霊感で占う時は、どんな風に観えるのだろう?

霊感で占う時は、どんな風に観えるのだろう?


紫微斗数で人様の運勢を診る時は、命盤上にその人の様々な傾向が観えます。

それは完全に理論に則った傾向で観えます。

例えば、金運ならばお金に関しての考え方が観えます。


理論的には金運にプラスの作用をする星(生年四化、自化や向心力や串聯など、また吉星と呼ばれる星など)が財帛宮(金運を診る宮)に入る場合などは財運が良いと判断するのです。

そして金運の良い時期を「飛星」という方法で、何歳ごろ、何年ごろなど理論的に判断します。

これらは全て一定の理論に則っていますので、霊感の有る無しに関わらず誰でも理論さえ覚えれば簡単に判断が出来ます。

この理論は「欽天四化や新飛星」の理論です。

欽天四化派の紫微斗数はとてもシステマティック】

https://e-suimei.com/


これまでの日本には無い理論なので凄い訳です。非常に正確に傾向を読むことは出来ます。


そして、その理論を読む命盤は、その人が生まれた生年月日と生まれた時刻から決まります。

これは言い換えると、その人が生まれた生年月日と時刻で一生の事が決まる。

あるいは決まっていると云う事になります。

ですから、生まれてから死ぬまでの全てが、映画のフィルムを読むように見える感じです。


ただし、命盤で読むといっても映像のように観える訳ではありません。

簡単に言えば「吉凶」という意味で読みます。

その吉凶という意味から現象を知り、具体的にはどのような事か推測、予測しています。


この具体的な「推測、予測」は占い師の感性に依存するところは大きいかも知れません。


さらには、この理論と統計的なものから原因が浮かび上がります。

ここが最も重要であって、原因が浮かび上がることで、凶になる対策がとれるという事です。ただ対策ですが往々にして、その人の信念と云いますか、根性と云いますか、自己の拘りに打ち勝つ強い意志が持てるか否かに係ってきます。



では、霊感で人様の運勢が観える場合は、どのように観えるのでしょう。

私は霊感が無いので、一体どのように人様の運勢が観えるのか知りたいです。


私の推測ですので間違えているかも知れませんが、霊感で観える運勢と云うのは、まさに映画のフィルムを観るように映像で観えるのでは?

と思うのです。


私たちが映画やテレビドラマを観るように、出来事が映像で観えるのでは?

と思うのです。


そう思う根拠はですね。

私が20歳代に、私を占ってくれた霊感占い師(地元では有名な人でした)さんは、私の人生について

「貴方は何をしても、一生成功することは無い」、と断言されました。

私は愕然として「何故、成功しないのですか?」と聞きましたが、その占い師さんは「判りません」と答えました。

私としては占い師のくせに、「絶対に成功しない」とまで断言しているのに、理由が何故に分からないのだろうと不可解に感じました。


でも、今になって思うと、映像で観えていたのなら理由は分からないだろうと思います。

私たちが映画やドラマを見て、主人公が何か問題行動を起こす場合に、「どうしてそんなことするの?」って思う場面もあります。

時には、観客が予測もしない、どんでん返しをしたりする訳です。そこが映画やドラマの面白さになっていたりします。

結局は映画の最後で、すべての種明かしや結末を知ることになりますが。


霊感占いも、もしかしたら映画のフィルムを途中まで観るようなことかも知れませんね。

どうせなら最後まで見て教えてくれるといいのですが、そうしたらそのような結末に成らないように行動しようと思いますが。

それも、どのようにして失敗するのかも教えてくれれば良いのに、ただ「失敗する」というだけですから困ってしまいます。


占い師さんが原因を判っていても教えてくれないのか、判らないので教えられないのか、どっちなのかは分かりません。


霊感て、不思議だなあって思います。

ぜひ教えてください。


OGPImage

感情がささやき掛ける時

感情がささやき掛ける時


次のような経験はありませんか?

特に不安など無い時に、

「そんなことしていて大丈夫か?」

「他の人たちは頑張っているぞ」

「身にも成らないことをやっていていいのか?」

「好きなことだけやっていて良いのか?」

「もう時間だぞ、何かやれ」

「のんびりしていて大丈夫か?」

「休日だからといって休んでいて良いのか?」

などと、不安を煽るような思考や思いが沸き上がってくることは有りませんか?

このような思いや囁き(ささやき)は、いったい何でしょうか?

このような体験がまったく無い人もいるかも知れません。


私の知り合いに、私と同じ体験をする人がいて、このことで話してみました。

その人は、幼少期から両親に


続きを読む ⇒

https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12532413774.html


ひきこもり と「遷移宮」の関係

ひきこもり と「遷移宮」の関係


紫微斗数 命盤の「遷移宮」は、その人を取り巻く「環境、周辺、社会」への適応能力を診ることが出来る宮でもあります。


この「遷移宮」の状態で人生を生きて行く段階での状況を観ることができます。


まず、ひきこもりを起こしそうな要因としての条件は「遷移宮」に【化忌】を持つ人は一応、因子は持っていると思ってください。

ただし、他の【化権・化科】の位置によって差異が生じますので、遷移宮の【化忌】が全て悪いと決めつけるのは早計です。


三合派の紫微斗数では「遷移宮の化忌」は最悪の命盤と言われますが、その理由は「生涯に渡って命宮を沖する」という理由ですが、これは理論の説明であって、あまりにも抽象的な表現です。理由についての具体的な研究はされて来ませんでした。


続きを読む ⇒

https://ameblo.jp/miya-ritumei/entry-12531582843.html