10年運の巡り方

紫微斗数という命術(5)

10年運の巡り方
「紫微斗数という命術(4)」で大限(10年運)の巡り方を紹介しました。
今回は、もう少し補足をします。

前回の記事で、大限が若年時に吉運なら若くして大成功することも有ると云いました。逆に若年時に凶運が巡っている場合は中年期、晩年気に盛運になると云いました。

これらのパターンの場合は、吉凶が単純な形で別々に訪れる場合です。
しかし、世の中には吉凶が別々でなくて、大吉運の時に凶運も一緒に巡る人も在るのです。
- https://stat.ameba.jp/user_images/20190404/04/miya-ritumei/ba/aa/j/o1905156514384480813.jpg?caw=800 -
そのようなパターンの人は、運勢曲線の「Ⓑ運勢」の曲線のような巡り方をします。
大吉運の時に凶運も巡ると、例えば財運ならば、物凄く高収入に恵まれているのに、多くの出費が増えて稼いだ分ぐらいは出て行ってしまった。というようなことになります。それも自分の為に支出したのなら、まだマシですが、六外宮(人のために)で出費なら虚しくなるかも知れません。
でも、六外宮での出費であっても、使った人から後々何かと助力が在るのなら投資という意味ではOKです。
これが詐欺にでも遭うような出費なら、もう何も戻ってはきません。
 自動車に例えれば、サイドブレーキを引きっぱなしでアクセルを踏み込んでいるようなものです。
燃料は消費しても速度も力も出ないのです。少しの上り坂も登れなくなります。下り坂でも常にアクセルを踏まなければ成らないのです。
これでは、人生へとへとに疲れてしまいます。

このようなパターンの人は、本当にお気の毒ですが、きっと何かの縁が有ってのことと思います。
それはもしかして「前世未了の縁」なのかも知れません。

紫微斗数では「前世未了の事」は、【来因宮】や【業因報果】で観ることも出来ます。


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

欽天四化 紫微斗数 ってご存でしょうか? 読み方は(きんてんしか しびとすう)と読みます。 発祥は「四柱推命」という占いと同時期ですが、日本に伝来したのは2013年でした。 これまで秘伝とされてきた命術で、四柱推命をはるかに超える必定(必ず起こること)を観ることが出来ます。この命術を使える占い師は日本ではまだ僅かです。 この素晴らしい命術を静岡県で初めて披露したのが「宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所」です。 兵庫県芦屋に在住の田中宏明先生が、2013年に台湾の「陳永瑜老師」に伝授され、この「欽天四化 紫微斗数」を日本で初めて広め始められました。 私(宮立命)も恩師「田中宏明先生」より直伝で享受戴きました。 私自身、それ以前は日本で一般的に扱われてきた古い紫微斗数で鑑定していましたが、欽天四化 紫微斗数を扱うようになってからは的確なアドバイスが出来るようになりました。 様々な占い師を渡り歩かれ満足出来なかったなら、是非お試しください。 宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所は、 静岡県静岡市清水区楠新田396-1 エクセレント草薙B408号室で対面鑑定を行っています。 鑑定は、電話やLINE、Skypeでも OKです。 詳しくは、ホームページをご覧ください。 検索⇒ 宮立命

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック