コロナウィルス時代に入って気付いたこと

コロナウィルス時代に入って気付いたこと


まさかの2020年。

お店は自粛で休業閉店。飲食店も休業や閉店。


私はほぼ毎月、診療所に薬を貰いに行きます。

血圧と高脂血症(中性脂肪過多)の薬は欠かせません。でもつとめて運動に心掛け、食事も栄養バランスを考えて完全な自炊。

そのおかげで血圧も中性脂肪も基準値に収まって居ます。

(私は【化権】の人ですから自画自賛)


その診療所も最近はコロナウィルスの影響で外来患者の対応にてんてこ舞いしています。外来は診療所の入り口の外で体温チェックしてアルコール消毒、待合室では間隔を空けて座るように設定してあります。

元々、狭い待合室が間隔を空けて座るのですから、それはもう大変です。

少人数の看護師さんが飛び回って対応です。

なんか気の毒に成ってしまい、よほど重症にでも成らなければ外来へ行くのが申し訳ないような感じです。

まあ、それでも田舎なので、そんなでやっていられると感じました。


話は変わりますが、最近感じたことがあります。

行政のことです。

これまでは何をするにも窓口に出向いて手続きをすることが当たり前でした。

ところが、最近問い合わせすると窓口に来なくても手続きができるというのです。

それで担当者の言うとおりにオンラインで手続きすることにしました。

そして、行政から書類がメールの添付ファイルで届きました。

そのファイルはエクセルで作成した届け出の用紙です。

指示に従い用紙に打ち込んで行きますが、エクセルで作成した表のひな型が少し変です。

つまり素人が作成した感じなのです。


IT後進国、テレワーク後進国の行政が、これでも必死に成って作成した代物なのでしょうね。

素人の私の方がもっとマシなひな型を作成します。


自粛交付金(?)もオンラインの手続きで行ったら、エラー続出でシッチャカ・メッチャカだったそうですね。

私の知り合いは郵便の書類で手書きを送付したそうですが、こちらはスムーズに手続きできたそうです。

やっぱり「ハンコ文化」の行政なのですね。

このような出来事を最近多く体験しています。

嘆かわしいけど長い目で見守りましょうか。


これまでの行政は効率無視、旧態依然に何の疑問も持たず、悠長な対応でやれたのですね。

こんなだから時代遅れになってしまったようです。

コロナウィルス時代はまったく別次元のように日本は成るかも知れません。

それに乗り遅れない人が躍進できると思います。

覚悟は如何ですか?


電話でのお問い合わせに関して

電話でのお問い合わせに関して


最近、鑑定に関してのお問い合わせを、電話でされて来る方が急増してまいりました。

何故かIT時代に逆行しているような現象です。


残念ながら電話を直接かけて来られても対応できない場合がほとんどですのでご了承ください。

鑑定中や接客対応中には電話に出ることは出来ないので申し訳ございません。

電話に直ぐに出られないことを考慮して、LINE、メール、SkypeなどあらゆるSNSメディアに対応していますので宜しくお願い致します。


日本の文化は「はんこ文化」と云われるように、どんなに遠くでも「ハンコ」を付くためにだけ出掛けて行くという文化だそうです。

このような文化は世界でも日本だけに成りつつあるらしいです。


コロナウィルス以来、「テレワーク」という外来語が流行りだしています。

つまり「ハンコ」を付くためにだけ出勤はしなくて、在宅で事を済ませようということです。


私の所でも以前から、鑑定お申込みの中心はLINE、メールでした。稀に電話で直接お申込みされる方もいらっしゃいました。


LINEやメールは一定時間の間隔でチェックしています。およそ1時間ごとです。

着信していれば、その場で返信を済ませています。


ところが電話ですと、こちらの都合は一切関係なく突然に着信してきます。

鑑定中、接客中、自動車の運転中、作業中など手が離せない場合も多いです。

そして電話の場合はすぐに用件が済まない場合も多いのです。

お掛けになった方が迷われたり、必要事項が不明だったり、ご都合が合わなくて予定都合を再検討されたりするからです。

このように電話は、一度出ると10分~20分と長引くことが多く成り、時間割で鑑定をしている場合に中途でお話が中断してしまう場合も多く、悩んでおります。


私は自分から電話を掛ける場合には躊躇することが多いです。


相手方に、電話受付担当の方が常駐している場合は、遠慮なく電話をさせて戴いています。しかし相手の方がお一人で作業されている場合は、ほとんどメールかLINEを差し上げます。

その方へ迷惑に成らないからです。


こちらから電話をすると、相手の方に重要な作業や事情がある時にでも、それを一方的に中断させてしまい、無礼になるから避けています。


これからは「個の時代」と云われています。組織で行動する時代は終わろうとしています。

ですから、電話受付専門スタッフが居ない場合も多いと云えます。

「個の時代」ということは、お相手に支障無い連絡方法が、一般的に成ると感じています。

■■ 鑑定のご案内 ■■


---------------------------------
■■ 鑑定のご案内 ■■

鑑定は完全予約制ですので、事前にご予約ください。
空き状況が判るカレンダーを送信致します。
鑑定には、氏名、性別、生年月日、出生時刻、出生地の市町村名が必須ですので、お知らせください。
出生時刻の分からない場合は鑑定が出来ません。
ご相談内容も簡単で良いのでお知らせください。

連絡先もお知らせください。
(電話番号、LINE、Skype、Zoomなど)
※鑑定時の電話料金は当方で負担します。

料金は以下のようになってます。
-------------------------
<料金のご案内>
電話・スカイプ・LINE電話などの料金は前払い制になっています。
鑑定日前までに、下記の口座にお振込をお願いいたします。
料金は一律:お一人様 ¥8.000-です。
※複数人の鑑定をお申込みの場合は、人数分の料金が必要です。
鑑定時間は 60分になります。
(多少の時間超過は延長料金は発生しません)
スルガ銀行(0150) 
草薙支店(709) 
(くさなぎ)
普通 2451333
口座名義:ミヤザキ タカヒロ
連絡先:080-5121-4209
---------------------------
鑑定精度は対面も電話も同じです。
お客様のご意見は以下のリンクからご覧戴けます。
https://miya.on.omisenomikata.jp/diary

鑑定お申込みに関して お知らせ

blog背景(狩野川).jpg

鑑定お申込みに関して お知らせ

コロナウィルスの影響でオンライン鑑定しています。

対面鑑定との違いのお問い合わせが増えていますのでご案内いたします。


オンライン鑑定には以下の種類があります。

電話、Skype(スカイプ)、Zoom(ズーム)、LINE(ライン)の4種類です。

電話鑑定は当方で通話料を負担しています。

他の鑑定はWi-Fiなら通信料は無料です。


対面鑑定も他の鑑定も鑑定精度は同じです。

起業当時から対面の比率は20%ですが、ご相談者さまからの評価は同一です。

お客様のご意見⇒ https://miya.on.omisenomikata.jp/diary



■鑑定お申込みの手順

①先ずは、LINE、メールなどでのご連絡をお勧めします。

※電話は鑑定中や席を外している時に出られません。

②氏名、性別、生年月日、出生時刻、出生地の市町村名をお知らせください。

※出生時刻が不明な場合は鑑定が出来ません。

③ご相談内容も簡単で良いのでお知らせください。

④上記をお申込み頂ければ、私の空き状況の分かるカレンダーを返信致します。ご都合の良い日時を選んでお知らせください。

⑤料金は以下のようになっています。

-------------------------

<料金のご案内>

電話・スカイプ・LINE電話などの料金は前払い制になっています。

鑑定日前までに、下記の口座にお振込をお願いいたします。


料金は一律:お一人様 ¥8.000-です。


鑑定時間は 60分になります。


スルガ銀行(0150) 

草薙支店(709) (くさなぎ)

普通 2451333

口座名義:ミヤザキ タカヒロ

連絡先:080-5121-4209

ラインのIDは、 miya19511

SkypeのIDは、 kaya19511

SF ノストラダムスの予言、その後

SF ノストラダムスの予言、その後


私が20歳代ぐらいに読んだ、五島勉氏の「ノストラダムスの大予言」、この小説の結末はアンゴルモアの大王が天から降って来て世界が終わる、そんな内容だったような記憶があります。もう50年も前のことですから、記憶もおぼろげです。

でも、この小説の巻末には、世界が終わった後に「至福千年」(しふくせんねん)の世界が始まると書いてあったような記憶があります。

当時はこの「至福千年」の意味が良く判りませんでした。しかし、その後いろいろ思い起こしてみるのに、その「至福千年」の意味が想像できるようになりました。

「アンゴルモアの大王」がどんな災難か想像は出来ませんでしたけど、今になってみればコロナウィルスだったのかなあ、って思う訳です。

まあSF小説みたいな印象で読んでいました。


しかし、「至福千年」ってどんな世界でしょう?

今の世の中の状態からは想像も出来ませんが、私のイメージの中では、世界中の人々が本当の幸せを満喫している世界です。

そんな世界ってどんなでしょう?

今の世界は貧困の差が激しく、世界は一部の富裕層に牛耳られて多くの人々が搾取されています。

共産主義も社会主義も資本主義も行き着くところは皆が幸せとは程遠い世界です。

「至福千年」の世界とは私なりに想像してみました。


〇〇〇〇年〇月〇日、世界中の人口は激減していました。

アメリカ大陸には1,000人ぐらいかも知れません。

アジアにも1,000人か2,000人か。


世界中全部集めても8,000人か10,000人かも知れません。

多くの人々は死に絶えてしまいました。


ですから、何処かに旅をしても人に出会う事も少なく成ります。

日本だけみても100人ぐらいかも知れません。この100人が散らばっているのです。


こんなに少ない人口になってしまうと工場も機能停止、政府という組織も壊滅しています。自動車もガソリンは有りません。


文明の産物はすべてガラクタ、鉄屑、役立たず。

パソコンも使えません。電気も無いです。発電所は動きません。

大型船も動きません。動ける船は手漕ぎかヨットぐらい、荷物を運ぶには大八車のような人力の物です。


わずかに残された人々は、自給自足するしか方法は有りません。

食べ物を得るために一日働くのです。狩りや漁をする人、作物を作る人、子育てをする人。

これって原始時代、石器時代みたいな感じですね。

でも、人口が激減して文明が機能停止すれば、原始時代に逆戻りするかも知れません。そんなSF映画がありましたね。

ak500_fa004.jpg

そうなればわずかに残された人々は否応なく助け合い、暮らすしかないのです。

そういう風になった時に、人々は「本当の幸せ」って何? と考えるでしょう。

そうなれば争いも貧困の差別も無く、皆が平等に生きられるのかも知れません。

便利、便利の文明が機能しなくなった時に、本当の幸せって何でしょう?

考えてみてください。