東京2020観戦チケット 当たる人 外れる人

東京2020観戦チケット


先日、東京オリンピックの開会式の入場券が、インターネットにて抽選応募で発売されました。


ニュースでは多くの人々が応募したが、当選した人は僅かだったと報じていました。

そんな中、ニュースを見ていて気付きました。


抽選で当たらなかった人のほとんどは、何十本も応募したのに1本も当たらなかったという人が多いというのです。

その反面、当選した人は十本ほど応募したら、すべて当たったという!


ニュースでは当たった人、外れた人、それぞれ複数人の人にインタビューしていました。

複数の報道各社のニュースを見ても同じことを伝えていました。


つまり、当たる人は10本程度でもすべて当たる!

外れる人は何十本も応募しても、すべて外れる人が多い!


ネットで当選確率の記事を探しましたら、当選者は僅か30%ほど!

外れる人が圧倒的に多い訳です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000045258.html


でも、これって偶然じゃないと思ってしまいます。

当選本数が少ないから外れる人が多いのは当然ですが、問題は外れる人は、多く応募していても全て外れるのに対して、当選した人は僅か10本程度でも全て当選っていうことです!


いわゆる「ランダム」な傾向が出るのが自然の筈ですが、結果は偏っているということです。


当選する人には応募したものすべてに当選が出るので、極端な言い方をすれば、個人的には100%の確率で当たったことに成ります。

その反面、外れた人は、当選確率0%です。

それも、当選した人よりも多く応募していてもです。


実は、このような話は私自身にも体験があります。

私がまだ嫁さんが居た頃の話です。

私の嫁さんは結婚した当時から、なかなかの「くじ運」の強い人でした。

嫁さんは紫微斗数の命盤では、命宮が「廉貞」です。

命宮が「廉貞の人」は三合派の教科書では「勝負師」とか、賭け事が好きなどと書かれています。

また、「一夜にして楼閣を築けば、一夜にして奈落に落ちる」などと書かれている古典書もありました。

それほど起伏が在るという意味でしょうけど、当たる時は凄いということです。

確かに嫁さんの実家の家族は全員、パチンコやくじ引きが大好きでした。

嫁さんも毎年、商店街の初売りに出かけては、「初売り福引き」を引いては商品を貰って帰って来ていました。

それも、当選が半端じゃあありません。

長女も一緒に出掛けて行っては、特賞、1等賞、2等賞など複数のトップの商品を当てて来ました。

商店のおやじさんに「宮崎さんの家じゃ、全部の商品かっさらって帰ったでぇ」と言われることがしばしばありました。

嫁さんから電話で「あんた! 車で品物取に来てよ」と言うので、迎えに行ったら、特賞は醤油の18リットル缶3本、1等賞は複数で1,8リットル清酒3本、さらにサラダオイル複数本といった具合に、とんでもないことが時々ありました。


私は、くじ運はまったくダメで、逆に10本の中に外れが1本入って居たら、必ずその1本の外れを引くことは当たり前でした。

しかし、嫁さんは当たるのはくじ引きだけではなく、自動車などにも時々当たって大怪我をして入院もしました。


よく当たる人は、気を付けてくださいね。


運勢と云う物は「不公平」になるようになっています。

いやいや、くじ引きだけで観れば不公平ですが、全体から観れば別のものに当たるので「公平」なのかも知れませんね。

blog用 鑑定案内バーナー.JPG
宮立命 バーナー.JPG
欽天四化 紫微斗数 ってご存でしょうか? 読み方は(きんてんしか しびとすう)と読みます。 発祥は「四柱推命」という占いと同時期ですが、日本に伝来したのは2013年でした。 これまで秘伝とされてきた命術で、四柱推命をはるかに超える必定(必ず起こること)を観ることが出来ます。この命術を使える占い師は日本ではまだ僅かです。 この素晴らしい命術を静岡県で初めて披露したのが「宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所」です。 兵庫県芦屋に在住の田中宏明先生が、2013年に台湾の「陳永瑜老師」に伝授され、この「欽天四化 紫微斗数」を日本で初めて広め始められました。 私(宮立命)も恩師「田中宏明先生」より直伝で享受戴きました。 私自身、それ以前は日本で一般的に扱われてきた古い紫微斗数で鑑定していましたが、欽天四化 紫微斗数を扱うようになってからは的確なアドバイスが出来るようになりました。 様々な占い師を渡り歩かれ満足出来なかったなら、是非お試しください。 宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所は、 静岡県静岡市清水区楠新田396-1 エクセレント草薙B408号室で対面鑑定を行っています。 鑑定は、電話やLINE、Skypeでも OKです。 詳しくは、ホームページをご覧ください。 検索⇒ 宮立命

この記事へのコメント