親に貰ったものに負債

親に貰ったものに負債

これまでの記事で、紫微斗数の命盤の父母宮は親(両親)を表すと言ってきました。その対角線の「疾厄宮」は自分自身のことを表すとも言ってきました。

命盤では「命宮」も自分自身を表しますが、命宮は性格や個性、人生の良し悪し、つまり人生のランドマーク的な位置づけです。
一方、「疾厄宮」はランドマークというより、自分自身そのものを表します。命宮はある意味「位置づけ」ですが、「疾厄宮」は物質的な「その物」を表します。その中に「肉体的優劣や疾病」などが含まれます。

この人生を航海する船が「疾厄宮」です。船ですから船体(肉体)と操舵室(脳)、そして船長(魂)という組み合わせで構成されています。


様々な人の人生では、人生を航海する船の船体や操舵室が不具合になってしまう場合もあります。それを優秀なあなたの魂が、如何にコントロールして人生の荒海を航海して行くのか試されることも多々あります。

この世に生まれる、ということは人生を航海する船体が親から与えられます。いや、親からというより、親を介して与えられると思った方が良いかも知れません。つまり船の注文は「あちらの世界」から注文されて、製造するのは両親なのです。
「疾厄宮」に【化忌】ならば、親に作って貰った船に、人生の負債が積み込まれている可能性もあります。


また、どんな船体がよいのかは自分で決めて来たと云われています。
この人生の航海の航路も自分で予め決めて来ると云われています。
何処の港に寄港するのかも決めてあるようです。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★


欽天四化 紫微斗数 ってご存でしょうか? 読み方は(きんてんしか しびとすう)と読みます。 発祥は「四柱推命」という占いと同時期ですが、日本に伝来したのは2013年でした。 これまで秘伝とされてきた命術で、四柱推命をはるかに超える必定(必ず起こること)を観ることが出来ます。この命術を使える占い師は日本ではまだ僅かです。 この素晴らしい命術を静岡県で初めて披露したのが「宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所」です。 兵庫県芦屋に在住の田中宏明先生が、2013年に台湾の「陳永瑜老師」に伝授され、この「欽天四化 紫微斗数」を日本で初めて広め始められました。 私(宮立命)も恩師「田中宏明先生」より直伝で享受戴きました。 私自身、それ以前は日本で一般的に扱われてきた古い紫微斗数で鑑定していましたが、欽天四化 紫微斗数を扱うようになってからは的確なアドバイスが出来るようになりました。 様々な占い師を渡り歩かれ満足出来なかったなら、是非お試しください。 宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所は、 静岡県静岡市清水区楠新田396-1 エクセレント草薙B408号室で対面鑑定を行っています。 鑑定は、電話やLINE、Skypeでも OKです。 詳しくは、ホームページをご覧ください。 検索⇒ 宮立命

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック