新・紫微斗数の用途

新・紫微斗数の用途

昨日、初めての紫微斗数の教室を静岡県沼津市の「プラサベルデ」で開講しました。
この教室は、まったく占いのことを知らない人を対象に、占いのイロハからスタートして日本では一部の人しか使えていない、鑑定歴30年プロ占い師も真っ青の「欽天四化」の初歩までが目標です。
この講座を修了すれば田中宏明先生の「欽天四化」の紫微斗数講座を直ぐにでも受講できます。
《田中宏明先生Webサイト》
https://e-suimei.com/kaiko-koza/

さて
紫微斗数について教室で初めに次のようなことをお話しました。
紫微斗数は単なる占いではなく「分析」に相当する。
これをマスター出来たなら、どんなことに役立つのか?
ご自身の人生の地図が観えるようになります。
どんな起伏が訪れ、その時期は。

■様々な対人関係の状況(人との関りでチャンスの時期、注意する時期)
■恋愛、結婚に関すること。
■子供の事についての情報(妊娠、出産、養育、子育て)
■金銭、財運(金銭管理能力、良い時期、注意の時期)
■健康のこと(生涯の健康状態、注意する時期)
■社会運(社会的に活躍できる時期、事故や災難に注意する時期)
■仕事運(適職、チャンスの時期、注意する時期)
■家庭状況と注意点(幼少期、青年期、壮年期、晩年期)
■精神面(理由もなく鬱になるような時期、聡明な時期、注意すること)
■親子関係(問題点、親の介護などの問題が起こりそうな時期、あるいは可能性)

10年単位の運勢では、基本的に大吉は一生に一度だけしか巡りません。
その時期を逃さないように。
また、大凶のような時期も基本的には一度しか巡りません。
晩年に大凶が巡るのなら若い吉運の時期に備えて置くことが賢明です。
若い時の大凶は、壮年期や晩年期の知恵として役立てることが大切です。
(吉凶が混濁して巡る方は10人に三人ほど居ますが、このような方は、頂点をを目指すのではなく、日々を穏やかに暮らせるようにすることで充足感が増します)

その他には次のような活用法があります。
■結婚に際して、互いの優劣を理解し合ってより良い協力関係が築ける。無益な喧嘩が避けられる。
優劣を知ることによって接し方が判る。
■自分の弱点を知り、人生の改善を行う(人生リフォーム)
■対立関係になって居る相手と和解したい時に、より良い方法を検討できる。
■カウンセリングなどに関して、事前にプロフィールを知ることが出来る。
■従業員採用に関しての面接前の書類審査の補完。
まだまだ挙げれば限が有りませんが、様々な場面で活用は出来ると思います。ただし、生まれ時刻が分かる場合ですが。

このような紫微斗数のことを考えると、将来は生まれ時刻は「超プライバシー」に関わる情報に成ると云えます。

将来は紫微斗数を扱うには、資格試験に合格する必要あるとか、あるいは免許制に成るかも知れませんね。
無資格で紫微斗数を扱うと、法に触れるなんていう時代が来るかも知れません。

画像


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

欽天四化 紫微斗数 ってご存でしょうか? 読み方は(きんてんしか しびとすう)と読みます。 発祥は「四柱推命」という占いと同時期ですが、日本に伝来したのは2013年でした。 これまで秘伝とされてきた命術で、四柱推命をはるかに超える必定(必ず起こること)を観ることが出来ます。この命術を使える占い師は日本ではまだ僅かです。 この素晴らしい命術を静岡県で初めて披露したのが「宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所」です。 兵庫県芦屋に在住の田中宏明先生が、2013年に台湾の「陳永瑜老師」に伝授され、この「欽天四化 紫微斗数」を日本で初めて広め始められました。 私(宮立命)も恩師「田中宏明先生」より直伝で享受戴きました。 私自身、それ以前は日本で一般的に扱われてきた古い紫微斗数で鑑定していましたが、欽天四化 紫微斗数を扱うようになってからは的確なアドバイスが出来るようになりました。 様々な占い師を渡り歩かれ満足出来なかったなら、是非お試しください。 宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所は、 静岡県静岡市清水区楠新田396-1 エクセレント草薙B408号室で対面鑑定を行っています。 鑑定は、電話やLINE、Skypeでも OKです。 詳しくは、ホームページをご覧ください。 検索⇒ 宮立命

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック