家族全員の運命は 生まれる前から決まっていた

家族全員の運命は 生まれる前から決まっていた

ある家族の紫微斗数の命盤です。
お母さんと娘さんと、その弟さんの三人家族です。
「欽天四化」の紫微斗数を学んだ方なら判る筈です。

母子家庭家族ですが、お子さんの内の弟さんが2013年6月23日に学校のプールの授業中に水死されました。


この三人の命盤を鑑定しました。
お母さんの命盤には息子さんが亡くなることが現れていました。
それも2013年6月23日に。
命盤はお母さんが生まれた時刻で作成しますので、お母さんが結婚してから授かる男の子は、2013年6月23日に亡くなる男の子が、生まれることが決まっていたと云う事になります。そういう宿命を持ってお母さんは生まれてきました。

記事の続き

欽天四化 紫微斗数 ってご存でしょうか? 読み方は(きんてんしか しびとすう)と読みます。 発祥は「四柱推命」という占いと同時期ですが、日本に伝来したのは2013年でした。 これまで秘伝とされてきた命術で、四柱推命をはるかに超える必定(必ず起こること)を観ることが出来ます。この命術を使える占い師は日本ではまだ僅かです。 この素晴らしい命術を静岡県で初めて披露したのが「宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所」です。 兵庫県芦屋に在住の田中宏明先生が、2013年に台湾の「陳永瑜老師」に伝授され、この「欽天四化 紫微斗数」を日本で初めて広め始められました。 私(宮立命)も恩師「田中宏明先生」より直伝で享受戴きました。 私自身、それ以前は日本で一般的に扱われてきた古い紫微斗数で鑑定していましたが、欽天四化 紫微斗数を扱うようになってからは的確なアドバイスが出来るようになりました。 様々な占い師を渡り歩かれ満足出来なかったなら、是非お試しください。 宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所は、 静岡県静岡市清水区楠新田396-1 エクセレント草薙B408号室で対面鑑定を行っています。 鑑定は、電話やLINE、Skypeでも OKです。 詳しくは、ホームページをご覧ください。 検索⇒ 宮立命

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック