっても、そう永くない日にあの世に帰るからまだマシです。

でも、まだ5歳の子供が不自由な長い一生を今から送って行かなければ成りません。治る見込みのない障害で。家族も辛いでしょう。


そういえば、入所している障害者の家族で家族が面会に来ない場合も少なく無いのです。

子供を施設に入れたら両親は行方不明という場合も有るのです。親に捨てられてしまう障害者の人も居るのです。

このような世界が有るとは、外の世界にのんのんと生きて居たら知る由もなかったのです。まあこういう事を知らない人が多いと思います。



次回のお話

■老人介護施設で働く

(猛烈なパワハラに遭う)

■運命を変える出会

(第七運への転換の女性)


コロナから半年が経って

コロナから半年が経って


2020年1月からコロナウィルスが騒がれ始めて半年が経ちました。

そして感染爆発の第一波が4月に起こり、47日に東京が外出自粛を発動し、それに次いで地方も416日から自粛に入りました。


私はすでに31日から自粛に入り、対面鑑定を中止しました。

振り返ってみると、コロナウィルスの影響が占い業務に影響があったのかどうかと云えば、やはりありました。


対面鑑定の自粛を打ち出した後も、対面鑑定のご希望は続いたのです。

電話鑑定などに変更可能なお客様には鑑定方法を変えて戴きました。

どうしても対面鑑定がご希望と云うお客様は、鑑定を断念される場合も多かったです。


対面鑑定中止を打ち出した3月は鑑定件数も大幅にダウンしました。

4月、5月はオンラインでの鑑定が増えて来ましたが、私生活でも自粛を徹底したせいで運動不足にはなるし、外出も止めていたので、私自身のストレスも大きくなりました。


対面鑑定をやめた分、手間は増えました。それは、それまで使ったことの無いSkypeやオンラインで鑑定を受けるお客様に、使い方の案内をするという意味で仕事量が増えました。

したがってブログの更新もままならなくなってしまいました。

ブログ更新は鑑定依頼の件数に大きな影響力があります。

ブログ更新が減った分、鑑定依頼も減少して行きます。知名度も下がって行くという事と思います。


年齢的にももうあまり頑張れなくなったので、鑑定件数が減る事は逆に身体は楽に成りましたが、運動不足の肥満と足腰の弱体化が深刻です。

最近では健康運とも相談しながら日々の日程を組んでいます。


一時停止していたブログもぼちぼち更新を始めたいと思います。


私の場合は健康リスクもあるので、コロナウィルスに感染することは絶対に避けたい訳で、此の先も対面鑑定は慎重に成らざるを得ません。

そのために、もうしばらくは対面鑑定を自粛しています。

対面鑑定が可能になりましたら、改めてご案内いたします。


中断していたブログ記事も更新していきます。

宜しくお願い致します。


■■ 鑑定のご案内 ■■


---------------------------------
■■ 鑑定のご案内 ■■

鑑定は空き状況が判るカレンダーを送信致します。
完全予約制ですので、事前にご予約ください。

鑑定には、氏名、性別、生年月日、出生時刻、出生地の市町村名が必須ですので、お知らせください。
※ 出生時刻の分からない場合は鑑定が出来ません。
ご相談内容も簡単で良いのでお知らせください。

連絡先もお知らせください。
(電話番号、LINE、Skype、Zoomなど)
※鑑定時の電話料金は当方で負担します。
-------------------------
鑑定までの流れは次のようになります。
①お客様:鑑定のお申込み、お問合せ ⇒ メール、LINE、Skypeなどで。
(電話は出られない時が多いです)
②当方:空き状況のカレンダーを返信します ⇒ ご都合のよい日時をお決めください。
③お客様:氏名、性別、生年月日、出生時刻、出生地の市町村名お知らせください。
④お客様:鑑定のご希望日時をお知らせください。
⑤お客様:鑑定方法(電話、LINE電話、Skype、Zoomなど)をお知らせください。
⑥お客様:ご相談内容も簡単で良いのでお知らせください。
⑦当方:鑑定の受付完了の返信を致します。
⑧お客様:料金をお振込みください。
⑨当方:命盤を作成し、資料と共に送信します。
⑩当方:鑑定予定日に鑑定致します。

料金は以下のようになってます。
-------------------------
<料金のご案内>
電話・スカイプ・LINE電話などの料金は前払い制になっています。
鑑定日前までに、下記の口座にお振込をお願いいたします。
□料金は一律:お一人様 ¥8.000-です。
※複数人の鑑定をお申込みの場合は、人数分の料金が必要です。
□運勢表は別料金を追加になります。
10年毎の運を80歳代まで(3,000円)
1年運を10年分    (5,000円)

鑑定時間は 60分になります。

スルガ銀行(0150) 
草薙支店(709) 
(くさなぎ)
普通 2451333
口座名義:ミヤザキ タカヒロ
連絡先:080-5121-4209
---------------------------
鑑定精度は対面も電話も同じです。
お客様のご意見は以下のリンクからご覧戴けます。
https://miya.on.omisenomikata.jp/diary

宮立命 バーナー.JPG

仕事を辞めている人は仕事運って関係ないですか?

仕事を辞めている人は仕事運って関係ないですか?


誰でも仕事運って良い時も悪い時も巡るものです。

専業主婦で毎日家に居ている人から、「私は仕事運の運勢って関係ないですよね?」って訊かれることがあります。

いやいや専業主婦の人でも仕事運の影響は受けているのですよ。


紫微斗数では仕事運は命盤の「官禄宮」で観ます。

巡る年月の運勢も「宮位転換」しての官禄宮で観ることが出来ます。

もちろん宮の状態だけではなく飛星しても観ます。


この「官禄宮」とは仕事の良し悪しも診ますけれど、その他に学習や、活動の良し悪しも含まれることを知っていましたか?

ですから、専業主婦でも官禄宮の影響は受けるのです。


例えば専業主婦がカルチャー教室に通うなら、仕事運の良い時には理解度も良くなるでしょうし、成績も良くなる訳です。

でもね、健康運が悪い時ですと運動系のものにはイマイチの筈です。

運勢って単純では無いのです。神社のお御籤みたいに「今年は大吉」と出たからと言って、何もかも大吉という訳には行かないのです。


普通は仕事運が良い時には財運も良いのが一般的です。そのように運勢が巡るようです。命盤で運勢を調べていると、そういうことが多いです。

でも稀に、仕事運が良いのに財運が大凶なんて言う時があります。

そういう場合は財運を悪くしている別の運勢が有る筈です。命盤を分析すれば、それも分かる筈です。

つまり仕事の成果は良かったけれど、稼いだ金を「投資詐欺」に引っかかり、すべて失うなんていうことも有りなのです。

こういう場合には「奴僕宮」の運勢が大凶だったりする訳です。

「奴僕宮」とは人との関係を観る運勢です。

「奴僕宮」は投資の事も観ることが出来ます。

何故かって? 株式投資って誰かが損をするから儲かる人が居る訳ですから、「誰か」というのが奴僕宮の事です。


専業主婦でも仕事運の影響は受けます。

専業主婦が町内会の役員をしていて、その活動が順調に出来るのかは仕事運の良い時ならOKです。官禄宮や奴僕宮の運勢が良い時なら自治会の役員もOKです。


今はコロナウィルスの影響で仕事を失ってしまう人がいます。

そして、このような人がこれまでネットカフェを定宿にしていて、田宅宮(住居運)も悪くなっていたらネットカフェ難民になってしまうかも知れません。もちろん財運も悪い場合です。


命盤の分析は一つの宮、一つの運勢だけ診ても問題が判らないことが有ります。