何でも出来る人の悩み


鑑定(悩み相談)に来られる方で次のような人が時々いらっしゃいます。

その人は、いろいろな事が出来る「マルチな人」なのです。
何もやっても、そこそこに成果のあげられる人です。

例えば、機転が利いて、思い立ったら始めることも早い、モタモタしていることが嫌い、様々な知識も豊富で、いわゆる博学多才な人。

こんな人が職場に一人居ると助かります。
周囲の「出来ない人」に頼まれると快く何でもやってくれる。

こんな良い人なのに、本人の中では時に悩みを抱えることがあります。


「私は、こんなに職場で活躍しているのに、評価されていないような気がする」

「出来ない奴より、はるかに成果を上げているのに給料は一緒」

「私はいろいろな部署に応援に行って、休む暇もない」

「出来ない奴は、他の部署への応援にも行かずに、お茶を飲んで休憩時間をシッカリ取っている」

「私は希望した専門職で入社したのに、何でも出来る事をいいことに、あちらこちら使い回されて、本来のやりたい仕事をやらせて貰えない」

「本来、私がやっていた好きな仕事だったのに、他へ応援に行っている間に、別の人が配置されてしまい、私は元の部署に戻れなくなってしまった」

こんな悩みを抱えて相談に来られる人が時々居られます。

確かに【命盤】を分析すると、
「便利に使われる人」でした。

こういう人を別名「器用貧乏」なんて表現するかも知れません。

本来、「器用」って優れたことなのですが、行き過ぎると「貧乏」が後に引っ付いて、「器用貧乏」と云う事になってしまったようです。

「器用貧乏」とは?------------
要領よく立ち回るさま。「・・・に世渡りをする」
---------[明鏡国語辞典 第二版]

器用って、本来は「要領よく立ち回る」筈なのに、どうも要領が悪くなってしまったようです。
画像

如何ですか?
身に覚えのある人は居ませんか?


★★★★★★★★★★★★★★
新・紫微斗数の鑑定ご相談は
宮立命公式サイトへ
ご相談は下記アドレスをクリック
http://miya-rithumei.com/
★★★★★★★★★★★★★★

欽天四化 紫微斗数 ってご存でしょうか? 読み方は(きんてんしか しびとすう)と読みます。 発祥は「四柱推命」という占いと同時期ですが、日本に伝来したのは2013年でした。 これまで秘伝とされてきた命術で、四柱推命をはるかに超える必定(必ず起こること)を観ることが出来ます。この命術を使える占い師は日本ではまだ僅かです。 この素晴らしい命術を静岡県で初めて披露したのが「宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所」です。 兵庫県芦屋に在住の田中宏明先生が、2013年に台湾の「陳永瑜老師」に伝授され、この「欽天四化 紫微斗数」を日本で初めて広め始められました。 私(宮立命)も恩師「田中宏明先生」より直伝で享受戴きました。 私自身、それ以前は日本で一般的に扱われてきた古い紫微斗数で鑑定していましたが、欽天四化 紫微斗数を扱うようになってからは的確なアドバイスが出来るようになりました。 様々な占い師を渡り歩かれ満足出来なかったなら、是非お試しください。 宮立命(宮崎孝宏) 占術鑑定所は、 静岡県静岡市清水区楠新田396-1 エクセレント草薙B408号室で対面鑑定を行っています。 鑑定は、電話やLINE、Skypeでも OKです。 詳しくは、ホームページをご覧ください。 検索⇒ 宮立命

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック